グリーンカール

グリーンカールがわかる!その魅力とは

グリーンカールには、どんな魅力があるのでしょうか。
グリーンカールの魅力は、他のレタスに比べると含まれている栄養の量が多く、風味も良い事だと言われています。
まず、グリーンカールには、ビタミンBやビタミンCが、他のレタスよりも多く含まれており、お肉や卵料理と合わせると、栄養の吸収率も上がるそうです。
また、グリーンカールは、野菜独特の臭みがなく、苦みもほとんど無いので、野菜嫌いなお子様でも食べやすいレタスだと言われています。
さらに、グリーンカールは、とても歯切れがいいので、サラダのポイントとして使うと、とても美味しいと言えるでしょう。

グリーンカールの栄養と効能

グリーンカールは、レタスの種類の中でも、栄養素を多く含んでいる野菜だと言われています。
一般的なレタスの95%は水分で出来ている為、栄養分は少ないと言われる事が多いのですが、グリーンカールには、ビタミンBやビタミンCを多く含んでいると言われています。
ビタミンBは、豚肉と合わせて食べると、栄養の吸収率が上がると言われているので、夏の豚冷しゃぶにグリーンカールのサラダを添えるのも良いでしょう。
また、ビタミンCは、美白、肌荒れ防止などの美肌づくりだけでなく、疲労回復や風邪予防の効果も高いので、生のままサラダにして食べるのがオススメです。

グリーンカールのカロリー

グリーンカールには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
グリーンカールには、100gあたり、12カロリーが含まれています。
レタスの95%は、水分で出来ている為、あまり栄養分が含まれていないと言われる事が多いのですが、グリーンカールの場合には、βカロテンやビタミンC、カルシウムなどを豊富に含んでいると言えるでしょう。
また、低カロリーで栄養素も多い為、育ち盛りのお子様や、ダイエット中の方にもおすすめの野菜ですし、苦みがほとんど無いのも、大きな魅力だと言われています。
ちなみに、グリーンカールは、生のまま食べた方が、栄養素が沢山吸収出来るそうです。

おいしいグリーンカールの見分け方

グリーンカールは、どんなポイントでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
グリーンカールは、まず、葉っぱの緑色が濃く、みずみずしい物を選ぶのが良いと言われています。
新鮮なグリーンカールは、葉っぱが立っていて、少し堅めなので、しんなりとしているものは、早めに使いきる必要があります。
また、商品によっては、葉っぱの先が灰色に変色している場合もありますが、その部分だけを取り除けば、問題なく食べられると言えるでしょう。
ちなみに、グリーンカールをサラダにする場合には、食べる前に、氷水でしめると、さらに歯切れが良く、おいしくなると言われています。

グリーンカールの価格の目安

グリーンカールの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
グリーンカールは、1キロあたり、600円~800円ほどが一般的な価格です。
そもそも、このグリーンカールとは、リーフレタスの一種で、歯切れが良く、栄養素が沢山含まれているのが特徴で、サラダにするのにも、人気が高いと言えるでしょう。
また、グリーンカールは、ネットなどでまとめ買いもする事ができ、5キロ程度で、4000円~5000円になると言えるでしょう。
ちなみに、栽培用のグリーンカールの種は、一袋260円~300円ほどで購入出来、栽培も比較的簡単だと言われています。

グリーンカールの有名産地

グリーンカールの産地は、どこが有名なのでしょうか。
グリーンカールは、長野県、茨城県、宮城県などで、栽培されています。
長野県は、レタスの栽培で日本一ですし、時期をずらして茨城県や宮城県でも栽培されているそうです。
ただ、グリーンカールが一般にも知られるようになってきたのは、最近の事で、多くのスーパーでは、苦みが少なく、歯切れがいいと言うのが、グリーンカールのアピールポイントになっていると言われています。
ちなみに、ネットを使えば、農家の方から直接グリーンカールを購入する事も出来ますが、ある程度のまとめ買いをしない限り、送料が高くかかってしまうようです。

グリーンカールの種類

グリーンカールとは、どんな種類の野菜なのでしょうか。
グリーンカールは、カールレタスとも呼ばれるリーフレタスの一種で、食感が良く、苦みも少ない為、食べやすい種類だと言われています。
このグリーンカールには、他のレタスに比べて、ビタミンCやカロテン、カリウムなどが豊富に含まれているため、日常的に食べる事で、健康への効果も高くなりますし、最近では一般のスーパーでも沢山販売されていると言えるでしょう。
グリーンカールと似た種類には、サニーレタスがありますが、サニーレタスは苦みが強いので、お子様など、食べにくく感じる方も多いと言われています。

グリーンカールの保存方法

グリーンカールは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
グリーンカールは、鮮度が重要な野菜なので、保存する場合にも、鮮度を落とさないようにする必要があります。
基本的には、野菜室で保存するのですが、あまり冷やし過ぎたり、乾燥していると葉っぱの食感が悪くなりやすいので、新聞紙に包んでからビニール袋に入れて、野菜室で保存するのがいいでしょう。
また、収穫から3日以上を過ぎると、グリーンカールの歯切れが悪くなってくるため、サラダにする前に、氷水に浸すと、歯切れが良くなると言われています。
また、グリーンカールは、収穫から日数が経つと苦みも増してくるので、早めに食べきる事が大切です。

グリーンカールの食べ方

グリーンカールは、サラダ以外に、どんな食べ方があるのでしょうか。
グリーンカールは、ビタミンCやビタミンAを多く含んでいるため、生のまま、サラダにするのが一般的ですが、あまりにも同じサラダばかりでは飽きてしまいます。
グリーンカールの歯切れの良さを活かすなら、ハンバーガーやサンドイッチに入れても良いですし、アボカドやきゅうり、納豆、キムチなどを巻いて食べるのもヘルシーだと言えるでしょう。
また、メロンなどのフルーツと一緒にミキサーにかけてジュースにするのもおすすめで、グリーンカールは、野菜の臭みや苦みも無い為、ジュースでもさっぱりと飲めると言われています。

グリーンカールの簡単な定番レシピ

グリーンカールの定番レシピと言えば、なんでしょうか。
グリーンカールは、ビタミンCなどを崩さない為にも、生のまま食べるのが良いと言われています。
サラダにする場合には、グリーンカールだけでなく、トマトやたまねぎを加える事で、栄養のバランスも良くなると言えるでしょう。
また、グリーンカールには、バルサミコ酢大さじ1、オリーブオイル大さじ1、醤油小さじ1、ハチミツ小さじ1、塩こしょうを合わせた和風ドレッシングがよく合うと言われています。
オリーブオイルは体に良い油なので、ダイエット中の方でも、安心して食べられるでしょう。

グリーンカールの栽培

グリーンカールは、自分でも栽培出来るのでしょうか。
グリーンカールは、プランターでも栽培出来るレタスの一種です。
種まきは、3月の中旬~4月の下旬にかけて行い、常にたくさんのお水をあげる事が大切です。
そして、グリーンカールをプランターで育てる場合には、60センチのプランターで、3株ほどの収穫が可能でしょう。
それ以上になると、それぞれの株が小さくなってしまうので、ベビーリーフで収穫したい方にはオススメです。
また、グリーンカールは、直射日光を当てすぎると枯れてしまいますから、涼しくて風通しの良い場所で栽培する必要があり、収穫は、7月上旬~8月の下旬だと言われています。