レタス・サラダ菜

レタス・サラダ菜がわかる!その魅力とは

レタス・サラダ菜の魅力とはなんでしょうか。
レタス・サラダ菜の魅力は、葉っぱ一枚一枚が肉厚で、少しサラダに加えるだけでも、ボリュームが出る事だと言われています。
レタス・サラダ菜は、葉っぱが分厚い割に、歯触りが柔らかいのが特徴で、甘みもある為、とても食べやすい種類だと言えるでしょう。
また、レタス・サラダ菜には、カリウムやβカロテンが豊富に含まれているため、動脈硬化予防や、高血圧予防、疲労回復、アンチエイジングなどの効果も高いと言われています。
プランターで簡単に育てられるのも、レタス・サラダ菜の大きな魅力だと言えるでしょう。

レタス・サラダ菜の栄養と効能

レタス・サラダ菜には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
レタス・サラダ菜には、豊富なβカロテン、カリウムが含まれています。
βカロテンには、疲労回復、抗酸化作用があると言われており、日常的に食べる事で粘膜を強くする効果もあるそうです。
また、カリウムは、体に溜まった塩分を排出してくれる効果があるため、利尿作用で動脈硬化の予防や、高血圧予防に効果があると言われています。
もちろん、レタス・サラダ菜には、豊富な水分が含まれていますから、体を冷やす効果がありますし、夏の間に沢山食べる事で、ビタミン補給にもつながると言えるでしょう。

レタス・サラダ菜のカロリー

レタス・サラダ菜には、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
レタス・サラダ菜には、100gあたり14カロリーほどが含まれています。
レタス・サラダ菜1株の重さが100g弱ですから、一食で食べられるレタス・サラダ菜の量は少ないですし、ダイエット中の方にも、オススメ出来る食材のひとつです。
また、レタス・サラダ菜には、ビタミンK、レチノール、葉酸などが豊富に含まれているため、その点でも、健康的なダイエットを目指している方には、ピッタリの食材だと言えるでしょう。
ちなみに、レタス・サラダ菜のカロリーが低くても、ドレッシングのカロリーで太ってしまう事もあるので、注意が必要です。

おいしいレタス・サラダ菜の見分け方

レタス・サラダ菜は、どんな風においしさを見分けたら良いのでしょうか。
まず、レタス・サラダ菜は、葉っぱが他のレタスよりも分厚いため、葉っぱに弾力があり、みずみずしい物を選ぶのが良いと言われています。
そして、大きさは10センチ~15センチ程度の物で、それ以上大きい物になると、全体に締まりがなくなってくるので、中くらいのサイズの物を選ぶのも、ひとつのポイントだと言えるでしょう。
また、葉っぱが部分的に白くなっているのは、時間が経って傷んでいる証拠なので、出来るだけ避けて、葉っぱ全体が薄緑色の物を選ぶのが良いと言われています。

レタス・サラダ菜の価格の目安

レタス・サラダ菜の価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
これは、商品によって異なりますが、レタス・サラダ菜の価格は、1キロあたり2000円ほどすると言われています。
レタス・サラダ菜は、葉っぱになっているタイプの野菜のひとつで、1株だけだと、100gほどになりますから、そこまで価格も高くならないと言えるでしょう。
また、栽培用のレタス・サラダ菜の種の価格は、180円~200円ほどで、室内でも簡単に栽培出来るので、家庭菜園などに興味がある方はオススメです。
ちなみに、外食でレタス・サラダ菜のサラダを食べる場合には、小さいボールでも500円以上すると言われています。

レタス・サラダ菜の有名産地

レタス・サラダ菜の産地は、どこが有名なのでしょうか。
レタス・サラダ菜の国内産地として知られているのは、千葉県や静岡県、福岡県です。
この3県では、全国で出荷されるレタスの約半数を占めており、レタス・サラダ菜の出荷量も多いと言えるでしょう。
レタスは、収穫から日持ちしない野菜なので、国内産の物の方が、鮮度が高いうちに食卓に届きますし、一年通して収穫が可能だと言われています。
また、レタス・サラダ菜は、家庭菜園でも栽培する事が可能で、レタス・サラダ菜の種なら、ホームセンターでも販売されているため、初めての方でも、簡単に栽培出来ると言えるでしょう。

