ラトゥーガ・カタローニャ

ラトゥーガ・カタローニャの魅力とは

ラトゥーガ・カタローニャの魅力とはなんでしょうか。
ラトゥーガ・カタローニャの魅力は、葉っぱの形がユニークなので、少しサラダに加えるだけでも、ポイントになる事だと言われています。
このラトゥーガ・カタローニャは、イタリアを中心に食べられているレタスの一種で、香りが良く、ベビーリーフとして食べると、葉が柔らかいため、食べやすいと言えるでしょう。
レタスの仲間という事もあり、初めて食べる方でも、抵抗なく食べられるのが、ラトゥーガ・カタローニャの大きな魅力で、自家栽培の場合でも、種まきから1ヶ月ほどで収穫出来ると言われています。

ラトゥーガ・カタローニャの栄養と効能

ラトゥーガ・カタローニャには、どんな栄養分があるのでしょうか。
ラトゥーガ・カタローニャのほとんどは、水分なので、あまり栄養素は高くないと言われています。
ただ、ビタミンCやカリウムは、少量ながら含まれているので、日常的に食べる事で、美肌効果や高血圧予防効果があると言えるでしょう。
もちろん、ラトゥーガ・カタローニャは、ナッツのような風味と香りがあるレタスの一種なので、サラダに加えるとおいしさが引き立ちますし、栄養素よりも、彩りや香りを加えるのに、多く使われている野菜だと言われています。
栽培自体も、とても簡単なので、一度試してみるのが良いでしょう。

ラトゥーガ・カタローニャのカロリー

ラトゥーガ・カタローニャには、どれくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
ラトゥーガ・カタローニャには、100gあたり18カロリーが含まれていると言われています。
サラダにする場合には、ドレッシングや他の野菜のカロリーも加わりますが、それでも、ラトゥーガ・カタローニャは、レタスの一種なので、カロリー数がとても低く、ヘルシーな野菜だと言えるでしょう。
また、ラトゥーガ・カタローニャは、スープの具材にする事も出来、デトックススープの場合にはダイエット効果もあるので、夕食に一杯飲むだけでも、効果があると言われています。

おいしいラトゥーガ・カタローニャの見分け方

ラトゥーガ・カタローニャのおいしさは、どこで見分けたら良いのでしょうか。
ラトゥーガ・カタローニャは、レタスの一種ですが、ぱっぱが縦長に広がっています。
おいしいラトゥーガ・カタローニャは、葉っぱの緑色が濃く、色むらも無いと言えるでしょう。
また、ラトゥーガ・カタローニャは、ベビーリーフとして食べられる事が多いので、あまり大きくなり過ぎた葉っぱは、スジが堅くなるので、おいしくないと言われています。
その為、ラトゥーガ・カタローニャを自家栽培する場合にも、種まきから1ヶ月ほどで収穫出来るので、収穫時期を延ばしすぎない事も重要です。

ラトゥーガ・カタローニャの価格の目安

ラトゥーガ・カタローニャは、いくらぐらいで購入出来る物なのでしょうか。
ラトゥーガ・カタローニャは、イタリアのレタスの一種で、日本国内では、ほとんど入手出来ないと言われています。
ただ、ラトゥーガ・カタローニャの種なら、一袋500円ほどで購入する事が出来るでしょう。
ラトゥーガ・カタローニャは、種まきから1ヶ月ほどで収穫出来るので、初めての方でも、簡単に栽培出来るでしょう。
ヨーロッパ野菜のほとんどは、野菜の状態で輸入すると鮮度が落ちてしまいますし、料金も高くなるので、少し手間がかかっても、自分で栽培して新鮮な野菜を収穫する方が良いと言われています。

ラトゥーガ・カタローニャの有名産地

ラトゥーガ・カタローニャの産地といえば、どこでしょうか。
ラトゥーガ・カタローニャは、ヨーロッパ野菜のひとつですが、特にイタリアでの生産量が多いと言われています。
ラトゥーガ・カタローニャは、細長い葉っぱ上のレタスで、日本国内では、食用にするだけでなく、ガーデニングの植物として、育てられる事が多いようです。
また、イタリアでは、ラトゥーガ・カタローニャをサラダに添えるのが一般的で、一部では、スープの具材にする事があります。
ラトゥーガ・カタローニャの食感と香りを楽しみたいなら、サラダにするのが一番だと言えるでしょう。

