レタス

レタスがわかる!その魅力とは

レタスの魅力とはなんでしょうか。
レタスの魅力は、一年通して食べる事が出来、サラダやサンドイッチなど、様々なレシピに応用出来る事だと言われています。
まず、レタスと言えば、夏野菜なのですが、産地によって出荷の時期をずらしているため、夏以外の季節でも、安定した供給があるのが大きな魅力です。
夏レタスと言えば、長野県や群馬県ですが、秋・冬レタスは、茨城県など、その地方の気候に合わせて栽培出来るのも、レタスの特徴だと言えるでしょう。また、レタスは、毎食に添えるサラダとしてだけでなく、サンドイッチやハンバーガーのトッピングや、スープ、炒め物の具材としても使えるのも、大きな魅力だと言われています。

レタスの栄養と効能

レタスには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
まず、玉レタスには、カリウムや葉酸が含まれています。
レタスの約95%は、水分で出来ていますから、玉レタスに含まれている栄養素はそこまで多くないのですが、体を冷やす効果があるので、夏場には沢山食べるのが良いそうです。
また、サニーレタスなどの葉レタスには、玉レタスと比べて、栄養素が多く含まれており、カリウムや葉酸の他にも、カルシウムやβカロテン、カルシウムなどが含まれていると言えるでしょう。
その為、日常的に葉レタスを食べると、貧血予防や骨を強化する効果だけでなく、アンチエイジングの効果も高いと言われています。

レタスのカロリー

レタスには、どれくらいのカロリーがあるのでしょうか。
レタスには、100gあたり12カロリーが含まれていると言われています。
これは、全体が丸くなっている玉レタスのカロリー数で、水分量が多い分、ヘルシーな野菜だと言えるでしょう。
また、葉レタスのカロリーは、14カロリー~20カロリーほどと、品種によって異なりますが、玉レタスに比べると、栄養素が数倍多く含まれていると言われています。
ちなみに、レタスはサラダとして食べられる事が多く、ダイエット中の方は、毎食かかさずに食べている場合もあるのですが、メインディッシュを食べる前に、沢山一サラダを食べるのが、一番ダイエットに効果的な食べ方だと言えるでしょう。

おいしいレタスの見分け方

レタスは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
玉レタスは、全体の丸みが有り、葉っぱの巻きがふんわりとしていて、葉っぱ全体がみずみずしい物を選びます。
小さめのレタスの場合にも、全体がふんわりとしている物の方が、食感も良いですし、甘みもあると言えるでしょう。
また、レタスを持って、重みがあるものを選ぶ方も多いのですが、量よりも味を重視するなら、サイズが大きくても、あまり大きすぎない物の方が良いと言われています。
さらに、芯の部分の大きさが、10円玉程度で小さめの物を選ぶのも大切で、芯が赤くなっていない物を選ぶようにすると良いでしょう。

レタスの価格の目安

レタスの価格は、いくらぐらいが目安なのでしょうか。
これは、レタスの種類によっても異なりますが、一般的な玉レタスの場合には、1玉150円~260円ほどだと言われています。
レタスの価格は、その年のレタスの収穫量によって異なり、冷夏など、収穫が少ない年には、スーパーでも驚くほど値段が上がると言えるでしょう。
また、サニーレタスの価格は230円~270円ほどと、玉レタスに比べると少し高めですが、栄養素が玉レタスよりも高く、一枚ずつ葉っぱを剥がす手間が省けるのが魅力だと言われています。
ちなみに、レタスは、1年通して購入出来ますが、夏レタスの方が栄養素も高く、おいしいと言えるでしょう。

レタスの有名産地

レタスの産地と言えば、どこでしょうか。
日本一のレタスの産地と言えば、長野県です。
長野県では、夏レタスを主に栽培しており、国内で出荷される30%以上をしめていると言えるでしょう。
その次に、レタスを多く栽培しているのが、茨城県で、こちらでは主に秋・冬レタスを出荷しています。
気候に合わせて出荷時期をずらす事で、年間通してレタスが手に入ると言えるでしょう。
また、群馬県でも、夏レタスを栽培しているそうです。
さらに、海外からの輸入レタスは、台湾とアメリカからがほとんどで、冬や春レタスの出荷量を輸入品でカバーしていると言えるでしょう。

