シルクレタス

シルクレタスがわかる!その魅力とは

シルクレタスの魅力とは、なんでしょうか。
シルクレタスの魅力は、独特の歯ごたえと、ほろ苦さだと言われています。
シルクレタスは、見た目が赤く、サニーレタスと似たほろ苦さがある品種で、見た目が華やかなので、イタリアンサラダには、頻繁に使われていると言えるでしょう。
ただ、残念な事に、シルクレタスはサニーレタスと比べると、知名度も人気も国内では低く、あまり一般のスーパーでは、販売されていないようです。
シルクレタスの特徴は、ある程度サニーレタスでカバー出来るため、わざわざシルクレタスを選ぶ人が少ないのも、市場が広がりにくい要因だと言えるでしょう。

シルクレタスの栄養と効能

シルクレタスには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
シルクレタスには、ビタミンA、食物繊維などが豊富に含まれています。
特に、赤い色が濃い外側の葉っぱには、栄養分が多く含まれていると言われており、シルクレタスを選ぶ時にも、色が濃い物を選んだほうが良いと言えるでしょう。
また、シルクレタスは、イタリアで多く食べられているレタスですが、シルクレタスを食べる事で、鎮痛効果や催眠効果があると言われており、睡眠不足の方は、いつもより多めにシルクレタスを食べた方が良いと言われています。
他の種類のレタスにも同様の効果があるようなので、シルクレタスの代用は可能でしょう。

シルクレタスのカロリー

シルクレタスには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
シルクレタスには、100gあたり、16カロリーが含まれていると言われています。
シルクレタスは、見た目がサニーレタスにも似ている非結球型レタスで、カロリーは低く、玉レタスに比べて、豊富な栄養分を含んでいるのが特徴です。
また、シルクレタスは、ダイエットにもおすすめの食材で、サラダだけでなく、デトックススープの具材にするのも良いでしょう。
シルクレタスには、豊富な食物繊維が含まれているため、便秘解消にも効果がありますし、スープならシルクレタスの苦みが苦手な方でも、食べやすくなると言われています。

おいしいシルクレタスの見分け方

シルクレタスは、どこでおいしさを見分ければ良いのでしょうか。
シルクレタスは、サニーレタスと見た目が似ており、おいしさを見分けるポイントも、とても近いと言われています。
まず、おいしいシルクレタスは、葉っぱ全体がみずみずしく、ツヤがあり、あまりサイズが大きすぎない物を選ぶのが良いでしょう。
大きいシルクレタスは、その分、苦みが強い場合が多いので、あまり大きすぎない物を選ぶ事が大切なのです。
また、切り口は小さめで白い物を選ぶのが良く、切り口が赤くなっている物は、収穫から時間が経っている証拠なので、出来るだけ避けた方が良いでしょう。

シルクレタスの価格の目安

シルクレタスの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
シルクレタスの価格は、一袋あたり350円ほどで購入出来ると言われています。
シルクレタスは、ピンクロッサと呼ばれている品種で、あまり国内では流通していないため、一般のスーパーで見つける事は難しいと言えるでしょう。
また、シルクレタスの種は、一袋あたり、500円ほどで販売されており、ネットを通せば、業務用の大袋パックも購入出来るようです。
シルクレタスは、赤いリーフレタスの一種で、主にイタリアンサラダに多く使われる品種で、日本国内では、野菜としてのシルクレタスよりも、自家栽培用の種の方が、手に入りやすいと言えるでしょう。

シルクレタスの有名産地

シルクレタスの産地は、どこが有名なのでしょうか。
シルクレタスは、元々ヨーロッパで食べられていたリーフレタスの一種で、刃先が赤く、苦みがあるという点では、サニーレタスにも似ています。
現在でも、イタリアのサラダには、シルクレタスが使われる事が多いのですが、日本国内では、サニーレタスの人気が高いため、シルクレタスを栽培している農家自体があまり無いと言えるでしょう。
もちろん、レタスの産地として有名な長野県では、シルクレタスの栽培をおこなっていますし、最近では、熊本県でもシルクレタスの栽培をしているようです。
ただ、一般のスーパーでは、なかなか扱われないレタスの品種になるので、ネット通販などを使わないと入手出来ない場合が多そうです。

