ムスクラン

ムスクランがわかる!その魅力とは

ムスクランの魅力とはなんでしょうか。
ムスクランの魅力は、一度の食事で、沢山の野菜を摂取出来る事だと言われています。
まず、ムスクランとは、カーリーエンダイブ、ワイルドチコリー、ヘッドレタス、エスカロール、ロメインレタス、ロケット、カッティングレタスを合わせた野菜ミックスの事で、西洋七草とも呼ばれているそうです。
このムスクランは、日本国内だとあまり手に入りにくいのですが、栽培自体は簡単で、種や苗なら入手も簡単なので、西洋野菜に興味がある方には、オススメの野菜だと言えるでしょう。
また、沢山の野菜が入っている分、栄養バランスも良いのが、ムスクランの大きな魅力だと言われています。

ムスクランの栄養と効能

ムスクランには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
ムスクランは、7種類の野菜をミックスした西洋七草の事で、沢山の野菜が入っている分、栄養バランスも良いと言われています。
ムスクランには、βカロテン、カリウム、カルシウム、ビタミンCなどが含まれており、アンチエイジング、高血圧予防、骨強化、美肌効果など、様々な効能があると言えるでしょう。
特に、ビタミンCは、熱を加えると壊れやすいので、出来れば、生のままサラダにした方が、摂取出来る量が多いと言われています。
また、ムスクランは、栄養バランス自体は良いのですが、それぞれの栄養分の量はそこまで多くないので、お肉や魚と合わせて、栄養分を補強する必要があるでしょう。

ムスクランのカロリー

ムスクランには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
これは、ムスクランに含まれる野菜の種類によっても異なりますが、一般的なムスクランのカロリーは、100gあたり22カロリーほどだと言われています。
葉もの野菜が主になっているムスクランは、サラダとして食べられる事が多く、味付けもシンプルなので、さらに、ダイエットにピッタリな野菜だと言えるでしょう。
また、ムスクランは、サラダの他にも、スープや鍋物の具材にしたり、おひたしにするという方法もあり、ヘルシーな食材だと言われています。
栽培自体も簡単なので、日常的にムスクランを食べたい方は、プランターで栽培を始めてみるのも良いでしょう。

おいしいムスクランの見分け方

ムスクランは、どんな風においしさを見分けたら良いのでしょうか。
ムスクランは、西洋七草と呼ばれる野菜のミックスで、栽培の段階で種が数種類混ざっているので、それぞれを見分けるのは、少し難しいと言われています。
例えば、ムスクランをプランターで育てる場合、雑草とムスクランの野菜との見分けがつきにくい場合もあるので、初めての方は、苗から栽培した方が良いでしょう。
また、ムスクランは、それぞれが少しずつでも、集めるとかなりの量が収穫出来るため、プランターひとつでも、十分料理に使えるだけの量が出来ると言われています。
さらに、ムスクランには違う色合いの野菜も含まれているので、大きさだけでなく、色合いでおいしさを見分ける事も大切です。

ムスクランの価格の目安

ムスクランの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
ムスクランの価格は、栽培用の種で、300円~500円ほどだと言われています。
そもそも、このムスクランとは、西洋七草と呼ばれている数種類の野菜の総合名称で、カーリーエンダイブ、エスカロール、ワイルドチコリー、ヘッドレタス、露メインレタス、カッティングレタス、ロケットを含んでいます。
日本国内では、野菜としてのムスクランを販売している業者がとても少ないため、一般の方が、ムスクランを食べるには、種や苗から育てる方法が一番主流だと言えるでしょう。
ちなみに、ムスクランの種の産地によっては、一袋でも、1000円以上する場合があるようです。

