パースニップ

パースニップがわかる!その魅力とは

パースニップの魅力とはなんでしょうか。
パースニップの魅力は、栄養価が高く、煮込み料理などに使っても煮崩れしにくい事だと言われています。
まず、パースニップとは、にんじんに似ている見た目が白い野菜の事で、アメリカやオランダで良く食べられているそうです。
このパースニップには、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富に含まれており、整腸作用、利尿効果、動脈硬化予防、抗がん作用など、本当に様々な効能があると言われています。
そして、パースニップには、独特の甘みがあるだけでなく、シチューやスープなどに入れて、長時間煮込んでも煮崩れしにくいと言うのが大きな魅力だと言えるでしょう。

パースニップの栄養と効能

パースニップには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
パースニップは、野菜類の中でも、バランス良くたくさんの栄養分が含まれていると言われています。
パースニップには、ビタミンC、A、E、B1、ミネラル、食物繊維などが含まれており、昔からヨーロッパでは、薬草として使われてきた野菜なのだとか。
実際の効能としては、鎮痛作用、整腸作用、利尿効果、高血圧予防、抗がん作用などがあると言われています。
パースニップは、スープやシチューとして、ゆっくりと煮込んで食べられる事が多いので、栄養分が溶け出しても、全て食べる事が出来るそうです。

パースニップのカロリー

パースニップには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
パースニップには、100gあたり75カロリーが含まれています。
1本のパースニップが200gほどですから、パースニップ2分の1と考えれば、そこまでの量ではありませんから、野菜の中では、カロリーが高い方だと言えるでしょう。
しかし、パースニップは、ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含んでいる為、総合的に見れば、体に良い食材だと言われています。
ダイエットというと、単純にカロリーだけを減らす方が多いのですが、実際には、栄養バランスとカロリーのバランスが一番大切だと言えるでしょう。

おいしいパースニップの見分け方

パースニップは、どんな風に、おいしさを見分けたら良いのでしょうか。
まず、パースニップは、見た目が白く、形はにんじんの良く似ています。
太さは、先に行くほど細くなっているので、持った時に重みが有り、傷などがついていない物を選ぶのが良いでしょう。
また、大きなパースニップになると、かなり太くなるのですが、あまり大きすぎる物は、全体にまんべんなく栄養が行き渡っていない事もあるので、大きすぎず、小さすぎない物が一番おいしいと言われています。
そして、パースニップは、葉っぱがついているままだと、葉っぱに水分を取られてしまうので、出来るだけ葉がついていないものを選ぶのが良いでしょう。

パースニップの価格の目安

パースニップの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
パースニップの価格は、1本あたり850円ほどだと言われています。
パースニップは、見た目の形が白く、味もにんじんに似ている野菜です。
オランダやアメリカでは、パースニップが良く食べられているのですが、日本国内では、ほとんど流通していないため、パースニップの価格も非常に高いと言えるでしょう。
また、栽培用のパースニップの種も販売されていますが、種の価格も1袋あたり450円~700円ほどするので、高価な種類の野菜だと言われています。
ちなみに、パースニップの苗の価格は、9センチのポット苗で300円ほどです。

パースニップの有名産地

パースニップの産地としては、どこが有名なのでしょうか。
パースニップは、元々ヨーロッパ原産の野菜で見た目が白く、香りや味は、にんじんに似ていると言われています。
現在でも、パースニップの産地として有名なのがオランダで、日本に入ってくるパースニップや、パースニップの種は、オランダ産の物が多いと言えるでしょう。
また、アメリカでも、パースニップを栽培しているそうです。
ちなみに、パースニップの苗は、日本国内でも販売されており、ネットを通せば、農家さんから直接苗を購入する事も可能だと言われています。
パースニップは、入手しにくい野菜なので、一般のスーパーでは購入出来ないと言えるでしょう。

パースニップの種類

パースニップにも、いくつかの種類があるのでしょうか。
パースニップには、大きく分けて、ホロークラウン、スムースホワイト、オールアメリカなどの種類がありますが、この中でも一番有名なのがホロークラウンです。
ホロークラウンは、パースニップの中でも、甘みと香りが強いのが特徴で、大きさもある為、料理に使いやすいと言われています。
日本に輸入されてくるのも、この彫ろークラウンがほとんどで、他のスムースホワイトやオールアメリカは、主にアメリカ国内で生産、販売されている種類だと言えるでしょう。
日本は、パースニップ自体があまり有名では無いので、様々な種類を購入するのは難しいようです。

パースニップの保存方法

パースニップは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
パースニップは、見た目が白いのですが、基本的には、にんじんの保存方法と同じです。
販売されているパースニップの中には、葉っぱがついたままの物もあるのですが、ずっと葉っぱがついていると、葉っぱに水分が取られて、身がしぼんでしまうので、出来るだけ早めに切り落とした方が良いでしょう。
その後は、冷蔵庫の野菜室で保存すれば良いのですが、パースニップは、湿気に弱いので、冷やしすぎや冷蔵庫の湿気を避ける為に、新聞紙にくるんでから保存した方が良いと言われています。
ちなみに、パースニップは、煮込み料理などに加工してから冷凍するという方法もあるそうです。

パースニップの食べ方

パースニップは、どんな食べ方をする野菜なのでしょうか。
パースニップは、基本的に、にんじんと同じように使うのが良いと言われています。
パースニップには、独特の甘みがありますから、煮込む事でこの甘みが料理全体に行き渡るのです。
ヨーロッパでは、パースニップをシチューやスープ、ボルシチなどに使う場合が多く、煮崩れしにくいのも、パースニップの大きな特徴だと言えるでしょう。
ちなみに、パースニップは、にんじんよりも豊富な栄養分を含んでいるので、にんじんよりかは値段が高い野菜ですが、その価値は多いにあると言われています。
機会があれば、料理にパースニップを取り入れてみるのも良いでしょう。

パースニップの簡単な定番レシピ

パースニップの定番レシピと言えば、ポトフです。
材料は、4人分でベーコン100g、ジャガイモ3個、たまねぎ1個、パースニップ1本、キャベツ3枚、ウィンナー6本、コンソメ大さじ3、オリーブオイル大さじ2、塩こしょう少々です。
まず、鍋にオリーブオイルとベーコンを入れてから炒め、食べやすい大きさに切った野菜を一緒にいれます。
全体にオイルが行き渡ったら、野菜がかぶる程度のお湯とコンソメを入れて、野菜が柔らかくなるまで煮込み、そこにウィンナーを入れて塩こしょうで味を整えたら出来上がりです。
じっくりと弱火で煮込む事が、おいしいポトフを作るコツだと言われています。

パースニップの栽培

パースニップは、どうやって栽培する野菜なのでしょうか。
パースニップは、種類によって発芽しにくいものもあるのですが、基本的には、秋まきで春に収穫するのが一般的です。
畑は、深さ50センチほどを耕すのが良く、種をまいたら、発芽するまで土が乾かないようにたっぷりと水をあげます。
発芽して3センチほどに育ったら、少し間引きをして、株間を8センチ~15センチほどにするのが良いでしょう。
収穫は種まきから4ヶ月ほどで出来るようになっていますが、寒い時期に収穫した方が、パースニップの甘みが強く、おいしいと言われています。
ただ、パースニップの栽培は少し難しいので、上級者向けの野菜だと言えるでしょう。