サルシフィ

サルシフィがわかる!その魅力とは

サルシフィの魅力とはなんでしょうか。
サルシフィの魅力は、肉質が柔らかいため、料理にも使いやすい事だと言われています。
まず、サルシフィは、キク科の野菜なのですが、見た目がごぼうに似ている為、「西洋ごぼう」と呼ばれる品種です。
このサルシフィは短くて、身が白っぽく、柔らかいのが特徴で、スープなどに使っても、調理時間がそこまでかからないのが魅力です。
また、サルシフィは、風味が牡蠣に似ているため、料理に使うと、コクが出るというのも、大きな魅力だと言われています。
ちなみに、サルシフィには、カリウムが豊富に含まれているため、塩分を体外に出して、血液の流れを良くする効果もあるそうです。

サルシフィの栄養と効能

サルシフィには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
サルシフィには、ビタミンC、食物繊維、カリウムなどが豊富に含まれています。
まず、ビタミンCは、疲労回復、風邪予防、美肌効果があります。
ビタミンCは、熱を加えると壊れやすい為、下茹でをする場合にも、さっと茹でる程度にすると、ビタミンCが溶け出しにくいと言えるでしょう。
そして、食物繊維は、腸内環境を整えてくれるため、便秘気味の方は、沢山摂取した方が良いと言われています。
さらに、カリウムには体内の余分な塩分を外に排出して、血圧を下げる効果があるので、高血圧の方にはオススメです。

サルシフィのカロリー

サルシフィには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
サルシフィには、100gあたり65カロリーが含まれています。
これは普通のごぼうと同じカロリー数で、料理に使う量自体は、そこまで多くないため、そこまで高カロリーのレシピにはならない事が多いと言われています。
そして、サルシフィには、豊富な食物繊維が含まれているため、その点では、ダイエット中の方でも、安心して食べられると言えるでしょう。
特に、サルシフィを使った野菜スープは、デトックスメニューとしても知られていますから、サルシフィが手に入らない場合には、普通のごぼうで代用するのもオススメです。

おいしいサルシフィの見分け方

サルシフィは、どこでおいしさを見分けるのが良いのでしょうか。
まず、サルシフィは、見た目がごぼうに似ており、ごぼうに比べると少し短い野菜なのですが、全体の太さが均一になっている物の方が、栄養分に偏りが無く、おいしいと言われています。
逆に、部分によって太さが全然違う場合には、まんべんなく栄養が行き渡っていない事が多いので、避けた方が良いでしょう。
また、触った時に弾力があるものも、新鮮でおいしいと言われています。
ちなみに、サルシフィは、西洋ごぼうと呼ばれており、厳密には、ごぼうとは別種の野菜なのですが、おいしさの見分け方は、ごぼうにとても近いと言えるでしょう。

サルシフィの価格の目安

サルシフィの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
これは、販売元によっても異なりますが、サルシフィの価格は、1本あたり80円~100円だと言われています。
サルシフィは、西洋ごぼうと呼ばれていますが、品種としては別の野菜で、太くて短い為、あまり大きさは無い種類だと言えるでしょう。
また、日本国内では、サルシフィよりも、普通のごぼうを購入した方が安いため、日本国内での生産量が少ないと言われています。
ちなみに、サルシフィは、ドイツやフランスなどで多く食べられており、主に、スープなどの煮込み料理として使われる事が多いと言えるでしょう。

サルシフィの有名産地

サルシフィの産地は、どこが有名なのでしょうか。
サルシフィは、ヨーロッパで多く食べられている野菜で、特にフランスやドイツでの収穫量が多いと言われています。
日本国内でも、サルシフィを栽培する事は出来ますが、日本で多く食べられているごぼうの方が、人気が高く、サルシフィがそこまで売れないため、サルシフィを作る農家さんも少ないと言えるでしょう。
また、他の種類のごぼうの産地としては、青森県が日本一で、日本原産の品種が多く栽培されていると言われています。
ちなみに、サルシフィは、アメリカでも栽培されていますが、アメリカでの知名度もあまり高くないと言えるでしょう。

サルシフィの種類

サルシフィは、ごぼうの一種なのでしょうか。
サルシフィは、西洋ごぼうと呼ばれている野菜で、見た目が日本のごぼうと似ているのですが、実際には、別の種類の野菜です。
このサルシフィは、普通のごぼうに比べると、身が柔らかく、ヨーロッパで多く食べられている種類だと言えるでしょう。
特に、ドイツやフランスでは、サルシフィをグラタンにしたり、スープにいれる事が多いようです。
また、サルシフィを切った時に出る白い液体には、牡蠣に似た風味があると言われており、料理に使うと、うまみが出ておいしいと言われています。
あまり日本国内では流通していないサルシフィですが、一度試してみると良いでしょう。

サルシフィの保存方法

サルシフィは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
サルシフィは、ラップに包んで、立てるように冷蔵庫の野菜室で保存します。
あまり日持ちする野菜ではないので、1週間ほどで食べきる必要がありますが、先に刻んで茹でてから、水気を切って冷凍するのもオススメです。
また、カットしたサルシフィは、カットした部分から酸化して乾燥してしまうので、冷蔵庫にまた保存する場合には、しっかりとラップで保存するのが良いでしょう。
ちなみに、サルシフィを切った時に出る白い液体には、カキに似たような風味があると言われており、出来るだけ乾燥を避けて保存する事が、おいしくサルシフィを食べる秘訣だと言われています。

サルシフィの食べ方

サルシフィは、どんな風に食べる野菜なのでしょうか。
サルシフィは、基本的に他の種類のごぼうと同じように調理するのが良いと言われています。
さっと茹でれば、サラダにする事も出来ますし、サルシフィは、元々身が柔らかいので、サラダなど調理時間が短いレシピの方が、本来のうま味を味わえると言えるでしょう。
また、サルシフィは、スープなどに入れても、サルシフィのうま味がおいしいと言われています。
特に、サルシフィを切った時に出る白い液体は、牡蠣のような味がするので、スープにいれる事でコクが出ると言えるでしょう。
さらに、ヨーロッパでは、グラタンにサルシフィを使う事もあるそうです。

サルシフィの簡単な定番レシピ

サルシフィを使った簡単なレシピと言えば、サルシフィのサラダです。
材料は、サルシフィ1本、にんじん2分の1、調味料としてマヨネーズ大さじ3、すりごま大さじ3、砂糖大さじ1、酢大さじ1、醤油小さじ2分の1です。
まず、サルシフィと、にんじんを細切りにして、熱湯でさっと茹でます。
茹で加減としては、にんじんとごぼうを噛んだ時に、ほんの少しだけ芯が残るようにすると良いでしょう。
その後、水を切ってから、調味料を全て混ぜ合わせたら出来上がりです。
簡単ですぐに出来上がるので、ちょっとしたおかずにする時には、ちょうど良いレシピだと言われています。

サルシフィの栽培

サルシフィは、自宅でも栽培出来るのでしょうか。
サルシフィの種は、ネットなどでも販売されているので、環境が整えば、自家栽培も可能です。
サルシフィの種まきは、3月~5月に行われており、暖地の場合には、8月~10月に行います。
種をまいたら3センチほど土をかぶせて、水をたっぷりとかけます。
サルシフィは20度~25度の気温で、発芽・生育しやすいので、日当りが良い場所と水はけの良い土が必要だと言えるでしょう。
また、収穫前には、上の草が枯れるのですが、土から抜く時にサルシフィの身が折れないように、十分注意した方が良いと言われています。