コスレタス

コスレタスがわかる!その魅力とは

コスレタスの魅力とはなんでしょうか。
コスレタスの魅力は、食感が非常に良く、普通のレタスに比べると栄養分も多い事だと言われています。
まず、コスレタスは、見た目が白菜にも似ており、芯の部分が多い分、シャキシャキとした食感が特徴的です。
柔らかい葉っぱよりも、歯切れを重視する方には、コスレタスのサラダがおすすめだと言えるでしょう。
また、コスレタスには、βカロテンや食物繊維などが普通のレタスの2倍以上含まれているため、日常的に食べるのには、優れている野菜だと言われています。
ただ、あまり市場には出回っていないので、特別なお店でしか、コスレタスが手に入らないと言えるでしょう。

コスレタスの栄養と効能

コスレタスには、どんな栄養分があるのでしょうか。
コスレタスには、βカロテンや食物繊維が、普通のレタスに比べて2倍以上含まれていると言われています。
βカロテンは、疲労回復、アンチエイジング、風邪予防などの効果があり、食物繊維には、腸の具合を整える効果がある為、その結果、便秘解消などに有効だと言えるでしょう。
また、コスレタスには、水分が多く含まれているため、体を冷やす効果があり、特に夏場に沢山食べると良いと言われています。
ちなみに、コスレタスは、葉っぱの食感もとても良いので、サラダ以外にスープや炒めものに使うのもおすすめです。

コスレタスのカロリー

コスレタスには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
コスレタスには、100gあたり17カロリーが含まれています。
コスレタスの約95%は水分で出来ているのですが、食物繊維やカリウム、βカロテンの量は、普通のレタスの2倍以上と言われていますし、レタスの中では、栄養素の高い種類だと言えるでしょう。
また、コスレタスは、生のままサラダにする以外にも、炒め物に加えたり、スープに使うとおいしく食べられると言われています。
ちなみに、コスレタスは、シーザーサラダに使われる種類のレタスですが、チーズがかかっている分、少しカロリーは高くなるようです。

おいしいコスレタスの見分け方

コスレタスは、どうやっておいしさを見分けたら良いのでしょうか。
コスレタスは、見た目が白菜に似ているのですが、おいしい物は、根元の切り口が小さく、10円玉くらいの大きさをしていると言われています。
また、切り口が赤くなっている物は、収穫から日にちが経っている場合が多いので、避けた方が良いでしょう。
さらに、コスレタスを持った時に、全体的に柔らかく、締まりの良く、重みがあるものを選ぶのが良いと言われています。
収穫から時間が経つと、葉っぱ全体も乾燥してきますから、その点でも、購入する前に、しっかりと全体をチェックする事が重要です。

コスレタスの価格の目安

コスレタスの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
生のコスレタスは、一袋あたり500円ほどすると言われています。
コスレタスは、レタスの一種なのですが、見た目が白菜にも似ており、国内だとあまり流通していないため、価格も高くなると言えるでしょう。
ただ、コスレタスの種の価格は、一袋150円~200円ほどなので、手間はかかるものの、収穫量なども考えると、栽培した方がかなり安くなると言われています。
また、コスレタスのサラダは、レストランで食べると、ハーフサイズでも600円ほどするので、あまり入手出来ない分、外食だとさらに値段が上がると言えるでしょう。

コスレタスの有名産地

コスレタスの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
コスレタスは、元々エーゲ海のコス島という島原産のレタスで、別名「ロメインレタス」と呼ばれています。
ロメインレタスとは、「ローマのレタス」という意味で、ヨーロッパでは広く知られている種類だと言えるでしょう。
また、普通のレタスは、涼しい場所で育てられる物なのですが、コスレタスの場合には、エーゲ海のように暑すぎず、寒すぎない気候でないと、うまく育たないと言われています。
その為、国内では、北海道や長野県が、普通のレタスとは少し時期をずらして、コスレタスを栽培しているそうです。

コスレタスの種類

コスレタスとは、どんな種類のレタスなのでしょうか。
コスレタスは、ロメインレタス、立ちチシャと呼ばれる事もあるレタスの一種で、見た目は白菜にも似ています。
このコスレタスは、エーゲ海のコス島という島原産の野菜で、ジャイアントコス、パリスアイランドコス、ホワイトコスなどの品種があると言われています。
ただ、コスレタスは、日本国内ではあまり一般的ではない品種なので、スーパーなどで販売されている事は、とても少ないと言えるでしょう。
ちなみに、レタスには、形によって、玉チシャ、立ちチシャ、葉チシャ、掻きチシャ、茎チシャなどの種類に分かれると言われています。

コスレタスの保存方法

コスレタスは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
コスレタスは、生ものなので、長期保存は出来ませんが、鮮度を高く保つ為のポイントはいくつかあると言われています。
まず、コスレタスは、乾燥に弱い為、新聞紙に巻いてから冷蔵庫の野菜室で、立てるように保存します。
この時に、コスレタスの切り口に小麦粉を軽く塗っておくと、切り口が乾燥しにくくなり、鮮度が落ちにくくなると言われています。
また、コスレタスをサラダにする場合には、食べる前に、氷水で葉っぱをしめると、食感がシャキシャキになりおいしいので、ぜひ試してみると良いでしょう。

コスレタスの食べ方

コスレタスは、サラダ以外だと、どんな食べ方があるのでしょうか。
コスレタスは、シャキシャキとした食感が特徴的なレタスで、軽く湯通ししてから、和え物にするのもおいしいと言われています。
コスレタスは、シーザーサラダに使われるレタスなのですが、ゴマ和えにしてもおいしいですし、ナムルのように風味を変えてみても楽しめると言えるでしょう。
そして、ほうれん草のように、軽くバターで炒めても、おかずになりますし、少しお肉を加えれば、色合いも良くなると言われています。
コスレタスは、長期保存が出来ない野菜なので、色々な調理法で、すぐに使いきってしまうのが良いでしょう。

コスレタスの簡単な定番レシピ

コスレタスの定番レシピとはなんでしょうか。
コスレタスと言えば、シーザーサラダに使われるレタスです。
2人分の材料は、コスレタス2分の1、クルトン20g、パルメザンチーズ大さじ2、ブラックペッパー少々、ドレッシングが、生クリーム大さじ2分の1、バルサミコ酢大さじ2分の1、マヨネーズ大さじ1、すりおろしにんにく小さじ1です。
まずは、ドレッシングの材料を全て混ぜ合わせておき、洗ったコスレタスを食べやすい大きさにちぎります。
そこに、クルトン、パルメザンチーズ、ブラックペッパーを盛りつけて、ドレッシングをかけたら出来上がりです。
時間がある時には、焼いたガーリックや、ベーコンなども添えるとおいしいと言われています。

コスレタスの栽培

コスレタスは、自家栽培でも育てる事が可能です。
種まきの時期は3月上旬~下旬、または8月中旬~9月の中旬で、追肥は種まきから2週間後に1ヶ月ほど行います。
コスレタスの発芽・生育適温は、15度~20度と言われていますが、気温が高すぎても低すぎても育ちづらいので、日差しが強い場合には、日よけを作るなどの不空が必要でしょう。
また、街灯や夜間照明があると、コスレタスが夜間も日中と勘違いして、成長のリズムが狂ってしまうので、出来るだけ、そのような場所は避けた方が良いと言われています。
収穫は、春まきなら5月中旬~6月中旬、秋まきなら11月上旬~12月中旬に行うと良いでしょう。