サニーレタス

サニーレタスがわかる!その魅力とは

サニーレタスの魅力とはなんでしょうか。
サニーレタスの魅力は、独特の苦みと栄養素の高さだと言われています。
まず、サニーレタスは、リーフレタスの代表格と言われており、日本国内でも最近はかなりポピュラーなレタスの種類になってきました。
サニーレタスは、葉っぱが柔らかく、少し苦みがあるのが特徴で、柔らかいサラダが好きな人には、人気が高いと言われています。
また、サニーレタスには、βカロテンや、ビタミンC、葉酸、カルシウムなどの栄養素が、他のレタスと比べると豊富に含まれているのも大きな魅力です。
さらに、赤いサニーレタスは、色合いも良いので、食卓を彩るのには頻繁に使われると言えるでしょう。

サニーレタスの栄養と効能

サニーレタスには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
サニーレタスは、レタスの中でも、βカロテン、ビタミンC、カルシウム、葉酸などが豊富に含まれていると言われています。
特に多く含まれているβカロテンは、がん予防、老化防止の効果があるといわれており、風邪予防にも有効だと言えるでしょう。
また、肌をきれいにする効果も高いと言われています。
さらに、サニーレタスに含まれるビタミンCは、疲労回復効果が高く、根を強くするカルシウムや、貧血予防にも有効な葉酸なども含まれているので、栄養バランスの良い食材として知られています。
日常的に、サニーレタスを食べる事で、健康への効果も高くなるでしょう。

サニーレタスのカロリー

サニーレタスには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
サニーレタスには、100gあたり16カロリーが含まれていると言われています。
サニーレタスは、玉レタスに比べると、若干苦みがあり、葉っぱが柔らかいのが特徴で、カロリーは低いのですが、栄養分は多いと言えるでしょう。
その為、サニーレタスは、ダイエット中の方にもおすすめのレタスですし、サンチュのように巻いて食べられるのも、大きな魅力だと言われています。
ちなみに、サニーレタスの栄養分を沢山摂取するには、熱を通して調理するよりも、生のままサラダにして食べるのが一番だと言えるでしょう。

おいしいサニーレタスの見分け方

サニーレタスは、どんな風においしさを見分けたら良いのでしょうか。
サニーレタスは、リーフレタスの一種なので、葉っぱ全体が大きくて、色が濃い物を選ぶのが良いと言われています。
サニーレタスは、色が緑だけでなく、葉っぱの先が赤い物のが特徴なので、色が薄い物よりも、色味が濃い方が栄養素も濃く、おいしいと言えるでしょう。
また、サニーレタスは、1年通して流通していますが、春に出回るサニーレタスの場合には、持った時に少し軽い物の方が、甘みがあると言われています。
ちなみに、サニーレタスは収穫から時間が経つと、葉っぱがしんなりして、葉の先が変色しますから、その場合には、早めに使い切った方が良いでしょう。

サニーレタスの価格の目安

サニーレタスの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
サニーレタスは、一束で230円~270円ほどすると言われています。
サニーレタスは、一般のスーパーでも広く販売されていますが、価格は地域によって多少異なり、レタスの産地として有名な長野県では、特に安く手に入ると言えるでしょう。
また、サニーレタスは、ネットでも販売されており、まとめ買いをするなら、ネットで購入するのもおすすめです。
ネットでは、産地から直送される場合が多く、他の野菜と合わせてまとめ買いする場合には、送料が割引される事もあるので、沢山野菜を消費する家庭なら、メリットが大きいと言えるでしょう。

サニーレタスの有名産地

サニーレタスの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
サニーレタスは、長野県で多く出荷されているレタスです。
長野県のレタス収穫量は日本一で、玉レタスの産地としても知られていますが、時期をずらして、サニーレタスを栽培している農家も多いと言えるでしょう。
また、サニーレタスは、岩手県や茨城県などでも多く栽培されていますが、長野県の標高が高く、温度が低い地域とは、季節をずらして出荷しているので、1年通して新鮮なサニーレタスが手に入ると言われています。
ちなみに、サニーレタスは、最近になってスーパーでも多く扱われるようになりましたが、元々は、洋食レストランなど、業務用に使われる事がメインだったそうです。

