掻チシャ(かきちしゃ)

掻チシャ(かきちしゃ)がわかる!その魅力とは

掻チシャ(かきちしゃ)の魅力とはなんでしょうか。
掻チシャ(かきちしゃ)の魅力は、味のクセがないため、始めての方でも食べやすく、何にでも巻いて食べられる為、色々な料理に使いやすい事だと言われています。
まず、掻チシャ(かきちしゃ)は、サンチュという韓国名の方がよく知られており、焼肉にはかかせない野菜のひとつですし、香りがあるものの、味自体はとてもシンプルで食べやすいため、幅広い世代の方に好かれていると言えるでしょう。
また、焼肉料理だけでなく、チャーハンや豚肉料理にも、掻チシャ(かきちしゃ)を使う事が出来るので、様々な料理に応用が利くと言われています。

掻チシャ(かきちしゃ)の栄養と効能

掻チシャ(かきちしゃ)には、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
掻チシャ(かきちしゃ)には、カルシウム、ビタミンA、ビタミンC、カロチンなどが含まれています。
それぞれ含まれている量はそこまで多くないのですが、お肉料理と合わせて掻チシャ(かきちしゃ)を食べる事で、消化を促進する効果がありますし、お肉の栄養分を吸収しやすくなると言えるでしょう。
また、掻チシャ(かきちしゃ)に含まれているカロチンは、体に溜まった塩分を体外に排出させる効果があるので、むくみ解消にも効果があると言われています。
ちなみに、掻チシャ(かきちしゃ)は、緑色が濃い物の方が、栄養素が高いと言えるでしょう。

掻チシャ(かきちしゃ)のカロリー

掻チシャ(かきちしゃ)には、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
掻チシャ(かきちしゃ)には、100gあたり14カロリーが含まれていると言われています。
14カロリーというのは、葉もの野菜の中でも、かなり少ない方で、ビタミンA、ビタミンC、カリウムなども含んでいるので、ヘルシーな野菜だと言えるでしょう。
もちろん、掻チシャ(かきちしゃ)自体のカロリーは低くても、焼肉など、掻チシャ(かきちしゃ)を使う料理によっては、カロリーが高い場合もあるので、掻チシャ(かきちしゃ)は、あくまで補食的な役割が大きいと言われています。

おいしい掻チシャ(かきちしゃ)の見分け方

掻チシャ(かきちしゃ)は、どんな風においしさを見分けたら良いのでしょうか。
掻チシャ(かきちしゃ)は、レタスの一種で、サンチュという名前の方がよく知られています。
おいしい掻チシャ(かきちしゃ)は、葉っぱ全体がみずみずしくて、ハリのあるものが良いそうです。
また葉っぱが大きい方が、巻き物料理には使いやすいのですが、同時に蒸しに食われたりしやすいと言えるでしょう。
また、掻チシャ(かきちしゃ)の葉っぱは、緑色が濃い方が、栄養分が多く含まれているそうなので、それもおいしさを見分けるポイントになると言われています。

掻チシャ(かきちしゃ)の価格の目安

掻チシャ(かきちしゃ)の価格は、いくらぐらいが相場なのでしょうか。
掻チシャ(かきちしゃ)の価格は、300gあたり230円ほどだと言われています。
掻チシャ(かきちしゃ)と言うのは、古い日本名で、韓国名の「サンチュ」の方が良く知られており、最近では、一般のスーパーでも広く扱われていると言えるでしょう。
また、掻チシャ(かきちしゃ)は、焼肉屋さんでも頻繁に出されていますが、その価格は、2~3人前で300円~400円ほどだと言われています。
ちなみに、サンチュという名前の方が知られているため、掻チシャ(かきちしゃ)という名称で販売されている事は、ほとんどないそうです。

掻チシャ(かきちしゃ)の有名産地

掻チシャ(かきちしゃ)の産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
掻チシャ(かきちしゃ)は、長野県で多く栽培されています。
夏の間は、掻チシャ(かきちしゃ)の収穫量が日本一多く、秋には香川県、茨城県、冬には静岡県で多く栽培されているので、年間通して流通している野菜だと言えるでしょう。
また、掻チシャ(かきちしゃ)は、サンチュと呼ばれる事の方が多く、年間と押して柔らかい葉っぱが販売されていますが、夏場の掻チシャ(かきちしゃ)の方が、他の季節よりも柔らかくおいしいと言われています。
ちなみに、韓国でも、掻チシャ(かきちしゃ)の消費量が多いようです。

