カーボロネーロ

カーボロネーロがわかる!その魅力とは

カーボロネーロの魅力とはなんでしょうか。
カーボロネーロの魅力は、独特の甘みだと言われています。
まず、カーボロネーロとは、イタリアのトスカーナで多く栽培されているキャベツの一種で、別名で黒キャベツと呼ばれています。
このカーボロネーロは、実が堅いので、じっくりと煮込んでから食べる必要が有り、煮込む事で甘みが出てくるのが特徴です。
キャベツをあまり食べない方でも、甘いカーボロネーロなら食べやすく感じる方もいると言われています。
もちろん、カーボロネーロは貴重な野菜なので、頻繁に入手する事は難しいのですが、ビタミンCが多く含まれているため、美肌や疲労回復にも効果がある野菜だと言えるでしょう。

カーボロネーロの栄養と効能

カーボロネーロには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
カーボロネーロは、キャベツの仲間なので、栄養成分もキャベツとほとんど同じです。
カーボロネーロには、豊富なビタミンCやミネラルが含まれており、疲労回復や美肌に効果があると言われていますが、あまり火を通しすぎると、ビタミンCが溶け出てしまうので、スープなどに使うと溶け出た栄養分も摂取出来ると言えるでしょう。
そして、カーボロネーロに含まれるミネラルは、体の調子を整えて、血液の流れを良くする効果などもあると言われています。
また、カリウムも多く含んでいるので、動脈硬化や心筋梗塞の予防にも効果的です。

カーボロネーロのカロリー

カーボロネーロのカロリーは、どれくらい高いのでしょうか。
カーボロネーロには、100gあたり、23カロリーが含まれています。
カーボロネーロは、キャベツの仲間なので、比較的カロリーは低く、ダイエット中の方でも心配はありません。
特に、カーボロネーロは、スープとして煮込んで食べる事が多く、他の野菜も一緒に食べられる分、ヘルシーな食材だと言えるでしょう。
カーボロネーロには、沢山のビタミンCが含まれているのですが、生のまま食べる事は難しいので、栄養分が溶け出ても一緒に食べられるスープが、一番バランス良く栄養を取れるレシピだと言われています。

おいしいカーボロネーロの見分け方

カーボロネーロは、どんな風においしさを見分けたら良いのでしょうか。
カーボロネーロはキャベツの仲間ですが、結球しない種類なので、葉っぱが縦にきれいに伸びていて、色合いも濃い物を選ぶと良いと言われています。
このカーボロネーロは、黒キャベツと呼ばれるくらい、色の濃いキャベツの品種ですから、その点でも、しっかりと色がついている物の方が、おいしいのです。
ただ、カーボロネーロは、収穫から日にちが経つと、全体的にしおれてきますから、葉っぱが乾燥している場合には、購入を避けた方が良いでしょう。
また、部分的に色が変色している場合には、その部分だけ取り除けば食べられます。

カーボロネーロの価格目安

カーボロネーロの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
カーボロネーロの価格は、1束で420円ほどだと言われています。
ただ、一束と言っても、葉っぱの枚数は5枚~8枚と少ないため、料理に使う場合には、3束ほど購入した方がいいでしょう。
また、栽培用のカーボロネーロの種の価格は、一袋あたり480円ほどなので、他の野菜類に比べると割高だと言われています。
ちなみに、カーボロネーロを日本国内で生産している農家さんは、とても少ないため、ネットでも、限られた時期にしか手に入らない事が多いと言えるでしょう。
カーボロネーロは、貴重な野菜ですから、機会があれば試してみるのがオススメです。