レタスの種類

レタスには、どんな種類があるのでしょうか。
レタスは、大きく分けて、玉レタス、葉レタスに別れます。
日本国内では、丸まった玉レタスの方が一般的で、水分が多く食感がシャキシャキとしているため、人気が高いと言われています。
玉レタスには、ステディー、マイヤー、コロラドなどの品種がありますが、一般の方にとっては、あまり見分けがつかないと言えるでしょう。
そして、葉レタスは、葉っぱが丸くなっていない種類のレタスで、赤い葉っぱのサニーレタスや、葉っぱが分厚いサラダ菜、シーザーサラダに使われるロメインレタスなどの種類に分かれています。
ちなみに、海外では、葉レタスの方が一般的だと言えるでしょう。

レタスの保存方法

レタスは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
レタスは、乾燥に非常に弱いので、水で湿らせたキッチンペーパーや、湿らせた新聞紙を巻いてからポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室に保存すると良いそうです。
こうする事で、葉っぱの食感もいい状態で保たれると言えるでしょう。
そして、芯の部分にも、濡らしたキッチンペーパーを部分的に当てておく事で、普通に保存するよりも長持ちするようになると言われています。
さらに、レタスをカットする時には、半分にカットするのではなく、外側の葉っぱから剥がして行くようにすると、傷みにくくなると言えるでしょう。
ただ、長期保存は出来ない野菜なので、購入から5日以内には食べきった方がいいそうです。

レタスの食べ方

玉レタスが沢山ある場合には、どんな風に消費したら良いのでしょうか。
レタスというと、生のままサラダにして食べるのが一般的ですが、あまりにも沢山の量があると、食べていて飽きてしまいますから、スープに入れたり、炒め物にするのがオススメです。
特に、レタスの炒め物というと、意外に感じる~も多いのですが、お肉とも相性が良いですし、オイスターソースなど、中華ソースとも合うので、おいしいと言えるでしょう。
ただ、レタスのシャキシャキ感を残す為にも、炒め物の最後にレタスを入れるのがポイントで、そこまで火を通しすぎない方が良いそうです。
ちなみに、レタスは、フルーツと一緒にジュースにしてもおいしいと言われています。

レタスの簡単な定番レシピ

レタスの定番レシピと言えばなんでしょうか。
レタスは、ビタミンCなどを含んでいる野菜なので、生で食べるのが一番栄養素を多く摂取出来ると言われています。
ただ、食感では玉レタス、栄養面では葉レタスの方が優れていますから、出来るなら、いくつかの種類のレタスをミックスして、サラダにするのが良いでしょう。
特に、玉レタスとサラダ菜は苦みが無いので、一番食べやすいレタスの組み合わせですし、苦みがある方が好きな方は、サニーレタスやロメインレタスを合わせるのが良いでしょう。
また、レタスによって、ドレッシングやサラダのアレンジも少し異なるので、色々なスタイルを楽しんでみるのがオススメです。

レタスの栽培

レタスは、一般家庭でも栽培出来るのでしょうか。
レタスは、プランターでも栽培出来る野菜なので、初めての方でも栽培する事が可能です。
玉レタスの種まきは、中間地で4月上旬~下旬、暖地では1週間ほど早く、冷涼地では1ヶ月ほど遅らせても大丈夫だと言われています。
初めての場合には、苗から栽培するのもオススメで、ホームセンターなどで購入出来ると言えるでしょう。
レタスは、風通し、水はけが良い土を好むため、気温が23度以上になる場合には、涼しい場所に移す必要があるそうです。
追肥は、苗を植えてから2週間後から始めて、2週間おきに10gほど肥料を与えれば、植え付けから2ヶ月ほどで収穫出来るそうです。