シルクレタスの種類

シルクレタスとは、どんな種類のレタスなのでしょうか。
シルクレタスは、ピンクロッサと呼ばれる事もあるレタスの一種で、非結球型で、葉っぱの先が赤くなっているのが特徴です。
シルクレタスは歯触りが良く、少し苦みもあるので、特徴がサニーレタスにも似ているのですが、日本国内では知名度が低い分、あまり流通していない種類だと言えるでしょう。
また、シルクレタスには、普通のレタスと比べると、βカロテンが12倍、食物繊維が8倍、ビタミンCが5倍と、豊富な栄養分が含まれているそうです。
特に、ヨーロッパを中心に食べられているレタスなので、ヨーロッパ野菜としての位置づけが強いと言えるでしょう。

シルクレタスの保存方法

シルクレタスは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
シルクレタスは、ビニール袋に入れて、野菜室で保存するのが基本です。
シルクレタスは乾燥に弱いので、保存する際には、濡らした新聞紙に包んだほうが、長持ちしやすいと言えるでしょう。
また、毎回洗うのが面倒くさいという場合には、最初に葉っぱをばらして洗ってから、保存すると言う方法もおすすめです。
さらに、少ししんなりしたシルクレタスでも、サラダにする前に氷水に浸すと、葉っぱがしまって、シャキシャキとした食感が戻るので、おいしいサラダを作るポイントとして覚えておくと良いでしょう。

シルクレタスの食べ方

シルクレタスは、加熱する料理にも使えるのでしょうか。
シルクレタスは、シャキシャキとした食感と苦みが特徴的なレタスで、スープや炒め物など、火を通す料理法でも、おいしく食べられると言われています。
ただ、あまり火を通しすぎると、せっかくの食感も無くなってしまうので、あくまで出来上がりの直前にシルクレタスを入れて、少しだけ加熱するのが良いでしょう。
シルクレタスには、豊富なビタミンCも含まれていますが、加熱時間が長いと、ビタミンCが壊れて、溶け出してしまうので、あくまでさっと火に通す程度が良いと言われています。
ちなみに、シルクレタスは、お肉や魚とも相性がいい野菜だと言われています。

シルクレタスの簡単な定番レシピ

シルクレタスの定番レシピと言えば、なんでしょうか。
シルクレタスは、サラダにする事が多く、少しシルクレタスを加えるだけでも、色合いが良くなると言えるでしょう。
シルクレタスは、イタリアで良く食べられているレタスなので、イタリアンドレッシングで、シーフードと一緒に仕上げるのもおいしいと言われています。
また、シルクレタスの苦みを和らげたい場合には、サンドイッチやハンバーガーのトッピングに使うのがオススメです。
例えば、ツナサンドの玉レタスの代わりにシルクレタスを挟み込めば、さほど苦みも感じませんし、中身によっては、沢山シルクレタスを消費出来ると言えるでしょう。

シルクレタスの栽培

シルクレタスは、自宅でも栽培出来るのでしょうか。
シルクレタスの種は、ホームセンターやネット通販などで販売されているので、一般の方でも、購入出来ると言えるでしょう。
シルクレタスの種まきは、1月上旬~3月中旬、または、8月中旬~9月上旬に行い、栽培する土地の気温によって、時期も若干異なると言われています。
発芽は種まきから2週間ほどで、気温が高い土地の場合には、シートでトンネルをかけてあげた方が、成長が早くなると言えるでしょう。
また、収穫は、種まきから90日ほどで、赤い色が強い方が、栄養素は多く含まれておりおいしいと言われています。