オークレタス

オークレタスがわかる!その魅力とは

オークレタスには、どんな魅力があるのでしょうか。
オークレタスの魅力は、普通のレタスよりも、味が濃いため、サラダの味のアクセントとして使える事だと言われています。
オークレタスは、食感が強いレタスの一種で、色合いも濃く、ヨーロッパで良く食べられている野菜です。
このオークレタスは、普通のレタスと比べると、味が濃いため、少しサラダに加えるだけでも、十分な味のアクセントになると言えるでしょう。
また、少し苦みもあるので、ルッコラが好きな方にはオススメです。
ただ、日本国内では、オークレタスは、ほとんど手に入らないため、その点では、味見する機会自体が、かなり少ないと言えるでしょう。

オークレタスの栄養と効能

オークレタスには、どんな栄養分があるのでしょうか。
オークレタスには、豊富なβカロテン、カリウムなどが含まれていると言われています。
βカロテンは、体内に入るとビタミンAに変わり、疲労回復や抗酸化作用があるそうです。
このβカロテンは、特に緑黄食野菜に多く含まれていますから、日常的に摂取するのが良いと言われています。
そして、オークレタスに含まれるカリウムは、生活習慣病の予防にも効果的で、特に動脈硬化や心筋梗塞、高血圧などにも有効だと言えるでしょう。
ちなみに、オークレタスには、葉酸も含まれている為、貧血予防や妊娠中の方にはオススメです。

オークレタスのカロリー

オークレタスには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
オークレタスは、葉もの野菜なので100gあたり14カロリーほどしかありません。
レタスの場合には、かなりの量でないと100gにはなりませんから、その点では、普段のダイエットメニューには欠かせない野菜だと言えるでしょう。
また、オークレタスには、少し苦みもある為、一種類でサラダにするよりも、同じ葉っぱ系のサニーレタスを一緒に混ぜ込んだ方が食べやすいと言われています。
ちなみに、サラダと言えば、ダイエットメニューとして人気ですが、ドレッシングによっては、高カロリーになってしまうので注意が必要です。

おいしいオークレタスの見分け方

オークレタスは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
オークレタスは、葉っぱにハリがあり、柔らかすぎない物を選ぶと良いと言われています。
オークレタスは、色が濃いアブラナ科の野菜で、レタスと同様にサラダにして食べられる事が多いようです。
また、オークレタスを選ぶ時は、大きすぎない物を選ぶ事も大切です。
大きすぎるオークレタスは、苦みも強いと言われているので、少し小さめの方がおいしいと言えるでしょう。
さらに、オークレタスの葉っぱの端の部分には、色が変色している物もありますが、変色部分だけを取り除けば、問題なく食べられるそうです。

オークレタスの価格の目安

オークレタスの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
栽培用オークレタスの種の価格は、1袋10mlあたり125円ほどと安いそうです。
オークレタスの苗の価格は、9センチポット苗が、300円ほどで購入出来るので、始めての方は、こちらから試した方が栽培しやすいと言えるでしょう。
ただ、出来上がった野菜としては、オークレタスを扱っているお店が非常に少なく、手に入りにくい食材だと言われています。
もちろん海外では、もっと簡単にオークレタスが手に入る所もありますし、レタスには、いくつか似たの種類があるのですが、野菜として成長したオークレタス自体、日本国内では貴重な物だと言えるでしょう。

オークレタスの有名産地

オークレタスの産地と言えば、どこなのでしょうか。
オークレタスは、ヨーロッパで良く食べられている野菜ですが、国内産のオークレタスは、群馬県、茨城県、岩手県などで栽培されているそうです。
レタス農園は、時期によって育てるレタスの種類が異なりますが、オークレタスは、栽培量が少なく、市場に出回る事も少なめだと言えるでしょう。
レタスと言えば、丸い結球レタスが一般的で、葉っぱタイプのレタスも、オークレタスよりも、サニーレタスの方が苦みも少なく食べやすいと言われています。
その為、オークレタス自体は、ネットなどでもなかなか購入出来ない野菜のひとつで、自家栽培するのが、一番の方法だと言えるでしょう。

