茎ちしゃ

茎ちしゃがわかる!その魅力とは

茎ちしゃの魅力とはなんでしょうか。
茎ちしゃの魅力は、料理のバリエーションが多い事だと言われ知恵増す。
茎ちしゃは、別名で山くらげと呼ばれており、漬け物の他に、酢の物や炒め物に使うとおいしいと言われています。
味わいも、アスパラガスに似ていて食べやすく、中華、和風など様々な味付けとの相性がいいのが大きな魅力だと言えるでしょう。
また、茎ちしゃは、自家栽培する事も可能で、国内だとなかなか新鮮な茎ちしゃが手に入らない貴重な野菜だというのもポイントです。
あまり日常生活で見かける事のない茎ちしゃですが、機会があれば、是非試してみると良いでしょう。

茎ちしゃの栄養と効能

茎ちしゃには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
茎ちしゃには、ビタミンA、カルシウム、ビタミンCなどが含まれています。
茎ちしゃは、レタスの一種なので、含まれている栄養の量は多くなくても、様々な栄養素が含まれていると言えるでしょう。
まず、ビタミンAは、抗酸化作用があるため、疲労回復や若返り効果がありますし、風邪予防にも効果的だと言われています。
そして、カルシウムは、骨を作るのにかかせない栄養分で、他の野菜やお肉と一緒に食べる事で、さらに栄養素の吸収率が高くなるそうです。
また、ビタミンCは美肌効果がありますが、火にかけると壊れてしまうので、漬け物にして食べるのが良いと言われています。

茎ちしゃのカロリー

茎ちしゃには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
茎ちしゃは、レタスの芯の部分が大きくなったレタスの一種で、主に茎の部分を食用とします。
その為、カロリーも普通のレタスに比べると少し高めで、100gあたり、23カロリーほどだと言えるでしょう。
ただ、生の茎ちしゃが手に入る事はほとんどなく、多くの場合は、茎ちしゃの乾物や、乾物を漬け物にした山クラゲです。
乾物にしている分、カロリーも10倍ほど高くなるのが普通なので、その点では、カロリー数にも注意するのが良いでしょう。
ちなみに、茎ちしゃは漬け物以外に、炒め物の具材にしてもおいしいと言われています。

おいしい茎ちしゃの見分け方

茎ちしゃは、どんな風においしさを見分けたら良いのでしょうか。
茎ちしゃは、太った茎の部分を食べるレタスの一種なので、茎が太くて、白く、ハリのあるものがおいしいと言われています。
茎ちしゃは茎の皮をむいて、炒め物にしたり、乾燥させたりするとおいしくなるため、茎がしっかりしている事が何よりも大切なのです。
また、持った時に重みがあるものの方が、水分が多くておいしいと言えるでしょう。
ちなみに、日本国内では、乾燥させた茎ちしゃを山クラゲと呼んでおり、ほとんどが中国産のものですから、新鮮な茎ちしゃを購入出来る機会は、とても少ないと言われています。

茎ちしゃの価格の目安

茎ちしゃの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
茎ちしゃの価格は、漬け物になった物で、700円ほどすると言われています。
茎ちしゃは、別名で山クラゲと呼ばれており、地方の直売所であれば、一束300円~500円ほどで購入出来るようです。
また、茎ちしゃの種は、ひとつ袋あたり260円~300円ほどで購入出来、ネットなどでも、購入出来ると言えるでしょう。
茎ちしゃは、乾物でも販売されていますが、国内産の茎ちしゃを見つける事は難しく、そのほとんどが中国産の茎ちしゃだと言われています。
国内産の茎ちしゃ自体が、あまり流通していないので、一般のスーパーで見つけるのは、難しいと言えるでしょう。

茎ちしゃの有名産地

茎ちしゃの産地と言えば、どこでしょうか。
茎ちしゃの産地として有名なのは、中国です。
中国では、茎ちしゃの皮を乾燥させた乾物を多く販売しており、この乾物を漬け物にした物が、山クラゲとして国内に輸入されています。
日本国内でも、青森県、埼玉県など、茎ちしゃの栽培に取り組んでいる地域はあるのですが、まだまだ茎ちしゃの知名度が低いため、一般にはあまり流通していないようです。
その為、観光地などで販売されている山クラゲのほとんどは中国産ですし、販売している業者がとても少なく、一般の方の場合には、自分で茎ちしゃを育てて加工するしか、国内産の茎ちしゃを手に入れる方法は無いと言えるでしょう。

