ルタバガ

ルタバガがわかる!その魅力とは

ルタバガの魅力とはなんでしょうか。
ルタバガの魅力は、ビタミンなどが豊富で、腹痛などの緩和に有効な事だと言われています。
そもそも、ルタバガとは、スウェーデンカブと呼ばれるヨーロッパ野菜の一種で、味はカブよりもイモ類に近く、このルタバガの、根っこの部分には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているため、胸やけや腹痛を和らげるなどの効果があるそうです。
日本国内では、ルタバガの知名度がとても低いため、入手するのは難しいと言われていますが、調理は、バターソテーにしたり、コンソメで煮込んだり、シチューにいれるなど、様々なレシピに使えると言われています。

ルタバガの栄養と効能

ルタバガには、どんな栄養素があるのでしょうか。
ルタバガは、主に根っこの丸い部分を食用にするのですが、根の部分は、ビタミンなどが豊富に含まれていると言われています。
また、ルタバガに含まれるアミラーゼは、胸やけや腹痛を和らげる効果があるため、シチューやスープなどに調理して食べると、お腹にも優しいと言えるでしょう。
元々、ルタバガはスウェーデンなどに生息する野菜で、ヨーロッパでは、戦時中の常食であったので、イモ類のように、タンパク質やエネルギーは豊富な野菜だと言われています。
ただ、少し風味が弱いので、マッシュしたり、煮込み料理に使う事で、おいしさが引き立つと言えるでしょう。

ルタバガのカロリー

ルタバガは、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
ルタバガは、スウェーデンカブと呼ばれる西洋野菜ですが、実際には、カブよりもイモ類に近い為、カロリーも高めだと言われています。
ヨーロッパでは、戦時中の常食にされていたルタバガですから、エネルギー、タンパク質、ビタミンが豊富に含まれていると言えるでしょう。
もちろん、ダイエットにはあまり向かない食材かもしれませんが、腹持ちの良さで言えば、スープなどに加えるのもひとつの方法ですし、少量なら、そこまでの高カロリーにはならないと言われています。
ちなみに、ルタバガは、バターで炒めるのもおいしいですが、カロリーはかなり高くなるので注意が必要です。

おいしいルタバガの見分け方

ルタバガは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
ルタバガは、アブラナ科の根菜で、スウェーデンカブと呼ばれている西洋野菜です。
このルタバガには、白皮白肉、黄皮黄肉、黄皮白肉などの品種があり、皮は少し堅めの物を選ぶのが良いと言われています。
また、ルタバガを持った時に、重みがあるものの方が、水分量と栄養分が多いと言われているので、サイズが小さめでも、重みを重視すると良いでしょう。
ただ、ルタバガの皮に傷がついている物は、中身も傷みやすくなっており、形は全体が丸っこく、いびつでない物を購入する前にしっかり選ぶのが良いと言われています。

ルタバガの価格の目安

ルタバガはいくらぐらいで、購入出来るのでしょうか。
日本国内では、野菜としてのルタバガがほとんど手に入りませんが、ルタバガの種なら、一袋500円~800円ほどで購入出来ると言われています。
ルタバガは、スウェーデンカブとも呼ばれている西洋野菜の一種で、スコットランドのハギスなどに使われているのですが、日本国内では、あまり有名でないため、野菜としてルタバガを販売する業者がとても少ないのです。
また、ルタバガを使った料理も、一般には、あまり知られていないため、日本国内では、入手がとても難しいと言えるでしょう。
ちなみに、味の面でも、一般のカブの方が優れていると言われています。

ルタバガの有名産地

ルタバガの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
ルタバガの原産は、スウェーデンなどの北欧だと言われています。
寒い地域でも育ち、保存食として優れているルタバガは、戦時中のヨーロッパでは常食とされていた為、現在でも広い地域で知られていますが、スウェーデンカブと呼ばれている割には、風味がイモ類に近いと言う特徴があります。
ルタバガは、生でも食べる事が出来ますが、加熱する事でホクホクとした食感が楽しめるため、初めての方は、シチューやスープなどの煮込み料理の方が食べやすいと言えるでしょう。
ちなみに、ルタバガは、スコットランドの伝統料理ハギスにも使われています。