オークレタスの種類

レタスには、いくつかの種類があり、その中のひとつがオークレタスです。
オークレタスは、別名「ブルーニャ」と呼ばれるアブラナ科の野菜で、普通のレタスに比べると、色も味も濃いのが特徴だと言えるでしょう。
また、オークレタスは食感も強く、苦みがあるのも魅力だと言われています。
そして、オークレタスには、他にも、サニーレタスや、グリーンレタスなどがあり、これらは、結球レタスのように丸い形ではなく、葉っぱが重なったような形をしていると言えるでしょう。
ちなみに、この種類のレタスは、結球レタスよりも味が濃いのが特徴で、サラダとして使う時も、何種類かのレタスを混ぜると、さらにおいしくなると言われています。

オークレタスの保存方法

オークレタスは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
オークレタスは、長期保存出来ない野菜のひとつなので、購入後、または収穫後は、冷蔵庫の野菜室で保存するのが良いそうです。
この時に、オークレタスを新聞紙に包んで、立てた状態で保存すると、状態が傷みにくいと言われており、野菜を冷やしすぎないで保存出来ると言われています。
ただ、オークレタスがおいしく食べられるのは、収穫から3日ほどで、それ以上日にちが経つと、苦みが増してきますから、あまりオススメ出来ません。
また、冷蔵庫に入れている時間が長いと、オークレタス全体がしおれてくるので、出来るだけ新鮮なうちに食べきるのが一番だと言えるでしょう。

オークレタスの食べ方

オークレタスは、どんな風に食べられる物なのでしょうか。
オークレタスは、少し苦みのあるレタスの種類で、一般的にはサラダに使われる事が多いようです。
ただ、オークレタスだけを使ったサラダだと、食べにくく感じる方もいるので、サニーレタスなどと合わせて食べるのもひとつの方法だと言えるでしょう。
また、野菜スープの出来上がり直前にオークレタスを入れて混ぜ込むと、オークレタスのシャキシャキとした食感が残り、スープがよりおいしくなるので、いつもレタスは生食のみの方も、試してみるのがオススメです。
ちなみに、オークレタスは、和風ドレッシングよりも、フレンチやイタリアンドレッシングの方が、味の相性が良いと言われています。

オークレタスの簡単な定番レシピ

オークレタスには、どんなレシピがあるのでしょうか。
オークレタスは、少し苦みがあるレタスの一種なので、サラダにしてもおいしいですし、サンドイッチに挟み込むのもオススメです。
例えば、ベーグルのパンを温めて半分に切り、そこに、スライスしたトマトやオニオン、ツナ、オークレタスを敷いて、マスタード、マヨネーズ、トマトソースなどで味付けをします。
普段は、レタスだけで食べている方も、少しオークレタスをいれる事で、味にパンチが効きますし、オークレタスの苦みも、他の食材と合わさる事でおいしくマッチすると言われています。
また、普通のサンドイッチに入れても、おいしく食べられるのでオススメです。

オークレタスの栽培

オークレタスは、どんな風に栽培するのでしょうか。
オークレタスは、プランターでも育てられる種類のレタスで、日当りがとても良い場所よりも、涼しい方が育ちやすいと言われています。
レタス農園は、長野県や群馬県など、比較的夏でも涼しい地域で作られていますから、その点では、気温も低めの方が育ちやすいのです。
また、あまり水をやり過ぎても良く無いので、肥料は少なめで、水は土が乾いた時にあげる程度で良いでしょう。
オークレタスのような葉っぱタイプのレタスは、栽培時期も短いため、初心者でも育てられ、葉っぱが柔らかい小さめの状態でも、大きくボリュームのある状態にしても、おいしいと言われています。