ルバーブ

ルバーブがわかる!その魅力とは

ルバーブの魅力とはなんでしょうか。
ルバーブの魅力は、香りと酸味がデザートにするのに良く合い、栄養素も高い事だと言われています。
そもそも、ルバーブとは、赤いフキのような形をしたタデ科の植物のひとつで、爽やかな香りと酸味が特徴的です。
このルバーブは、ジャムやジュース、クッキーなどに使われる事が多く、長期保存食としても使う事が出来るのが大きな魅力だと言えるでしょう。
また、ルバーブには、豊富なカルシウムや食物繊維が含まれているため、成長期のお子様のデザートとして使うのも、体に良いと言われています。
長野県を中心に栽培されているルバーブは、ネットなどでも購入出来るそうです。

ルバーブの栄養と効能

ルバーブには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
ルバーブは、野菜類の中でも、特にカルシウム、ビタミン群、クエン酸、葉酸、鉄分などの豊富な栄養素を含んでいると言われています。
特に、ルバーブに含まれるカルシウムは、牛乳に含まれるカルシウムの量に近いと言えるでしょう。
また、ルバーブには、整腸作用や利尿効果もある為、お腹の調子が悪い時は、すこしルバーブを食べると良いと言われています。
特に成長期のお子様のデザートには、ルバーブのジャムなどがオススメです。
ただ、ルバーブには、シュウ酸が多く含まれているので、痛風や胆石持ちの方は、あまり食べ過ぎると、症状が悪化する恐れがあると言われています。

ルバーブのカロリー

ルバーブには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
ルバーブには、100gあたり24カロリーが含まれていると言われています。
ただ、これは生のルバーブのカロリー数で、加工法によっては、カロリー数も大きく変わると言えるでしょう。
特に、ルバーブは、ジュースやジャムなどに加工される事が多く、糖分が高いほどカロリーも高くなります。
生食は出来ないルバーブですから、カロリーを抑えたい場合には、パイとして加工するのもひとつの方法だと言えるでしょう。
ちなみに、ルバーブには、高い栄養素が含まれているため、スイーツとして食べるだけでも、様々な効能があると言われています。

おいしいルバーブの見分け方

ルバーブは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
ルバーブの見た目は、フキにも似ていますが、香りや柔らかい酸味を重視するなら、赤い色が濃い物を選ぶのが良いと言われています。
緑のルバーブは酸味がとても強いため、加工用にしてもあまりおいしくありませんし、赤と緑が部分的に混じっている物も、渋みがあると言えるでしょう。
その為、ルバーブを選ぶ時には、茎の薄皮・茎肉ともに、赤いものを選ぶのが良いと言われています。
ちなみに、赤く熟したルバーブは、木いちごのような香りが有り、酸味も柔らかく、カルシウム、鉄分、ビタミン群、カリウムなどの栄養素も多く含まれているそうです。

ルバーブの価格の目安

ルバーブの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
これは商品によって異なります。
まず、生のルバーブは、1キロあたり500円~700円するのが一般的です。
ルバーブは、2キロ単位で販売している事が多く、ジャムやジュースにすれば、すぐに使い切れる量だと言えるでしょう。
また、栽培用のルバーブの苗の価格は、300円ほどが目安になっていると言われており、これも5株以上購入すると、割安になると言えるでしょう。
ちなみに、ルバーブのシャムの価格は、90gあたり500円~600円と割高になるので、生ルバーブを購入して自宅で加工した方が、予算も低く抑えられると言われています。

ルバーブの有名産地

ルバーブの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
ルバーブの国内の産地と言えば、長野県です。
長野県では、かなり昔からルバーブが栽培されており、国内産ルバーブのほとんどは、長野県で育てられていると言われています。
また、世界的なルバーブの産地としては、オランダ、ベルギー、アメリカ、オーストラリアなどが有名で、特に10月~3月にかけては、日本にも多く輸入されていると言えるでしょう。
育てている地域によって品種が異なるため、風味や香りも大きく変わりますし、品種によって、ジャム、ジュース、パイ、缶詰などの加工方法も異なると言われています。