ルタバガの種類

ルタバガには、どんな種類があるのでしょうか。
一般的に知られているルタバガは、黄皮白肉、または黄皮黄肉の物が多いのですが、中には、白皮白肉、赤皮白肉の種類もあると言われています。
どの色のルタバガでも、基本的に風味は変わらないのですが、色があると、サラダや煮込み料理に使う時に、色合いが良くなると言えるでしょう。
日本国内では地方の直売所でないと、手に入りにくいルタバガですが、ルタバガの種は、ネットなどでも販売されており、赤皮白皮の物のほうが、種の価格が少し高くなると言われています。
国内では、入手困難なルタバガですが、ヨーロッパでは、いくつかの種類があると言えるでしょう。

ルタバガの保存方法

ルタバガは、どんな風に保存すれば良いのでしょうか。
ルタバガは、スウェーデンカブと呼ばれる西洋野菜ですが、実際には、カブよりもイモ類に近いので、保存も冷蔵庫で行えば良いと言われています。
冬の間なら、涼しい場所で常温保存する事も出来るのですが、傷がついていたり、打ち付けた後があると悪くなりやすいので、夏の間は冷蔵庫の野菜室で保管しましょう。
ルタバガは、長期保存向けの野菜ですが、冷蔵庫の中で生のまま保存する時間が長いと、実がパサパサになりやすいので、最初に茹でてから冷凍するか、マッシュした状態で冷凍すると、鮮度が落ちにくく、料理にも使いやすいと言われています。

ルタバガの食べ方

ルタバガは、どんな風に食べる野菜なのでしょうか。
ルタバガは、スウェーデンなどの北欧原産の野菜で、別名でスウェーデンカブと呼ばれています。
このルタバガは、カブよりもイモ類に風味が近く、低温でも良く育ち、長期保存にも向いている為、戦時中のヨーロッパでは、常食として食べられていたそうです。
日本では、ほとんど見かける事が無いルタバガですが、スコットランドの伝統食には、マッシュしたルタバガが必ず使われていますし、シチューやポタージュなどの乳製品と合わせた煮込み料理にしても、食べやすいと言われています。
ちなみに、ルタバガは煮込んでから、ピクルスにするという食べ方もあるそうです。

ルタバガの簡単な定番レシピ

ルタバガは、どんなレシピに使われるのでしょうか。
ルタバガは、煮込み料理と相性がいいため、スープとして使うのがオススメです。
にんじん2分の1、たまねぎ1玉、ルタバガ1つ、キャベツ8分の1を食べやすい大きさに切り分けてから、水と一緒に鍋で煮込みます。
全体に火が通ってきたら、グリーンピースなどを加えてもおいしく、コンソメキューブを入れてから、塩こしょうなどで味付けすれば、簡単なコンソメスープの出来上がりです。
ルタバガは、スウェーデンカブと呼ばれているのですが、風味としては、イモ類に近いので、クリームスープなどにも良く合うと言われています。

ルタバガの栽培

ルタバガは、自家栽培出来るのでしょうか。
ルタバガは、寒い地域のプランターでも栽培出来る野菜のひとつです。
気温が低い北欧原産のルタバガは、発芽温度が15度前後、生育適温が10度~25度なので、暖地の場合には9月~10月、平坦地の場合には、4月~7月に種まきを行います。
発芽したら、株間7センチほどになるように間引きして、たっぷりとお水をあげると良いでしょう。
種まきから収穫までは3ヶ月ほどなので、定期的にルタバガを収穫したい場合には、種まきの時期をずらすのが効果的で、保存食としても優れているので、涼しい場所で保存すれば、数ヶ月長持ちすると言われています。