ビエトラ

ビエトラがわかる!その魅力とは

ビエトラの魅力とはなんでしょうか。
ビエトラの魅力は、見た目がほうれん草に似ているのですが、ほうれん草よりもアクが少ないため、サラダなどに使いやすい事だと言われています。
ビエトラは、イタリアなどで良く食べられている野菜のひとつで、日本名ではフダン草といって、ほうれん草に似た形をしています。
ビエトラは、ほうれん草に比べるとアクが少ない為、下茹で時間も短くて済みますし、味にクセも無いので、初めての方でも食べやすいと言えるでしょう。
ビエトラの茎の部分は、白菜や八宝菜にも似ているので、スープや炒め物にすると食べやすいと言われています。

ビエトラの栄養と効能

ビエトラには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
ビエトラは、ビタミンE、カロテン、カリウムなどが豊富に含まれています。
ビタミンEには、抗酸化作用があるため、アンチエイジングにも効果的ですし、がん抑制効果もあると言われています。
そして、カロテンには、美肌効果や疲労回復効果、カリウムには、体内の栄養素を外に排出して、血圧を下げる効果もあるので、高血圧の方にはオススメです。
ビエトラは、見た目がほうれん草にも似ていますが、芯の部分は白菜やチンゲンサイに似ていてクセが無いので、炒め物やスープなどに良く合うと言われています。

ビエトラのカロリー

ビエトラには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
ビエトラには、100gあたり12カロリーが含まれています。
葉もの野菜の中では平均的なカロリー数ですが、ビエトラには、カロテン、カリウム、ビタミンC、鉄分などが豊富に含まれているため、ダイエット食材としても使いやすいと言えるでしょう。
また、ほうれん草が嫌いな方でも、ビエトラは、味のクセがほとんど無いので、とても食べやすく、デトックススープなどに入れても、おいしく食べられると言われています。
ちなみに、ビエトラは、ピザのトッピングや、アンティパストの材料に使う事も出来るそうです。

おいしいビエトラの見分け方

ビエトラは、どうやっておいしさを見分けるのが良いのでしょうか。
まず、ビエトラは、葉っぱの部分が分厚い方が良いと言われています。
分厚い方が、食べた時の肉厚感がありますし、乾燥にも強いので、保存しやすいのです。
そして、ビエトラの茎の部分は、はっきりとした白いものを選ぶのが良く、灰色っぽくなっていたり、くすんでいる物は、鮮度が低い場合があるので注意した方が良いでしょう。
また、ビエトラは、葉っぱの部分が虫食いになっている事も多く、その部分を取り除けば食べられますが、茎よりも葉っぱの方を食べるのが一般的なので、あまりにも虫食いが多い場合には、食べずに捨てる方が良いと言われています。

ビエトラの価格の目安

ビエトラの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
ビエトラの種は、一袋あたり500円ほどですが、野菜として成長したビエトラは、一般には、ほとんど販売されていません。
一部のレストランでは、ビエトラを使ったメニューも出しているようですが、その価格もピンキリで、ランチに1000円~2000円で食べられるパスタもあれば、4000円ほどのディナーになる場合もあります。
インターネットでは、ビエトラの販売者が紹介されている場合もありますが、これも業者さんなど、ある程度まとめて購入してくれる人でないと、販売していない事が多いと言われています。

ビエトラの有名産地

ビエトラの産地と言えば、どこなのでしょうか。
ビエトラの産地は、イタリアです。
イタリアでは、ビエトラの生産量と消費量が非常に多く、ビエトラを使ったレシピも多いと言えるでしょう。
日本国内でも、ビエトラは一部で流通していますが、その多くがイタリア産の商品で、ネットなどで購入する場合には、まとめ買いをしないと送料なども高くなると言われています。
もちろん、ビエトラは、栽培自体そこまで難しくないので、種があれば、日本国内でも栽培する事は可能だと言えるでしょう。
チンゲンサイやほうれん草が好きな方は、ビエトラを食べてみるとファンになってしまうかもしれません。

ビエトラの種類

ビエトラには、どんな種類があるのでしょうか。
ビエトラには、茎が白く、葉っぱが緑色の品種と、茎の部分が赤い品種があります。
一般に販売されているのは、茎が白い品種で、ほうれん草やチンゲンサイに見た目が似ており、主に葉っぱの部分を食用にします。
茎の部分も食べられるのですが、ビエトラを沢山食べるイタリアの方は、葉っぱの部分だけを食べて、茎を捨ててしまう事が多いようです。
茎が赤い品種も味は変わりませんが、見た目がかなりきつめの赤なので、日本国内では、あまり流通しない種類だと言えるでしょう。
ちなみに、ビエトラは、一年中収穫出来る野菜なので、日本語では「フダン草」という名前がついています。

ビエトラの保存方法

ビエトラは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
ビエトラは、冷蔵庫の野菜室で保存すれば良いのですが、冷蔵庫の温度が冷たすぎると、葉っぱがしおれてしまうので、冷蔵庫にいれる前に、新聞紙に包んでおいた方が良いと言われています。
生の場合には、購入から5日までに食べきるのがいいのですが、それが出来ない場合には、最初に下茹でをしてから、水気を切り、細かく刻んでから冷凍すると良いでしょう。
その後は、解凍してスープに入れたり、クレープのような生地にまいて、クリームソースをかけて食べるのも、簡単でおいしいと言われているのでオススメです。

ビエトラの食べ方

ビエトラを調理する時には、下準備が必要なのでしょうか。
ビエトラは、少しアクのある野菜なので、調理に使う前に少し下茹でをした方が良いと言われています。
下茹では、沸騰したお湯に塩をつまんでいれてから、芯の部分の方から1分、葉っぱの方を30秒ほど茹でます。
その後、水気を切って調理に使うのですが、ビエトラは、サラダなどにして食べる事がないので、少し堅めでも、その後、炒めたり茹でたりする段階で火が通ると言われています。
ビエトラは、見た目がほうれん草にも似ている種類なのですが、ほうれん草に比べると、そこまでアクが強くないので、下茹での時間も短くて済むと言えるでしょう。

ビエトラの簡単な定番レシピ

ビエトラは、どんな風に調理するとおいしいのでしょうか。
オススメは、ビエトラのパスタです。
材料は、パスタ320g、ビエトラ50g、にんにく2個、松の実大さじ1、ペペロンチーノ2個、オリーブオイル適量、塩少々です。
まず、ビエトラの茎の部分を1分、葉っぱの部分を熱湯で30秒分ほど茹でて水を切ります。
フライパンにオイル、みじん切りのにんにく、ペペロンチーノを加えて、弱火で炒めます。
そこにビエトラと松の実を加えて皿に炒め、塩で味を整えます。
パスタは好みの堅さより、若干堅めに茹でておき、水気を切ってから、ソースと和えたら出来上がりです。

ビエトラの栽培

ビエトラの種は、ホームセンターなどでも販売されており、サイズは小さめになりますが、プランターでも栽培は可能です。
ビエトラの種まきは、3月~10月と長く、収穫時期も1年中続くので、初めての方でも、とても育てやすい種類の野菜だと言えるでしょう。
種まきは、2センチほどの深さで、30センチ間隔に行うのが良いと言われており、大きくなった場合には、違うプランターに移植して育てる事も可能です。
また、ビエトラは、害虫にも強く生育も早い為、適度な水を与えていれば、勝手に育ってくれるといえるでしょう。
ちなみに、若菜はサラダに出来ますが、大きな物は下ゆでをしてから、炒め物やスープなどに使うのが良いそうです。