ルバーブの種類

ルバーブには、どんな種類があるのでしょうか。
ルバーブは、ヨーロッパや北米などで多く栽培されている野菜のひとつで、本当にたくさんの種類があると言われています。
人気が高いのは、カナダ・レッドという品種で、全体的に赤く、茎元が長くて太いのが特徴です。
香りも良い為、輸入されているルバーブは、このカナダレッドという品種が多いと言えるでしょう。
また、缶詰やジャムなどに使われているのは、マクドナルドという品種で、ピンクと赤の種類があり、赤のルバーブの場合には、特にパイや缶詰などに加工される事が多いといわれています。
ルバーブは、色合いや繊維の量、香りや酸味によって、本当に沢山の種類に分かれると言えるでしょう。

ルバーブの保存方法

ルバーブは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
生のルバーブは、2キロ単位で販売されている事が多いので、生のまま保存するよりも、加工してから保存した方が、おいしさを保てると言われています。
赤いルバーブは、新鮮なうちはシャキシャキとして、栄養素も多いのですが、時間が経つと、水分や栄養が抜けてしまい、加工しても風味が弱くなってしまうのです。
その為、生のルバーブを購入したら、新鮮なうちにジャムやジュースなどに加工しましょう。
ちなみに、ルバーブは生食は出来ない野菜ですし、胆石や痛風持ちの方は、症状が悪化する事もあるので、注意が必要です。

ルバーブの食べ方

普段スーパーなどで見かける事が無いルバーブは、どんな風に食べる野菜なのでしょうか。
ルバーブは、赤い物の方が木いちごのような香りと、ほんのりとした酸味があると言われています。
ルバーブは、生食出来ない野菜なので、ジャムやジュース、シロップ漬け、パイなどに加工するのが一般的で、砂糖で味を付ける事で、始めての方でもかなり食べやすくなると言えるでしょう。
また、生のルバーブは、ネットなどでも1キロ~2キロ単位で販売されており、ルバーブジャムとジュースを作れば、簡単に2キロほど消費出来ますし、栄養も豊富に含まれているので、一度試してみるのがオススメです。

ルバーブの簡単な定番レシピ

ルバーブの定番レシピと言えば、ルバーブジャムです。
材料は、赤いルバーブ1キロ、グラニュー糖400g、レモン2分の1個です。
まず、ルバーブを2センチほどにカットして鍋に要れ、その上に、グラニュー糖、スライスしたレモンを乗せて混ぜ合わせ、1時間ほど置きます。
その後、弱火に30分ほどかけて、浮かんできたアクを取りながら、ルバーブの繊維を崩して行きます。
繊維がバラバラになってアクも出なくなったら、火を止めてレモンを取り出し、20分ほど蒸し器で熱菌消毒した瓶に、ルバーブを流し入れて、フタを閉めてから逆さまにしたら出来上がりです。
ルバーブジャムは、パンやヨーグルト、アイスクリームに合わせてもおいしいと言われています。

ルバーブの栽培

ルバーブは、自家栽培も出来るのでしょうか。
ルバーブは、暑さに弱く、多湿の環境だと育ちにくいのですが、ある程度の畑の大きさがあれば、栽培が可能です。
ルバーブの種まきは、3月~5月にかけて行われており、生育適温は10度~18度と低めです。
肥料は通年通してあげる必要があり、夏のように気温が高くなる場合には、日よけをして、ルバーブの葉っぱが乾かないように注意しながら、茎が赤くなるまで育てます。
ちなみに、芽が出るまでは水をたっぷりあげる必要がありますが、育成途中で水をあげすぎると根ぐされを起こすので、水はけは常に良くしておいた方が良いようです。