掻チシャ(かきちしゃ)の種類

掻チシャ(かきちしゃ)とは、どんな種類の野菜なのでしょうか。
まず、チシャというのは、レタスの日本名で、掻チシャ(かきちしゃ)は、韓国名のサンチュという名前でよく知られています。
掻チシャ(かきちしゃ)は、焼肉料理には欠かせない野菜の一種ですし、お肉だけでなく、ごはんにも巻いて食べられると言えるでしょう。
また、掻チシャ(かきちしゃ)ではない、他のレタスでも、焼肉料理などは応用出来ますが、掻チシャ(かきちしゃ)は、葉っぱ全体がとても柔らかいため、巻き込むのには優れている品種だと言われています。
ちなみに、韓国では、お刺身も掻チシャ(かきちしゃ)で巻く事があるそうです。

掻チシャ(かきちしゃ)の保存方法

掻チシャ(かきちしゃ)は、どんな風に保存すれば良いのでしょうか。
掻チシャ(かきちしゃ)は、レタスの一種なので、冷蔵庫で保存するのが一番です。
冷蔵庫に入れる時には、掻チシャ(かきちしゃ)を新聞紙で包んで、葉っぱの先を上にするように立てると、鮮度が落ちにくくなると言われています。
また、冷たい掻チシャ(かきちしゃ)の方が、焼肉を包む時においしく感じますが、その場合には、食べる前に掻チシャ(かきちしゃ)の葉っぱを、氷水に浸しておくと良いでしょう。
掻チシャ(かきちしゃ)は、冷蔵庫で冷やしすぎると葉っぱの食感が悪くなってしまうので、冷蔵庫の温度は下げすぎない方が良いようです。

掻チシャ(かきちしゃ)の食べ方

掻チシャ(かきちしゃ)は、焼肉に使う以外に食べ方があるのでしょうか。
掻チシャ(かきちしゃ)は、別名でサンチュと呼ばれており、焼肉を巻いて食べるのに使われています。
また、焼肉以外にも、サンドイッチの具材として挟み込んだり、ツナマヨネーズを巻いて食べるのもおいしいと言えるでしょう。
掻チシャ(かきちしゃ)は、葉っぱが大きいので巻き物として使われる事が多いのですが、食べやすい大きさにちぎって、サラダにするのもひとつの方法です。
掻チシャ(かきちしゃ)だけだと、全体が柔らかくなり過ぎてしまうので、他のレタスやトマト、ニンジンなどを加えても、おいしいと言われています。

掻チシャ(かきちしゃ)の簡単な定番レシピ

掻チシャ(かきちしゃ)の定番レシピと言えば、なんでしょうか。
掻チシャ(かきちしゃ)は、韓国名でサンチュと呼ばれているレタスの一種で、定番の料理と言えば、焼肉です。
焼肉自体、お肉を焼いて掻チシャ(かきちしゃ)を巻いて食べるだけですから簡単ですし、1回の食事で掻チシャ(かきちしゃ)を沢山消費出来るのは、大きな魅力だと言えるでしょう。
また、掻チシャ(かきちしゃ)は、チャーハンなどのごはん料理を巻いて食べてもおいしいと言われており、葉っぱが大きく柔らかいという特徴は、サラダよりも、巻き物に合っていると言われています。

掻チシャ(かきちしゃ)の栽培

掻チシャ(かきちしゃ)は、一般家庭でも栽培出来るのでしょうか。
掻チシャ(かきちしゃ)は、小さな物であれば、プランターでも栽培出来ると言われています。
まず、掻チシャ(かきちしゃ)の生育適温は15度~20度なので、種まきは、2月上旬~4月上旬、または、8月中旬~9月中旬に行います。
寒冷地の場合には、種からだと育ちにくいので、苗を植え付ける形がベストだと言えるでしょう。
追肥も、種まきから1ヶ月後ほどに行うのが良いと言われており、春まきの場合には、4月下旬~7月上旬、夏まきの場合には10月中旬~12月下旬に行うと良いそうです。