ロロロッサ

ロロロッサがわかる!その魅力とは

ロロロッサには、どんな魅力があるのでしょうか。
ロロロッサは、色鮮やかなのでサラダなどに使うと、料理が映えると言われています。
ロロロッサは、リーフレタスの一種なのですが、葉っぱの先端が紅色になっているため、サラダに少し加えるだけで、色鮮やかになり、いつもとは、少し違った雰囲気を楽しめると言えるでしょう。
また、ロロロッサには、βカロテン、ビタミンC、ビタミンB1などの栄養分が豊富に含まれているため、疲労回復や肌荒れ防止、高血圧予防、消化促進、免疫力向上などの様々な効果があるのも、大きな魅力だと言われています。
風味もよいので、一度試してみるのがオススメです。

ロロロッサの栄養と効能

ロロロッサには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
ロロロッサは、レタスの一種ですが、レタスの中でも、ビタミンC、βカロテン、ビタミンB1などが豊富に含まれていると言われています。
ビタミンCには、免疫力やストレス対抗力を高める効果があり、βカロテンは、疲労回復や、アンチエイジング効果があると言われています。
また、血行を促進したり、粘膜を強化する効果も高いと言えるでしょう。
さらに、ロロロッサに含まれるビタミンB1は、精神状態の改善や高血圧予防にも効果的なので、野菜類の中でも、ロロロッサは、特に栄養素を多く含んでいる種類だと言われています。

ロロロッサのカロリー

ロロロッサには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
ロロロッサは、レタスの一種なので、低カロリーの食材として知られています。
ロロロッサは、サラダとして食べられる事が多いため、ドレッシングにさえ気をつければ、カロリーを抑えられますし、何よりも、ビタミンCやB1、βカロテンなどの栄養素が豊富に含まれているため、ヘルシーな野菜だと言えるでしょう。
また、ロロロッサは、消化を促進する効果もある為、サラダ単品で食べるよりも、お肉や魚などの料理と合わせる事で、栄養の相乗効果があると言われています。
健康なダイエットの為には、カロリーだけでなく、栄養バランスも重要なのです。

おいしいロロロッサの見分け方

ロロロッサは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
ロロロッサは、リーフレタスの一種で、紅色をしているのが特徴です。
おいしいロロロッサは、葉っぱ全体に水分があり、上に向けた時も、葉っぱが立っている状態になります。
逆に、鮮度が落ちると全体がしんなりしてしまい、食感も悪くなるので、あまり長期間の保存には向かない野菜だと言えるでしょう。
また、ロロロッサは、自家栽培する事も出来、ベビーリーフとして早めに収穫するのも一般的です。
ベビーリーフだと、さらに葉っぱが柔らかくなるので、シャキシャキした歯ごたえよりも、柔らかい歯触りが好きな方は、小さいうちに収穫するのがオススメです。

ロロロッサの価格の目安

ロロロッサの価格は、いくらぐらいが相場なのでしょうか。
ロロロッサは、紅色のサニーレタスの一種で、インターネット販売などを行っている業者によっては、50gあたり250円ほどで購入出来ると言われています。
50gで250円というと、野菜にしてはかなり高いのですが、ロロロッサは、日本国内では、ほとんど栽培されておらず、限られた農家では有機栽培などを行っているため、価格も少し高くなっているようです。
また、ロロロッサの種も、一袋300円ほどで購入出来ますし、栽培自体は初心者でも出来る為、家庭菜園に興味のある方は、一度試してみるのもオススメです。

ロロロッサの有名産地

ロロロッサの産地は、どこが有名なのでしょうか。
ロロロッサは、元々ヨーロッパを中心に食べられているレタスの一種ですが、日本国内では、ベビーリーフとして、九州などで栽培されています。
ただ、ロロロッサを単品で販売している業者は少ないため、日本国内で、ロロロッサの有名な産地というのは、あまり無いと言えるでしょう。
さらに、ロロロッサの栽培用の種も販売されており、プランターでも栽培が可能なため、家庭菜園でロロロッサを育てている方も、多いと言われています。
日本国内では、あまり手に入らないヨーロッパ野菜ですから、自分で育ててみるのもオススメです。