ムスクランの有名産地

ムスクランの産地は、どこが有名なのでしょうか。
ムスクランは、西洋七草としても知られている野菜のミックスで、元々は、イタリアで始まった栽培方法に、フランス語のムスクラン(混ぜ合わせる)という名前がついた物だと言われています。
その為、ムスクランを使ったレシピは、フランス料理やイタリア料理に多く、特に南仏では、ムスクランのサラダが頻繁に食べられていると言えるでしょう。
日本国内では、ムスクランの知名度がそこまで高くない為、野菜としてのムスクランは、ほとんど販売されておらず、栽培用の種を購入して、自家栽培するのが一般的だと言われています。

ムスクランの種類

ムスクランとは、どんな種類の野菜なのでしょうか。
ムスクランとは、ひとつの野菜を指す物ではなく、7種類にミックスされた西洋七草の総称です。
ムスクランの内容は、購入する種によっても異なるのですが、一般的には、エンダイブ、ワイルドチコリー、ヘッドレタス、ロケット、エスカロール、ロメインレタス、カッティングレタスなどがあげられます。
ムスクランは、7種類の種を混ぜた状態で栽培するため、育つ場所もバラバラですし、家庭菜園の場合には、1種類の野菜から収穫出来る量は、そこまで多くないと言えるでしょう。
ただ、ムスクランは沢山の種類の野菜が一度に食べられる為、栄養面ではとても優れていると言われています。

ムスクランの保存方法

ムスクランは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
ムスクランは、西洋七草と呼ばれる野菜のミックスの事で、日本国内では、あまり販売されていないので、自家栽培するのが一般的です。
ただ、収穫後のムスクランは、あまり日持ちしないので、基本的には、調理する前に収穫するのが一番だといえるでしょう。
また、保存用にと冷蔵庫に長時間入れていると、ムスクランの葉っぱがしおれて、食感が悪くなってしまうので、長くとも収穫から1日以内には使い切った方が良いと言われています。
ちなみに、ムスクランは、サラダやおひたしの他に、鍋物に入れたり、バターソテーにしてもおいしいそうです。

ムスクランの食べ方

ムスクランは、どんな風に食べる野菜なのでしょうか。
ムスクランとは、7種類の野菜をミックスした西洋七草の事で、サラダやおひたし、スープ、鍋物、炒め物など、本当に色々な食べ方が出来ると言われています。
特に、ムスクランの消費量が多い南仏では、ムスクランのサラダが一般的で、フレンチドレッシングで仕上げるだけでも、栄養バランスの良い簡単なサラダが出来上がると言えるでしょう。
また、ムスクランは、葉っぱ自体が小さいものが多いので、アク抜きや下茹でをする必要はなく、炒め物などに使う時も、軽く洗ってから炒めるだけなので、手間がかからないのも、ムスクランの大きな魅力だと言われています。

ムスクランの簡単な定番レシピ

ムスクランは、どんなレシピに使えるのでしょうか。
ムスクランは、洗ってからサラダとして食べられる事が多く、それだけでも十分おいしいのですが、自家栽培していると、かなりの収穫量があるため、1度に沢山消費出来るレシピがオススメです。
例えば、ムスクランのバターソテーは、食べやすい大きさに切ったムスクランを、バターで炒めるだけですし、豚バラ肉を加えて一緒に炒めても、おかずになると言われています。
また、さっと茹でてから、おひたしにするのもオススメで、ムスクランは、茎が細い葉っぱが多いので、茹で時間は、20秒から30秒で十分でしょう。

ムスクランの栽培

ムスクランは、どんな風に栽培する野菜なのでしょうか。
ムスクランは、7種類の種が混じっているミックス野菜の事で、プランターでも簡単に育てられるので、初心者の方でも安心です。
ムスクランの種まきは、3月~10月にかけてと、長期間可能なので、冬以外ならいつでも始める事が出来ますし、大体15度~20度くらいの気候の時には、成長しやすくなると言われています。
ムスクランは、1日1度水をあげる程度で勝手に育ってくれますし、種まきから45日程度で、ベビーリーフが収穫出来るでしょう。
また、種を数回に分けてまく事で、収穫時期をずらすことも出来るので、長期間ムスクランを収穫したい方にはオススメです。