れんこん

れんこんがわかる!その魅力とは

れんこんの魅力とはなんでしょうか。
れんこんは、煮物などにしても食感が良く、栄養も沢山ある事だと言われています。
まず、れんこんは、シャキシャキした食感が特徴的な野菜で、長時間火に通しても煮崩れしにくいと言われています。
天ぷらにしても食感が良く、風味がシンプルで色々な料理に合いやすいと言うのも、大きな魅力だと言えるでしょう。
また、れんこんには、豊富な食物繊維カリウム、ムチンが含まれており、便秘解消や高血圧予防、胃腸の粘膜を強くして、胃もたれを解消する効果があると言われています。
調理自体もそこまで難しくないので、積極的にレシピに加えてみると良いでしょう。

れんこんの栄養と効能

れんこんには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
れんこんは、切った時に独特のヌメリがありますが、これはムチンというヌメリ成分で、胃腸の粘膜を強くするため、胃もたれや胃潰瘍などの予防に効果があると言われています。
また、れんこんには、高血圧を予防するカリウムや、便秘解消に効果的な食物繊維が含まれているため、日常的に少しずつ食べるのが良いでしょう。
さらに、れんこんを切ると、切り口がすぐに変色してしまいますが、これは、タンニンという栄養分が影響していて、このタンニンには、アンチエイジングや、炎症を抑える効果もあると言われています。

れんこんのカロリー

れんこんには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
れんこんには、100gあたり66カロリーが含まれています。
れんこんは、イモ類の野菜なので、お腹に溜まりやすい分、カロリーも高いと言えるでしょう。
小さなれんこんの場合でも、100gほどになりますから、煮物や天ぷらにする場合にも、カロリーは高めになるのですが、れんこんには胃腸の粘膜を強くしたり、便秘解消にも効果があるので、その点では、ヘルシーな野菜だと言われています。
ちなみに。れんこんは、煮込んでもカロリーが変わりませんが、煮物にする事で、他の野菜との栄養バランスが良くなると言えるでしょう。

おいしいれんこんの見分け方

れんこんは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
まず、れんこんは、皮全体にツヤが有り、色合いが黄色~褐色と、色合いも優しい物を選ぶのが良いと言われています。
また、全体に膨らみがあるのも重要で、小さいサイズの物でも、丸みがあるものを選ぶのが良いでしょう。
さらに、カットしてあるれんこんの場合には、れんこんの穴が小さく、中身が肉厚な物の方が、食感が良くおいしいと言われているので、しっかりとチェックしましょう。
ちなみに、切り口が変色しているもの、皮に大きい傷があるものは、その部分から傷みやすくなるので、出来るだけ避けた方が良いと言われています。

れんこんの価格の目安

れんこんは、いくらぐらいで購入出来るのでしょうか。
これは、時期や品種によっても異なりますが、小さめのサイズのれんこんなら100gあたり100円ほどで購入出来ると言われています。
ただ、小さいサイズでも、大体200gほどはありますから、れんこん1つにあたり200円~というのが一般的な価格だと言えるでしょう。
また、高級なれんこんになると、サイズも大きくなる分、価格も1つあたり500円ほどと高くなるので、どんな種類のれんこんを選ぶかによっても、価格は大きく異なると言われています。
ちなみに、インターネットでは、れんこんをまとめ買いすると、価格が安くなる場合もよくあるそうです。

れんこんの有名産地

れんこんの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
国内のれんこんの産地として有名なのが、茨城県です。
茨城県では、国内産れんこんのほぼ半数を出荷していると言えるでしょう。
茨城県の他には、徳島県や愛知県、佐賀県などの気候が暖かい地方でも育てられていますが、その3県合わせても出荷量は25%ほどだと言われています。
また、海外でれんこんの出荷を行っているのは、エチオピアやパキスタンで、エチオピアでは、れんこんなどのイモ類を主食にしている事が多く、その分収穫量も多いと言えるでしょう。
ただ、日本は地理的にも近いインドネシアから、れんこんを輸入する事の方が多いようです。

