プリーツレタス

プリーツレタスがわかる!その魅力とは

プリーツレタスの魅力とはなんでしょうか。
プリーツレタスの魅力は、見た目がきれいで、栄養価が高い事だと言われています。
プリーツレタスは、非結球型のレタスで、葉っぱの先が縮れていて、切り込んでいるので、サラダにした時に見た目がきれいなのが一番の魅力です。
また、普通のレタスに比べて、ビタミンAなどの栄養素が、約10倍含まれているため、少し食べるだけでも、体にいいというポイントもあります。
プリーツレタスは、リーフレタスとも呼ばれる事があり、品種によって葉っぱの形も異なるので、色々な種類のレタスを楽しめるのも、大きな魅力だと言えるでしょう。

プリーツレタスの栄養と効能

プリーツレタスには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
プリーツレタスには、豊富なβカロテン、カルシウム、カリウムなどが含まれています。
βカロテンは、疲労回復や抗酸化作用があると言われており、主に緑黄色野菜に多く含まれているそうです。
プリーツレタスに含まれるβカロテンの量は、普通のレタスの10倍とも言われている為、日常的に食べると、健康にも良いと言えるでしょう。
また、プリーツレタスに含まれるカルシウムは骨を強化する効果があり、カリウムには、体に溜まった塩分を体外に排出して、むくみ解消や高血圧予防の効果があると言われています。

プリーツレタスのカロリー

プリーツレタスには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
プリーツレタスには、100gあたり16カロリーが含まれています。
これはレタスの中では、平均的な数字で、サラダにすると低カロリーのヘルシーメニューになると言えるでしょう。
そして、プリーツレタスには、他のレタスに比べて、βカロテンが豊富に含まれているため、玉レタスを沢山食べるよりも、体に良いと言われています。
ただ、プリーツレタス自体のカロリーが低くても、使うドレッシングによってはカロリーが高くなってしまうので、サラダに使う野菜だけでなく、ドレッシングもヘルシーな物を選ぶ必要があるでしょう。

おいしいプリーツレタスの見分け方

プリーツレタスは、どんな風においしさを見分けたら良いのでしょうか。
プリーツレタスは、葉っぱの先が縮れているのが特徴なので、選ぶ時にも、縮れが細かい物を選ぶのが良いと言われています。
縮れが細かい方が、サラダにした時の見た目が良くなるので、購入する前にしっかりとチェックするのが良いでしょう。
また、プリーツレタスはあまり重いものよりも、ふんわりと葉っぱが広がって軽い物の方がおいしく、色が濃い物の方が、栄養分が多いと言われています。
ちなみに、プリーツレタスは、乾燥に弱く、時間が経つとしなびてしまうので、葉っぱが立っている物を選ぶのが良いでしょう。

プリーツレタスの価格の目安

プリーツレタスは、いくらぐらいで購入出来るのでしょうか。
プリーツレタスの価格は、1袋あたり400円ほどすると言われています。
プリーツレタスは、葉っぱの先が波を売ったように細かく縮れている種類のレタスで、あまり市場に出回っていない為、価格も少し高めになると言えるでしょう。
ただ、プリーツレタスは、見た目が可愛らしいので、サラダにするとオシャレですし、パーティーなどの特別な席には、オススメです。
また、プリーツレタスの種も販売されており、家庭菜園でも育てる事が出来るので、自家栽培に興味のある方は、プリーツレタスを育ててみるのも良いでしょう。

プリーツレタスの有名産地

プリーツレタスの産地は、どこが有名なのでしょうか。
プリーツレタスは、日本国内ではあまり栽培されていないのですが、レタスの産地として日本一の長野県では、プリーツレタスも一部で栽培していると言われています。
レタスの栽培は、春レタスが茨城県、夏・秋レタスが長野県、群馬県と言われており、栽培用のプリーツレタスの種を販売している業者も多いと言えるでしょう。
また、プリーツレタスは、サニーレタスなどに比べると、農家での栽培量が少ないため、その点では、ネット通販などを使わないと、あまり手に入らない種類のレタスだと言われています。

プリーツレタスの種類

プリーツレタスとは、どんな種類の野菜なのでしょうか。
レタスには、玉レタス、葉レタスなどの種類がありますが、プリーツレタスの場合には、葉レタスの一種で、葉っぱの先が縮れているのが特徴です。
プリーツレタスは、リーフレタス、葉チシャと呼ばれる事もあるのですが、品種によって、葉っぱの縮れ具合が変わってくると言えるでしょう。
ただ、日本国内では、プリーツレタス自体が、あまりポピュラーなレタスではないので、沢山の種類のプリーツレタスを見つける事は難しいと言われています。
また、プリーツレタスに似た種類には、サニーレタスがありますが、色合いや、風味は異なると言えるでしょう。

プリーツレタスの保存方法

プリーツレタスは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
プリーツレタスは乾燥に弱い為、冷蔵庫に入れる前に、軽く濡らした新聞紙に包み、ビニール袋に入れるのがいいでしょう。
また、プリーツレタスに直接霧吹きで水を吹きかけるのも、乾燥を避けるのに有効だと言われています。
さらに、プリーツレタスを冷蔵庫に入れる時には、葉っぱの先が上に向くように入れる事で、長持ちしやすくなると言えるでしょう。
ちなみに、プリーツレタスは、サラダやサンドイッチなどに入れて食べると、早く消費出来ますし、生食の方が、栄養分が多く摂取出来ると言われています。

プリーツレタスの食べ方

プリーツレタスを沢山消費出来る食べ方はなんでしょうか。
プリーツレタスは、見た目が良いので、サラダにするのが一般的ですが、大量に手に入った場合には、オイスターソースで炒めるのもおいしいと言われています。
作り方は簡単で、ちぎったレタスをごま油で炒め、オイスターソースをからめてから、お酢をかけるだけで、一緒に豚肉を使うのもオススメです。
また、卵と一緒に塩こしょう、醤油で炒めるのもシンプルですがおいしく、ベーコンやハムを加えても、コクが出ておいしいと言えるでしょう。
プリーツレタスは、知られている以上に、色々な食べ方が出来る野菜なのです。

プリーツレタスの簡単な定番レシピ

プリーツレタスの簡単レシピには、どんなものがあるのでしょうか。
プリーツレタスは、葉っぱの先の縮れがキレイなレタスなので、シンプルにサラダにするのがオススメです。
ただ、プリーツレタスだけでは、少し物足りない方は、ベーコンを添えたり、茹でたエビを乗せるのも良いでしょう。
シンプルにきゅうりやトマトと合わせてグリーンサラダにしてもおいしいと言われています。
さらに、プリーツレタスは、見た目が良いので、ハンバーグや鶏肉の炒め物の下に敷いても料理が引き立つと言えるでしょう。
サンドイッチとも相性がいいので、色々なレシピに使ってみるのがオススメです。

プリーツレタスの栽培

プリーツレタスは、種まきから60日ほどで収穫出来る野菜なので、初めての方でも簡単に栽培出来ます。
プリーツレタスの種まきは、2月中旬~4月上旬で、植え付けの場合には、3月中旬~5月上旬までに行います。
そして、追肥・土寄せは4月中旬~6月の上旬に行い常にたっぷりと水をあげる必要があるでしょう。
また、あまり気温が高くなると、プリーツレタスが育ちにくくなるので、気温が20度以上になる場合には、日よけを作ってあげるのが良いそうです。
収穫は5月中旬~6月中旬に行う事が出来、寒冷地、暖地、秋まきの場合には、また栽培時期が異なると言えるでしょう。