カーボロネーロの有名産地

カーボロネーロの産地としては、どこが有名なのでしょうか。
カーボロネーロの世界的な産地として有名なのが、イタリアのトスカーナ地方です。
カーボロネーロは、元々、地中海沿岸の野菜なのですが、イタリアの方が栽培が盛んで、イタリア国内では、カーボロネーロの事を「トスカーナ」と呼ぶ事が多いと言われています。
日本国内でも、福岡県などで栽培されていますが、栽培量は少なく、ネットなどでもカーボロネーロを購入出来ない場合が多いと言えるでしょう。
ちなみに、カーボロネーロの種も販売されているので、カーボロネーロが好きな方は、自分で育てるのもひとつの方法だと言われています。

カーボロネーロの種類

カーボロネーロは、どんな種類の野菜なのでしょうか。
カーボロネーロは、黒キャベツと呼ばれる野菜で、地中海沿岸の原産ですが、イタリアのトスカーナ地方で、沢山栽培されています。
このカーボロネーロは、結球しない品種で、色合いも濃いという特徴があり、初めてカーボロネーロを見る方は、キャベツの一種だと分からないと言えるでしょう。
ただ、カーボロネーロは、日本国内であまり知られていない品種なので、その分、一般のスーパーなどでは、ほとんど販売されていないと言われています。
また、紫キャベツなども、色が濃いという面では似ていますが、形や風味は異なると言えるでしょう。

カーボロネーロの保存方法

カーボロネーロは、どんな風に保存すればいいのでしょうか。
カーボロネーロは、冷蔵庫の野菜室で保存するのが基本です。
冷蔵庫に入れる前に新聞紙に包み、立てるように保存する事で、鮮度が落ちにくくなると言えるでしょう。
ただ、冷蔵庫に入れても、生の状態だと1週間ほどで悪くなってしまうので、先に下茹でをするのもオススメです。
食べやすい大きさにカーボロネーロを切ってから、10分ほど柔らかくなるまで煮込んで、水を軽く切ってから、ビニール袋に入れて冷凍庫で保存するのも良いでしょう。
ただ、この場合には解凍した時に、水分が出てしまうので、スープ用として使うのが良いそうです。

カーボロネーロの食べ方

カーボロネーロは、どんな食べ方をする野菜なのでしょうか。
カーボロネーロは、キャベツの一種なので、スープや炒め物にするのがオススメです。
カーボロネーロは、実が堅いため、普通のキャベツのように、生のままサラダにするのはオススメ出来ませんが、じっくりと煮込むスープや炒め物は、カーボロネーロの甘みが引き立つと言われています。
もちろん、カーボロネーロに火が通るまでには、時間がかかるため、芯から調理して行く必要があると言えるでしょう。
ちなみに、カーボロネーロは、イタリアのトスカーナで多く育てられているため、パスタのソースに加えてもおいしいと言われています。

カーボロネーロの簡単な定番レシピ

カーボロネーロのレシピと言えば、スープです。
まず、カーボロネーロ、にんじん、たまねぎなどを食べやすい大きさに切ります。
カーボロネーロは、火が通りにくい野菜なので、沸騰したお湯で、カーボロネーロが、すこし柔らかくなるまで5分ほど煮込みます。
それから、にんじん、たまねぎを加えて、15分ほど弱火で煮込み、全体に火が通ったら、コンソメのキューブを入れて、塩こしょうで味を整えます。
ここにトマトを入れても、少し酸味が出ておいしいそうです。
野菜の栄養がギュッとつまった、カーボロネーロの野菜スープは、独特の甘みがあるので、オススメだと言えるでしょう。

カーボロネーロの栽培

カーボロネーロは、種が市販されているので、自家栽培も可能です。
カーボロネーロの種まきは、3月~4月、または7月~9月の間で、苗の植え付けは、9月~11月に行われています。
種をまいたら、土が乾燥しないようにたっぷりと水をあげる事が大切で、発芽後は、3分の1程度に間引きします。
カーボロネーロは、ひとつひとつの葉っぱが40センチほどと大きく、植え付けから60日ほどで収穫出来ると言えるでしょう。
ちなみに、カーボロネーロは生食だと堅いので、野菜スープ、炒め物、パスタソースとして調理すると、独特の甘みが引き立っておいしいと言われています。