れんこんの種類

れんこんには、どんな種類があるのでしょうか。
れんこんは、大きく2つに別れます。
1つ目は、中国種群という種類で、中国から導入した品種ですが、日本国内で流通しているれんこんのほとんどは、この中国種群だと言われています。
その中でも、特に多く栽培されているのが、「だるま」「金澄(かなすみ)」の品種で、全体が太く丸みがあるのが特徴です。
2つ目は、在来種群という種類で、中国種群よりも日本での歴史は長いのですが、中国種群に比べると小ぶりで細いのが特徴だと言えるでしょう。
ただ、その分、食感が柔らかく、風味も良いのですが、栽培が難しいため、あまり一般には出回っていないと言われています。

れんこんの保存方法

れんこんは、どんな風に保存すると、長持ちするのでしょうか。
れんこんは、スーパーなどでカットされた状態で販売されている事が多いのですが、その場合には、しっかりと切り口をラップに包んで冷蔵庫の野菜室で保存します。
保存期間は、夏のれんこんの場合には傷みやすいため、購入から3日ほどで食べきるのが良く、それ以外の季節のれんこんでも、購入から5日以内には使い切るのがいいでしょう。
すぐに使い切れない場合には、れんこんを5ミリほどに切ってから固茹でにして、水気を拭いてから冷凍庫で保存する事も可能です。
この場合には、1ヶ月ほどの保存が可能で、解凍後もすぐに使えるのが大きなメリットだと言えるでしょう。

れんこんの食べ方

れんこんは、どんな風に食べる野菜なのでしょうか。
れんこんは、和食に使われる野菜で難しいというイメージがある方も多いのですが、れんこんの食べ方は、知られている以上に簡単です。
れんこんは、きんぴらなどの煮物、天ぷらにするのもおいしいと言われており、中には、15分ほどで出来る簡単なレシピもあると言えるでしょう。
ただ、れんこんにはアクが含まれているので、調理する前に切ってから酢水に浸したり、下茹でをする必要がありますが、そこまで難しい事ではないと言われています。
ちなみに、下ゆでしたれんこんは、炒め物や和え物にも使えるので、色々な食べ方を試してみるのがオススメです。

れんこんの簡単な定番レシピ

れんこんと言えば、やはり煮物にするのがおいしいと言われています。
れんこんのきんぴらは、材料が2人分で、れんこん200g、角こんにゃく100g、ニンジン50g、豚肉細切れ50g、ごま油大さじ1、ごま大さじ1、砂糖小さじ1です。
さらに、煮汁の材料が料理酒100cc、みりん大さじ3、醤油大さじ1、だしの素小さじ1です。
まず、れんこんを輪切りにして、酢水につけておき、角こんにゃく、ニンジンは細切りにします。
鍋にごま油を敷いて、肉、砂糖を炒めてから、れんこん、角こんにゃく、ニンジン、ごまを加えて炒めます。
そこに、煮汁の材料を加えて、好みで七味唐辛子をかけ、10分ほど煮汁が無くなるまでに込んだら出来上がりです。

れんこんの栽培

れんこんは、どんな風に栽培出来るのでしょうか。
れんこんは、畑でないと根が深く育たないので、ある程度の広さが必要になります。
まずは、畑の清掃を2月下旬~3月上旬に行う必要があり、代掻きも数回行った方が、れんこんが育ちやすくなると言われています。
れんこんの植え付けは、4月上旬に行い、5月には草取りをして、肥料を少量まくと良いでしょう。
6月~7月には花が開花するので、7月下旬~8月上旬に茎倒しをして、その5日~40日ほどで、収穫を行いますが、れんこんの根はとても深いため、土を少しずつ掘りながら収穫する必要があります。
この時に、れんこんの根が折れてしまう事もあるので、収穫は注意深く行いましょう。