レタス・サラダ菜の種類

レタス・サラダ菜とは、どんな種類の野菜なのでしょうか。
レタス・サラダ菜は、緑色が濃く、葉っぱが分厚い種類のレタスです。
甘みが強く、歯ごたえも良いので、普通のレタスと一緒にサラダにするのが一般的だと言われています。
レタス・サラダ菜は、国内でもいくつかの品種があり、岡山サラダや、江戸川黒葉系などの品種がよく知られているそうです。
さらに、レタス・サラダ菜は、自家栽培も出来る品種で、栽培も簡単ですし、通年かけて収穫出来るのも魅力だと言えるでしょう。
また、レタスには、玉レタスやサニーレタス、ロメインレタスなど、本当に色々な種類がある為、色々なレタスを混ぜ合わせてサラダにするのも、おいしいと言われています。

レタス・サラダ菜の保存方法

レタス・サラダ菜は冷やしすぎると、葉っぱの食感が悪くなるため、保存する場合には、まず新聞紙で包んでから冷蔵庫の野菜室で保存します。
また、レタス・サラダ菜を保存する時には、葉っぱの先端を上にする事で、鮮度が落ちにくくなると言われています。
もちろん、レタス・サラダ菜は、その名の通り、サラダにして食べるのが基本ですから、あまり長期保存は出来ませんし、購入後は3日以内に食べきるのが良いそうです。
他の種類の野菜であれば、加工法によって長期保存も可能ですが、レタス・サラダ菜は、加工方法もほとんど無い為、新鮮な物を常に食べる事が大切だと言えるでしょう。

レタス・サラダ菜の食べ方

レタス・サラダ菜は、サラダ以外にも食べ方があるのでしょうか。
レタス・サラダ菜は、葉っぱが分厚いので、浅漬けなどにしてもおいしいと言われています。
食べやすい大きさに切って、昆布と塩と一緒に揉みこむだけなので、とても簡単な食べ方だと言えるでしょう。
また、挽肉やタケノコ、ニンジン、たまねぎを炒めてから、豆板醤や、ごま油で味付けをして、レタス・サラダ菜で包んで食べてもおいしいと言われています。
さらに、レタスチャーハンとして、いつものチャーハンの最後に混ぜ入れても、食感が引き立るのでオススメです。
自家栽培だと大量にレタス・サラダ菜が収穫出来るので、食べ方も色々な方法を知っておくと良いでしょう。

レタス・サラダ菜の簡単な定番レシピ

レタス・サラダ菜には、どんなレシピがあるのでしょうか。
レタス・サラダ菜は、主にサラダに使われるレタスなのですが、毎回サラダだけだと飽きてしまうので、スープの具材として使うのもオススメです。
2人分の材料は、サラダ菜5枚、ウズラの卵4個、ハム2枚、スープの素小さじ1.5、水400ml、塩こしょうです。
作り方は簡単で、サラダ菜を食べやすい大きさにちぎり、鍋にスープの素、水を入れて火にかけ、スープの素が溶けたらウズラの卵を割り入れて、そこにサラダ菜、ハムを加えたら出来上がりです。
サラダ菜は食感を楽しむ為にも、出来上がる直前にいれるのが良いでしょう。

レタス・サラダ菜の栽培

レタス・サラダ菜は、プランターでも栽培出来る野菜です。
プランターの場合には、幅60cmの物で、4株ほどの栽培が可能で、地植え出来る場合は、株間を20センチほどにするのが良いでしょう。
種まきは、3月上旬~4月中旬、または8月中旬~9月中旬に行い、日当りが良く、涼しい場所で栽培するのが良いそうです。
発芽・育成温度は15度~20度で、水は土が乾かないようにたっぷりとあげる必要があり、追肥は春まきの場合には4月中旬~5月下旬、秋まきの場合には10月上旬~下旬にかけて行います。
大きさが10センチ~15センチほどになったら収穫が可能で、大きすぎない方が締まりがあっておいしいと言えるでしょう。