アロエベラ

アロエベラがわかる!その魅力とは

アロエベラの魅力は、やはりその用途の広いことではないでしょうか。
アロエベラは塗ってよし、貼ってよし、食べてよし、飲んでよしと、本当にさまざまな使い方が出来るんです。
まず、アロエベラを加工して化粧水にすると、肌の保湿力が増す効果があり、火傷や、肌の切り傷などにアロエベラの果肉を貼付けると、止血や、治療の効果があるんだそうです。
そして、食用としても苦みの少ないアロエベラは、ビタミン、ミネラルなどを多く含むため、便秘解消や、新陳代謝促進、血糖値降下など、さまざまな紅葉を感じる事が出来るでしょう。
昔から、「アロエベラで医者要らず」と言われて来た健康食材アロエベラの魅力は語り尽くせません。

アロエベラの栄養と効能

アロエベラには、沢山の栄養成分が含まれているため、食べる、貼る、塗るなど、沢山の使い方が出来ます。
まず、アロエベラには、免疫力を上げ、ガンを予防する効果があるムコ多糖体いう成分が含まれています。
ムコ多糖体は、アロエベラの葉肉の中のゼリー状の部分に含まれていて、若いアロエベラよりも、大きく成熟したアロエベラに多く含まれるようです。
そして、アロエベラは、肌に直接貼る事で、火傷や切り傷の止血、ニキビ、湿疹などの症状を抑える効果があるのだとか。
食べて内側から栄養を吸収してもよし、外から貼ったり、塗り込んでもよし、というアロエベラの効能は近年、見直されているようです。

おいしいアロエベラの見分け方

身体に塗っても、傷口に貼っても、フルーツとして食べても身体にいいと言われるアロエベラにもおいしいものと、そうでないものがあります。
おいしいアロエベラは葉の部分が太く、緑色の濃いものです。
太陽をさんさんと浴びない限り、葉の部分が太いアロエベラは育たないため、太陽をいっぱい浴びて栄養を含み込んだアロエベラは、サイズも大きくなっているのです。
さらに、アロエベラは成長して、強い日を浴びるほど緑色が濃くなるため、色の濃さもアロエベラを選ぶ上では重要です。
ちなみに、採れたての新鮮なアロエベラほど、苦みが少なくおいしいので、自宅でアロエベラを収穫したら、早めに食べるのがいいでしょう。

アロエベラの価格の目安

アロエベラは、食べ物として摂取すると、とても健康に良い食材として知られています。
アロエベラは、外皮をむいてお刺身のようにしたり、ジュースにしたりと色んな楽しみ方が出来るのですが、一般に市販されている食用アロエベラは、意外と値段が張るようです。
まず、国内のアロエベラジュースは1リットルで2000円~3000円ほどします。
アロエベラ自体の原価は安いのに、加工するとその他のコストがかかってしまい、利益を得る為には価格を上げるしか無いというのが、こんなにアロエベラジュースの値段が高い理由なのだとか。
ただ、コンビニで販売されているアロエジュースは、500mlで105円ほどなので、メーカーによって、かなり値段の差があるようです。

アロエベラの有名産地

国内で生産されているアロエベラのほとんどは、沖縄の宮古島産のアロエベラなんだそうです。
元々亜熱帯の植物であるアロエベラは、暖かい土地でないと大きく育たないため、日本国内では沖縄ほど暖かい所でないとダメなんだそうです。
宮古島は、海が綺麗な島としても有名ですが、この海のミネラルが風に乗ってアロエベラ畑まで届き、そのミネラルをアロエベラも吸収する事が出来るため、大きくて、沢山の栄養を含んだアロエベラが収穫出来るんだそうです。
他にも、アロエベラはハウス栽培されている事がありますが、人工的な暖かさと、太陽の光には大きな差があるため、サイズ的に大きく育たないのが現状なんだそうです。

アロエベラの種類

世界には、数千種類のアロエがあると言われていますが、その中の1つがアロエベラです。
一般的に「アロエ」といえば、このアロエベラを指している事が多く、肉厚で食用、治療用、美容コスメ用として、幅広く使われています。
そんなアロエベラは、重さ2キロ、葉の長さ80センチと大柄で、暖かい土地に生息しているため、日本では沖縄か、ハウス栽培がメインになっています。
そして、このアロエベラと同じ位有名なのがキダチアロエで、アロエベラに比べると苦みが強いため、食用にはあまり使われませんが、治療用の薬としては、かなり効果がある事で知られています。
アロエベラは自宅でも簡単に栽培出来るので、人気を集めています。

アロエベラの保存方法

自宅で簡単に栽培が可能で、栄養がたっぷり含まれているアロエベラは、観葉植物としても人気がありますが、大きな庭になるとどんどん増殖して、沢山収穫しないといけない場合があります。
そんな時に困るのがアロエベラの保存方法です。
アロエベラの保存は、外皮をむかずに空気を抜いたビニール袋に入れて、野菜室で保管するのが良いでしょう。
外皮が付いていれば、この状態で1ヶ月ほど保存が出来るので、化粧水に加工したり、ジュースにして飲んだりするのが良いでしょう。
ちなみに、1ヶ月も置いておくと、切り口が酸化してしまいますが、その部分だけ切り落とせば問題なく食べる事が出来るそうです。