エシャロット

エシャロットがわかる!その魅力とは

エシャロットの魅力とはなんでしょうか。
エシャロットの魅力は、栄養素が豊富に含まれている事だと言われています。
まず、エシャロットは、フランス料理などによく使われているネギ科の野菜で、たまねぎにも近い為、硫化アリルという成分が豊富に含まれています。
この硫化アリルは、血液をサラサラにする効果がある為、動脈硬化や高血圧にも効果的で、風邪予防、がん予防にも有効な栄養成分だと言えるでしょう。
ただ、エシャロットのほとんどは、輸入品で、国内では、ほとんど販売されていないため、一般にはあまり手に入らない野菜だと言われています。
価格も他の野菜に比べると、少し高めなのですが、一度試してみる価値があるでしょう。

エシャロットの栄養と効能

エシャロットには、どんな栄養分があるのでしょうか。
エシャロットは、成分が、たまねぎにとても似ている野菜なので、たまねぎに含まれる硫化アリルを沢山含んでいると言われています。
硫化アリルは、たまねぎを切った時に、涙を出させる成分の事で、この硫化アリルが体に入ると、血管に溜まった血栓を溶かして、血液をサラサラにしたり、風邪予防、がん予防、疲労回復、不眠症にも効果があると言えるでしょう。
また、エシャロットには、カリウムやカルシウムも含んでいるので、生活習慣病の予防や、骨を強化するという効果もあると言われています。
硫化アリルは水に溶けやすいため、スープなどにすると、栄養も沢山摂れると言えるでしょう。

エシャロットのカロリー

エシャロットには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
エシャロットには、100gあたり76カロリーが含まれています。
76カロリーというと、野菜の中でも、かなり高めなのですが、1本分のエシャロットの可食部分は16gほどで、100gも一度に食べること自体ないと言えるでしょう。
また、エシャロット自体、日本国内では、ほとんど手に入らない食材なので、フランス料理店などに行かないと食べる事は出来ません。
ただ、エシャロットには、血液サラサラ効果、風邪予防、がん予防、疲労回復、不眠解消など様々な健康効果があるため、少し食べる分には、ダイエット中の方でも、問題ないと言えるでしょう。

おいしいエシャロットの見分け方

エシャロットは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
エシャロットは、見た目がたまねぎに近い野菜なので、選び方もたまねぎと同様に、皮がよく乾燥している物を選びます。
乾燥した皮には、ツヤがありますから、そこもおいしさを見分けるポイントになるでしょう。
また、持った時に重みがあるものは、中身が詰まっている証拠だと言われています。
ちなみに、国内で販売されているエシャロットのほとんどは輸入品で、物によっては、すでに芽が出てしまっている物もあります。
芽がでている物は、すでにエシャロットの栄養が芽に吸い取られていておいしくないので、避けた方が良いでしょう。

エシャロットの価格の目安

エシャロットの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
エシャロットの価格は、500gあたり880円ほどだと言われています。
安いお店だとエシャロットが、5束200円ほどで販売されているようですが、エシャロットは、あまりポピュラーな野菜ではないため、手に入りにくいと言えるでしょう。
そもそも、エシャロットとは、ねぎ科の食材で見た目がたまねぎに煮ており、臭い消しとして、料理に使われる事が多いそうです。
また、地域によっては、根らっきょうがエシャロットと呼ばれる事もあると言われています。
エシャロットは、フランス料理だけでなく、中華料理やアラブ料理にも使われているそうです。

エシャロットの有名産地

エシャロットの産地は、どこなのでしょうか。
エシャロットは、元々中東原産の野菜で、十字軍がヨーロッパに持ち帰り、ヨーロッパで有名になったと言われています。
その為、エシャロットは、フランス料理などに必ず使われていますし、エシャロットの収穫量、消費量は、フランスやベルギーが非常に多いと言えるでしょう。
日本国内に流通しているエシャロットのほとんどは、海外からの輸入ですが、静岡県では、国産のエシャロットを栽培しており、マヨネーズなどをつけてらっきょうのように、丸かじりで食べる事が良くあるそうです。
ちなみに、エシャロットは、中国から日本に伝わった野菜だと言われています。

エシャロットの種類

エシャロットとは、どんな種類の野菜なのでしょうか。
エシャロットは、中東原産の野菜のひとつで、鱗茎の皮の色がたまねぎの皮にとても似ており、細長の身の形は、らっきょうに似ていると言われています。
このエシャロットは、主にフランス料理で使われており、日本国内では、らっきょうとしてマヨネーズや味噌で食べられる事が多いようです。
しかし、日本食には、エシャロットを使ったレシピがほとんど無いため、国内での知名度は低く、市場に出ているエシャロットの多くは、海外からの輸入品だと言われています。
また、エシャロットは、ネギ科の野菜なので、栄養面ではたまねぎにとても近く、健康にも良い野菜だと言えるでしょう。

エシャロットの保存方法

エシャロットは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
エシャロットは、たまねぎのような皮がついている野菜なので、寒い時期なら涼しい場所で常温保存も可能です。
ただ、夏など、気温が高い場合には、新聞紙に包んでから冷蔵庫に入れて保存するのが良いと言われています。
エシャロットは、出荷する前に熟成期間がありますから、比較的長持ちする野菜なのですが、長期保存する場合には、そのままよりも、ビネガーに漬け込む方法がオススメです。
また、エシャロットの皮をむいてから、そのまま冷凍するという方法もあるので、好みに合わせて保存方法も変えるのが良いでしょう。

エシャロットの食べ方

エシャロットは、どんな食べ方が出来るのでしょうか。
エシャロットは、見た目がらっきょうに似ていますが、基本的にたまねぎやセロリの食べ方と同じように使うのが良いと言われています。
例えば、エシャロットを他の野菜と一緒にスープにしたり、パスタソースに加えるのも良いでしょう。
味がたまねぎにも似ているので、トマトと合わせてマリネにしてもおいしいですし、生のまま、マヨネーズをつけて丸かじりという方法もあります。
さらに、エシャロットを天ぷらにしたり、ガーリック炒めにするのもオススメです。
日本人にはあまり馴染みの無いエシャロットですが、その調理法は沢山あると言えるでしょう。

エシャロットの簡単な定番レシピ

エシャロットには、どんなレシピがあるのでしょうか。
エシャロットは、フランス料理によく使われている食材ですが、フランス料理ほど手間をかけられない場合には、エシャロットのマリネがオススメです。
材料は、エシャロット5本~6本、トマト2個(中)、ハーブドレッシング50cc~60cc、イタリアンパセリ2本、塩こしょうです。
まず、トマトを洗ってからスライスし、エシャロットをみじん切りにして、パセリも粗く刻みます。
器にトマトを並べたら、エシャロット、イタリアンパセリを散らして、ハーブドレッシングをかけ、冷蔵庫で30分ほど冷やし、塩こしょうで味を整えたら出来上がりです。

エシャロットの栽培

エシャロットは、自分でも栽培出来るのでしょうか。
エシャロットは、プランターでも栽培が可能な野菜だと言われています。
エシャロットの植え付けの時期は、8月中旬~9月中旬で、プランターは、60センチ~65センチの物を選ぶのが良いでしょう。
植え付けの前に、肥料入りの土を混ぜて数日置いておき、エシャロットの種球の太い方を下にして7センチ間隔で置いていき、種球の半分が隠れる位まで、土をかけます。
水は土が乾く前にしっかりとあげる事が大切で、3月下旬~4月の下旬にかけて収穫時期となり、特に暖地では、植え付けから収穫までの期間が、冷涼地に比べて短いと言えるでしょう。