サニーレタスの種類

サニーレタスには、どんな種類があるのでしょうか。
サニーレタスは、レタスの中でも、葉レタス、レッドレタス、チリメンチシャと呼ばれる種類で、非結球型のレタスです。
このサニーレタスは、葉っぱの色が赤いのが特徴で、普通の玉レタスと異なり、葉っぱを一枚ずつ剥がす必要が無いので、手間が少ない種類だと言えるでしょう。
サニーレタスには、「サニーレタス」という品種の他に、「サニーレタス(レッドウェーブ)」や「サニーレタス(にしなべに)」などの種類があり、マザーレッドなど、種の販売元によって、品種も大きく異なると言われています。
また、最近では、苦みの少ない品種も改良されているそうです。

サニーレタスの保存方法

サニーレタスは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
サニーレタスは、新聞紙に包んでから冷蔵庫の野菜室に保存するのが基本ですが、毎回食べる度に洗うのが面倒な方は、最初に洗ってから保存するという方法もあります。
まずは、サニーレタスの葉っぱを1枚ずつ取って、ボールで水洗いしてから軽く水気を拭き取り、大きい葉っぱから重ねます。
ジップロックに、濡れたキッチンペーパーまたはふきんを敷いて、間にサニーレタスの束を挟み込んで、空気を抜いてからジップロックを閉じ、野菜室で保存します。
こうする事で、毎度の手間が省けますし、そのままの状態で保存するよりも、高い鮮度をキープ出来るでしょう。

サニーレタスの食べ方

サニーレタスは、サラダにして食べる他に、食べ方があるのでしょうか。
サニーレタスは、葉っぱが大きくて柔らかいので、サンチュのように、お肉を巻いて食べるのもおいしいと言われています。
例えば、豚のバラ肉を炒めて、キムチや青じそ、長ネギと一緒にサニーレタスで巻き込んで包むだけでも、おかずになりますし、牛肉でももちろん代用出来ると言えるでしょう。
また、チャーハンをサニーレタスで巻き込むという方法もあり、普段はあまりサニーレタスの苦みが好きでない方でも、食べやすくなると言われています。
ちなみに、サニーレタスは、スープに入れても食べられますが、ビタミンCなどが壊れてしまうので、出来れば生食の方がいいでしょう。

サニーレタスの簡単な定番レシピ

サニーレタスの定番レシピと言えば、なんでしょうか。
サニーレタスは、やはり生のまま、サラダにするのが一般的です。
サニーレタスは、和風、中華、イタリアン、フレンチドレッシングなど、色々な味付けに良く合いますし、キムチを加えたり、ごま油、味噌を加えても、おいしいと言われています。
また、サニーレタスのサラダだけでは少し寂しいという方には、スパゲティーと一緒に、サニーレタスやトマト、オリーブオイル、黒こしょう、白昆布などを和えて、サラダスパゲティーにするのもおすすめです。
ちなみに、サニーレタスは、クレソンやチーズをかけて、シーザーサラダにするのもおいしいと言われています。

サニーレタスの栽培

サニーレタスは、一般家庭でも、比較的栽培しやすいレタスの品種だと言われています。
プランターでサニーレタスを育てる場合には、プランターの深さが16センチ以上ある事が条件で、水はけの良い土と、風通しの良い場所で栽培します。
サニーレタスの種まきは、3月~5月、または9月から10月に行われており、苗を植え付ける場合には、3月中旬~5月、8月中旬~9月の下旬に行いましょう。
株間は、10センチ~15センチほどですが、発芽したら2回ほど間引きを行い、水を常にたっぷりとあげる必要があるそうです。
サニーレタスの収穫時期は、5月中旬~6月、または10月中旬~11月とかなり栽培期間が短いので、初めての方でも簡単に栽培出来るでしょう。