西洋わさび

西洋わさびがわかる!その魅力とは

西洋わさびの魅力とはなんでしょうか。
西洋わさびの魅力は、その辛さと香りの良さだと言われています。
西洋わさびは、本わさびよりも辛味があると言われており、香りも強いのが魅力です。
そして、西洋わさびは、お肉や魚など、幅広い食材との相性がいいため、料理の味にパンチを効かせたい場合には、使える調味料のひとつだと言えるでしょう。
ただ、西洋わさびは、ヨーロッパで主に栽培されているわさびの品種なので、あまり国内では販売されておらず、一般には販売される事が非常に少ないと言われています。
輸入食品店やネットなどを使わないと、西洋わさびを購入するのは難しいと言えるでしょう。

西洋わさびの栄養と効能

西洋わさびを食べると、どんな効能があるのでしょうか。
西洋わさびは、鉄分、カリウム、ビタミンCなどが含まれているため、貧血予防やむくみ解消に効果的だと言われています。
西洋わさびは、生のまま食べると言う事は無く、すりおろして少量使うだけでも、十分な効果がありますが、あくまで少量を日常的に食べる事が大切です。
そして、西洋わさびには、美肌効果もあると言われており、シミやシワを薄くする効果もあると言えるでしょう。
さらに、西洋わさびに含まれているカリウムは、体内の塩分を体外に排出して血液の流れを良くする効果があり、利尿効果を促すと言われています。

西洋わさびのカロリー

西洋わさびには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
西洋わさびには、100gあたり79カロリーが含まれています。
100g79カロリーと言うのは、野菜にしてはカロリーが高い方なのですが、西洋わさびは練りわさびとして使われる事が多く、1回につき2gほどしか使わないので、カロリーは気にする必要が無いと言えるでしょう。
西洋わさびには、カルシウム、鉄、亜鉛、ビタミンC、B2、B6、カリウムなどが、バランス良く含まれているため、食事に少し使うだけで、食事の栄養バランスを整えてくれると言われています。
西洋わさびは、国内だと入手しにくいのですが、その栄養素は非常に高いと言えるでしょう。

おいしい西洋わさびの見分け方

西洋わさびは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
西洋わさびは、葉っぱが緑色で、身が白いわさびの品種です。
その為、葉っぱに十分な水分があり、全体にくすみがない物を選ぶのが良いと言われています。
また、西洋わさびは、本わさびに比べると大きいため、持った時にずっしりと重みがあるものを選ぶのが良いでしょう。
逆に、身が大きくても持った時に、重さを感じられない物は、栄養分が行き渡っていない可能性が高いので、購入を避けた方が良いと言われています。
ちなみに、新鮮な西洋わさびは、皮をむかなくても、柔らかく香りがするので、香りでおいしさを見分けるのもオススメです。

西洋わさびの価格の目安

西洋わさびの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
西洋わさびは、国内だとペースト状になって販売されているのですが、その場合の価格は、250g入りで560円ほどだと言われています。
西洋わさびのペーストは、普通のスーパーではなく、輸入品を多く扱う外資系スーパーの方が、入手しやすいようです。
また、ネット上でも、西洋わさびを扱っているお店がいくつもありますが、ネット通販の場合には、ある程度の金額を購入しないと、送料が高くかかってしまうので、まとめ買いの時に利用するのが良いでしょう。
ちなみに、生の西洋わさびは、国内だとなかなか手に入らないそうです。

西洋わさびの有名産地

西洋わさびの産地としては、どこが有名なのでしょうか。
西洋わさびは、ヨーロッパで多く生産されているわさびです。
特に、ベルギーやオランダ、オーストリア、ドイツでは、西洋わさびの生産量が高く、そこから日本に西洋わさびが輸入されるケースも多いと言えるでしょう。
そして、日本国内でも、北海道や長野県で西洋わさびを生産している農家さんはいるのですが、本わさびに比べると生産量は、とても少ないため、あまり一般には出回らないそうです。
ちなみに、ヨーロッパでは、ホースラディッシュ、レフォールと呼ぶ事もありますが、これらは全て同じ食材を指しています。

西洋わさびの種類

西洋わさびには、いくつかの種類があるのでしょうか。
西洋わさびは、ホース・ラディッシュと呼ばれるわさびの仲間で、主にヨーロッパで多く食べられています。
西洋わさびは、身の部分が緑ではなく白で、辛味も部分によってはとても強いと言えるでしょう。
ただ、ヨーロッパで食べられているわさびは、この西洋わさびがほとんどで、他に西洋わさびと似た品種は無いと言われています。
ちなみに、ヨーロッパでも、日本の本わさびの人気は高いので、西洋わさびを栽培して食べる事は合っても、お寿司などと合わせる時には、日本産の本わさびを使う場合が多いと言えるでしょう。

西洋わさびの保存方法

西洋わさびは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
西洋わさびは、生のまま長期間置いておくと、身が乾燥して、香りや辛み成分が抜けてしまうと言われています。
その為、長期保存する場合には、乾燥させて粉末にするのがオススメです。
西洋わさびは、特に根っこの部分に辛み成分が多く含まれているため、根っこをスライスして、3日ほど天日干しにします。
湿気のある季節だと、完全に乾燥するまでに時間がかかるので、晴れの日が3日ほど続く天気の時に、天日干しを行うのが良いでしょう。
西洋わさびが乾燥したら、石臼でひいて粉状にするのが昔ながらの製法ですが、ミキサーを使った方が、手軽に出来ると言われています。

西洋わさびの食べ方

西洋わさびの食べ方は、本わさびの食べ方と違うのでしょうか。
西洋わさびも、本わさびと同様に辛味が強く、お刺身などの薬味として使ってもおいしいと言われています。
しかし、ヨーロッパや欧米では、魚介類よりもお肉料理と西洋わさびを合わせる事が多く、西洋わさびのクリームに、サワークリームや塩こしょうを混ぜて、ステーキのソースにする事もあるようです。
日本国内だと、お肉料理に本わさびを使う事はあまりありませんが、食文化も違う海外では、また違うテイストの楽しみ方もあると言えるでしょう。
ちなみに、西洋わさびは、チューブになっている物もありますが、フレッシュな西洋わさびの方が、辛味が強いと言われています。

西洋わさびの簡単な定番レシピ

西洋わさびには、どんなレシピがあるのでしょうか。
西洋わさびは、基本的に、薬味として使われる野菜なので、西洋わさび自体がメインになるレシピはありません。
西洋わさびは、本わさび同様にすりおろしたり、粉末を水に溶かして練ったりして、食事に添えるのが一般的です。
しかし、ヨーロッパでは、ローストビーフの薬味として西洋わさびを使う場合がよくあり、西洋わさびの辛味が、お肉にとても合うと言われています。
ちなみに、魚介類と合わせても意外とおいしいので、魚介類の和え物や炒め物に、少しだけ西洋わさびを使ってみるのもオススメです。

西洋わさびの栽培

西洋わさびの種は、ホームセンターでも購入する事が出来、地植え出来る環境なら自家栽培する事も可能です。
まず、西洋わさびは、涼しい場所の方が育ちやすいため、植え付けの時期は2月上旬~4月の下旬までに行います。
生育適温は16度~23度で、28度以上になると生育が遅くなるので注意しましょう。
西洋わさびは、深さ5センチ~10センチの深さに植える事が大切で、株間は40センチほどあけた方が、身が大きく育つと言われています。
西洋わさびの収穫時期は、10月上旬~下旬にかけてで、根っこの長さがかなりあるので、抜き取る時には身が折れないように注意しましょう。