ロロロッサの種類

ロロロッサとは、どんな種類の野菜なのでしょうか。
ロロロッサは、サニーレタスに近いリーフレタスの一種で、シャキシャキとした食感と、柔らかい苦みが特徴的です。
また、ロロロッサは、葉っぱの先の方が紅色になっているため、βカロテンも豊富に含まれており、レタスの種類の中では、かなり栄養素が高い種類だと言われています。
ただ、ロロロッサを単品で販売しているお店は少なく、ベビーリーフを袋買いすると、その中に、ロロロッサが含まれている場合が多いようです。
ちなみに、イタリアでは、緑のレタスよりもロロロッサをメインにしたサラダが多いと言われています。

ロロロッサの保存方法

ロロロッサは、どんな風に保存するといいのでしょうか。
ロロロッサは、リーフレタスの一種で、紅色の葉っぱ、シャキシャキとした歯ごたえ、柔らかい苦みが特徴的です。
ただ、ロロロッサは、レタスの一種と言う事もあり、長期保存は出来ない野菜だと言われています。
新鮮なロロロッサであれば、冷蔵庫の野菜室で冷やしてから、サラダに使えば食感も良いのですが、ロロロッサは冷やしすぎたり、日数が経つと食感が悪くなるので、購入した場合でも3日以内には、食べきった方が良いでしょう。
また、ロロロッサを栽培している方も、食べる直前に収穫した方が、香りや風味が良いと言われています。

ロロロッサの食べ方

ロロロッサには、何か特別な食べ方があるのでしょうか。
ロロロッサは、赤いリーフレタスなので、他のサニーレタスやサラダ菜と同様に食べるのが良いと言われています。
また、ロロロッサは、大きくなった状態でも食感が良いのですが、葉っぱが柔らかいベビーレタスとしても販売されていますし、色々な野菜がミックスしてあるサラダの方が、食べやすく感じる方も多いようです。
さらに、ロロロッサの産地であるイタリアでは、ロロロッサをメインにサラダにする事も多く、お肉料理などの消化を助ける効果も高いと言えるでしょう。
ちなみに、ロロロッサは加熱すると、生の状態よりも苦みが増すと言われています。

ロロロッサの簡単な定番レシピ

ロロロッサは、どんなレシピに使うと、おいしく食べられるのでしょうか。
ロロロッサは、シャキシャキとした食感と、ほろ苦い風味が特徴的な野菜なので、サラダに少し加えるだけでなく、サンドイッチに使うのもオススメです。
初めてロロロッサを食べる方だと、サラダにした時に食べにくく感じる場合もありますが、サンドイッチなら味付けが濃い分、抵抗なく食べられるでしょう。
また、ロロロッサは、消化促進や高血圧予防などの効能もあるため、鶏肉や豚肉などと一緒に食べた方が、栄養バランスも整うと言われています。
ちなみに、ロロロッサの量が多いときは、スープの具材にするのもオススメです。

ロロロッサの栽培

ロロロッサは、プランターでも栽培出来るのでしょうか。
答えは「出来ます」。
ロロロッサは、家庭菜園初心者の方でも、簡単に育てられるレタスの一種で、種まきは3月~6月、9月~11月に行います。
種をまいたら、発芽するまでの3日~7日は、たっぷりと水をあげる事が大切で、20度ほどの温度であれば、発芽に適していると言えるでしょう。
また、ロロロッサは、暑さに弱い為、日当りが良くても、風通しが良い場所で栽培するのが良いと言われています。
特に、夏の間は、室内で育てる事も出来ますが、室温が高すぎると枯れてしまうので、注意しましょう。
収穫は、ベビーリーフの状態でも出来ますし、大きく育てる場合でも1ヶ月ほどで十分な大きさになると言われています。