茎ちしゃの種類

茎ちしゃには、どんな種類があるのでしょうか。
まず、チシャとは、レタスの日本名で、茎ちしゃの場合には、茎の部分を食べる種類を指しています。
茎ちしゃは、風味がアスパラガスに似ている為、アスパラガスレタスと呼ばれる事も多く、茎ちしゃを乾燥させて、漬け物にした物を山クラゲと呼んでいます。
そして、茎ちしゃは、中国での栽培が非常に盛んで、中国ではいくつかの種類があるようですが、日本国内ではあまり知られておらず、茎ちしゃ自体がほとんど手に入らないといえるでしょう。
ちなみに、中国では、生の茎ちしゃを炒め物にする事も多く、中華風の味付けとは相性が良いと言われています。

茎ちしゃの保存方法

茎ちしゃは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
日本国内だと、新鮮な茎ちしゃが手に入りにくい傾向があり、中国産の乾物の茎ちしゃを、水に戻してから漬け物にしたものは山クラゲと呼ばれています。
乾物のままなら、乾燥している分、湿気を避けて保存すれば良いと言われており、漬け物になっている場合でも、未開封の物は3ヶ月程度、開封しても2週間ほどは持つと言えるでしょう。
また、茎ちしゃを自家栽培する場合には、生のまま保存するよりも、皮の部分を剥いて乾物にする方が、風味も良くなると言われています。
ちなみに、茎ちしゃは、アスパラガスに味が似ているので、様々な料理に応用出来るでしょう。

茎ちしゃの食べ方

生の茎ちしゃは、どの部分を食べれば良いのでしょうか。
茎ちしゃは、レタスの一種で、アスパラガスレタスと呼ばれる事も多いのですが、主に白い茎の部分を食用にします。
新鮮で若い茎ちしゃの場合には、葉っぱの部分も食べる事が出来ますが、茎の部分の方が、風味が強くおいしいと言えるでしょう。
生の茎ちしゃは、茎の皮をむいてから炒め物に入れてもおいしいですし、長期保存する場合には、天日干しにするのもおすすめです。
乾燥させた茎ちしゃは、漬け物にすると山クラゲという別名になり、茎ちしゃの風味が強く出るので、茎ちしゃが好きな方には、おすすめの食べ方だと言えるでしょう。

茎ちしゃの簡単な定番レシピ

茎ちしゃの定番レシピと言えば、なんでしょうか。
茎ちしゃは、中国で多く栽培されていますが、日本に輸入されるのは、茎ちしゃを乾燥させてから、漬け物にした山クラゲで、中国国内では、新鮮な茎ちしゃを炒め物にいれる事が多いそうです。
茎ちしゃは、さつま揚げやコンニャクなどと一緒に炒め物にして、コチュジャンで仕上げたり、醤油で味付けしても、日本人好みの味になっておいしいと言われています。
また、茎ちしゃを豚肉と一緒に炒めて、パスタと和えてもおいしく、風味はアスパラガスに近いので、色々なレシピに合いやすいと言えるでしょう。
ちなみに、茎ちしゃを和え物にするのもおすすめです。

茎ちしゃの栽培

茎ちしゃは、自分で栽培する事も出来るのでしょうか。
茎ちしゃの種はネットでも販売されており、9月上旬から10月上旬に種まきをします。
植え付けの場合には、10月上旬に行うのが良く、その後は追肥もして水をたっぷりあげる必要があるでしょう。
基本的に茎ちしゃは、玉レタスと同様に栽培する事が出来ますが、茎の太さが6センチほどになり、高さも30センチを超える場合があるので、倒れないように支えてあげる事が大切だと言われています。
ちなみに、若い茎ちしゃの葉っぱはサラダにする事も出来ますし、茎の部分は皮を剥いて、炒め物や乾物にするのが良いでしょう。