スターフルーツ

スターフルーツがわかる!その魅力とは

スターフルーツの魅力は、なんと言っても、その可愛らしい形。
断面にカットすると、まさに星形のフルーツに変身するスターフルーツは、子供から大人まで楽しめる可愛らしい見た目になっています。
特に、完熟したスターフルーツは皮が黄色に変わる為、その姿はまさにスター!
元々、甘みが強いとは言えないスターフルーツは、独特のシャキシャキ感と、見た目を楽しむフルーツです。
食べ始めは「もうちょっと甘さが欲しいかな」と思っていても、食べているうちに止まらなくなってしまう人もいるのだとか。
ちなみに、国内産のスターフルーツは、海外産のスターフルーツに比べて、サイズが大きく、甘みも強いのですが、なかなか収穫量が確保出来ないという傾向が有ります。

スターフルーツの栄養と効能

スターフルーツに含まれる栄養成分の中で、もっとも多いものがカリウムです。
カリウムは血液の循環を良くしてくれるため、高血圧の予防効果も期待出来ます。
そしてスターフルーツには、食物繊維であるペクチンも含まれているため、体内に溜まった老廃物を取り除くだけでなく、便秘の解消など、お腹の状態を整えるのにも効果的です。
加えて、スターフルーツに含まれるビタミンCが、ピチピチの美肌を作るお手伝いをしてくれるため、女性にはオススメのフルーツだと言えます。
あまり手に入る事の無い貴重な果物であるスターフルーツの魅力は、可愛らしい星形の見た目だけでなく、豊富な栄養成分だと言えるでしょう。

おいしいスターフルーツの見分け方

おいしいスターフルーツの見分け方は、果皮にツヤとハリがあり、身が詰まっていて、どっしりと重みのあるものが良いと言われています。
傷がついているもの、まだ完熟していない緑色なのに、皮がシワシワになっている、斑点が付いていたり、変色しているものは、あまりおいしくないので購入を控えましょう
しかし、宮崎や、沖縄など暖かい地域に住んでいない限り、スターフルーツをスーパーや市場で選ぶ事はほとんど無いため、お取り寄せの場合は、配送前にプロの農家がおいしいスターフルーツを選んでくれます。
ちなみに、完熟していないスターフルーツは緑色で、常温で保存しておくと徐々に追熟して、黄色に変わってきます。

スターフルーツの価格の目安

断面に切ると、星形になるフルーツといえば、ご存知スターフルーツです。
その可愛らしい形から、近年人気が上がってきているスターフルーツですが、一般のくだもの屋さんや、スーパーなどでは手に入らないため、鹿児島などからのネットお取り寄せが一般的です。
では、気になるスターフルーツのお値段なのですが、国内産スターフルーツは、約3玉~5玉(600g~800gほど)で2000円ほど。
このお値段ですから、毎日食べれるようなフルーツでは有りませんが、ちょっとした経験?という事なら、一度位試してみたいものですよね。
価格はお高いのですが、お子様がそのスターフルーツの形を気に入って、ママにおねだり!なんて事もよくあるようです。

スターフルーツの有名産地について

国内産スターフルーツの約66%は沖縄で栽培されていて、沖縄諸島の市場や、ネットショップなどでお取り寄せが可能です。
そして、もう1つの有名な国内スターフルーツの産地と言えば、宮崎。
沖縄に負けない位、温暖な気候の宮崎では、南国フルーツと言われるマンゴーや、パパイヤ、パイナップルなども広く栽培されているようです。
しかし、国内産スターフルーツは、栽培しても収穫量が少なく、販売出来る数が限られているため、最近では、中南米メキシコからスターフルーツを輸入するケースが多いようです。
ただ、国内産に比べると、メキシコ産のスターフルーツは酸味が強く、小ぶりなのが特徴です。

スターフルーツの種類について

スターフルーツには、大きく分けて2種類あります。
1つ目は甘味種のスターフルーツで、酸味よりも甘みが強く食べやすいのが特徴です。
完熟時には皮が黄色になり、サイズは大きめで、主に国内で栽培されているスターフルーツです。
もう一方が、酸味種のスターフルーツで、その名の通り酸味が強いのが特徴です。
サイズも甘味種に比べて小ぶりで、生で食べると言うよりかは、ジャムや砂糖漬けなど、加工するのに向いています。
この酸味種のスターフルーツは完熟している状態でも、かなり酸っぱいため、時には「これはレモンか!?」と思ってしまうほど何だそう。
酸味種のスターフルーツは、メキシコで多く栽培されていて、国内産の甘味種と違い、年間に渡って手に入ります。

スターフルーツの保存方法

スターフルーツは元々、皮が緑の実で、完熟するにつれて皮が黄色く変わってきます。
なので、購入時にまだ緑色が強い場合は、常温で追熟が必要になります。
スターフルーツは南国のフルーツですから、追熟する際にも室温20度以上が必要になります。
完熟すると、皮の色が黄色くなるだけでなく、皮も柔らかくなるので、熟したスターフルーツを冷蔵庫で冷やして、スライスしてから頂きましょう。
基本的に、スターフルーツの皮は食べられるので、そのままがぶり付いてしまいましょう。
またスライスしたスターフルーツを、ヨーグルトなどに飾り付けても可愛いですよね。
完熟したスターフルーツは2日ほどしか日持ちしないため、悪くなってしまう前に食べきってしまいましょう。