ラトゥーガ・カタローニャの種類

ラトゥーガ・カタローニャは、どんな種類の野菜なのでしょうか。
ラトゥーガ・カタローニャは、イタリアで頻繁に食べられているレタスの一種で、ナッツのような風味があるのが特徴です。
ラトゥーガ・カタローニャは、ベビーリーフとして食べるので、葉っぱの大きさも15センチほどと小さく、細長い形がユニークな種類だと言えるでしょう。
ただ、ラトゥーガ・カタローニャは、日本での知名度が低く、野菜としてラトゥーガ・カタローニャが販売されている事が無いので、種から自分で栽培する方法が主流です。
種まきから1ヶ月ほどで収穫が出来るので、家庭菜園をしている方は、試してみるのも良いでしょう。

ラトゥーガ・カタローニャの保存方法

ラトゥーガ・カタローニャは、どんな風に保存すれば良いのでしょうか。
ラトゥーガ・カタローニャは、レタスの仲間なので、収穫後は、冷蔵庫の野菜室で保存するのが良いと言われています。
ただ、ラトゥーガ・カタローニャは、水分量が多い分、あまり日持ちしない野菜なので、冷蔵庫で保存する場合でも、3日以内には食べきった方が良いでしょう。
また、ラトゥーガ・カタローニャは、あまり育ちすぎるとおいしくなくなってしまうので、自家栽培する場合には、種まきの時期をずらして、定期的に収穫出来るようにするのもひとつの方法だと言われています。

ラトゥーガ・カタローニャの食べ方

ヨーロッパ野菜というと、あまり日本食に馴染みが無く、食べ方も知られていませんが、中には、栽培も調理も簡単な種類もあります。
そのひとつが、ラトゥーガ・カタローニャというレタスの一種で、イタリアでは、よくサラダにして食べられていると言えるでしょう。
ラトゥーガ・カタローニャは、柔らかい香りがあるため、そのままで食べても、十分風味を楽しめるのです。
もちろん、レタスの一種と言う事もあり、炒め物など、あまり火を通す調理法には使われないラトゥーガ・カタローニャですが、栽培自体も簡単なので、ガーデニングのついでに、ラトゥーガ・カタローニャを育ててみるのも良いでしょう。

ラトゥーガ・カタローニャの簡単な定番レシピ

ラトゥーガ・カタローニャには、どんなレシピがあるのでしょうか。
ラトゥーガ・カタローニャは、レタスの一種なので、サラダやスープにいれるのが、定番だと言われています。
ラトゥーガ・カタローニャは、球体ではなく葉っぱ状になっているので、ベビーリーフの状態で他のレタスやにんじん、トマトと混ぜ合わせてイタリアンドレッシングで仕上げるのがオススメです。
ラトゥーガ・カタローニャには、ナッツのような香りがあるため、生のサラダにした方が、香りが楽しめますし、沢山の量を一度に消費したい場合には、スープの具材に使うのが良いでしょう。

ラトゥーガ・カタローニャの栽培

ラトゥーガ・カタローニャは、どんな風に栽培する野菜なのでしょうか。
ラトゥーガ・カタローニャは、3月~4月、または9月~10月に種まきを行うのが良いと言われています。
土は水はけが良く、有機質に富んだ物を選び、芽が出るまでは、土を乾燥させないようにたっぷりと水をあげるのがいいでしょう。
根が大きくなったら、3回ほど間引きをして、株間35センチ程度に育てます。
間引いた葉っぱも、ベビーリーフとしてサラダやスープに出来るそうです。
ちなみに、種まきから1ヶ月ほどで、ラトゥーガ・カタローニャは、収穫出来るので、種まきの時期をずらすと、定期的に収穫出来ると言われています。