トレビス

トレビスがわかる!その魅力とは

トレビスには、どんな魅力があるのでしょうか。
トレビスの魅力は、色合いと食感が良い事だと言われています。
トレビスは、レッドレタスと呼ばれる赤紫色のレタスの事で、少しサラダに加えるだけで、全体の色合いを鮮やかにしてくれます。
そして、トレビスは、レタスよりも歯切れがいいため食べやすく、加熱すると少し苦みが出てくるので、生食にピッタリの野菜だと言えるでしょう。
もちろん、トレビスは、日本国内であまり流通していないのですが、アメリカやヨーロッパでは、良く食べられているポピュラーな野菜で、アントシアニンも豊富に含まれていると言われています。

トレビスの栄養と効能

トレビスには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
トレビスは、レッドレタスと呼ばれる野菜ですが、栄養分は豊富に含まれているそうです。
トレビスには、葉酸、カリウム、ビタミンCなどが含まれており、貧血予防、高血圧予防、疲労回復、美肌効果などがあると言えるでしょう。
そして、トレビスに含まれる色素成分であるアントシアニンは、視力低下を防ぐ効果があると言われています。
アントシアニンは、ブルーベリーにも豊富に含まれており、パソコンを使う事が多い現代人の眼精疲労回復に役立つと言えるでしょう。
ちなみに、トレビスは、サラダで食べた方が、ビタミンCが沢山摂取出来るそうです。

トレビスのカロリー

トレビスには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
トレビスには、100gあたり18カロリーが含まれています。
トレビスはチコリの変種で、レッドチコリーやレッドキャベツと呼ばれているのですが、栄養分が豊富に含まれている割に、カロリーが低いヘルシーな食材だと言えるでしょう。
特に、トレビスはサラダとして食べられる事が多いので、その点でも、ダイエットメニューにはオススメです。
ただ、トレビスは、あまり一般のスーパーでは見かけませんし、価格も1玉400円ほどと高めなので、日常的にトレビスを食べるのは、少し難しいと言えるでしょう。

おいしいトレビスの見分け方

トレビスは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
トレビスは、赤紫色のレタスの一種で、全体にハリがあるものを選ぶのが良いと言われています。
採れたての新鮮なトレビスは、全体的にみずみずしく、ハリがあると言われており、さらに葉っぱに光沢のあるものは、栄養価も高いと言えるでしょう。
また、トレビスは赤紫色をしているため、色の変色などは分かりにくいのですが、灰色や黒っぽくなっている部分は、その部分だけ取り除けば食べられるそうです。
そして、トレビスは、持った時に重みがあるものの方が、水分が多くおいしいと言われているので、購入する前にチェックした方が良いでしょう。

トレビスの価格の目安

トレビスの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
トレビスの価格は、1個あたり400円~500円ほどだと言われています。
そもそも、トレビスとは、レッドレタスと呼ばれる野菜の一種で、日本国内ではあまり生産されていない分、価格が非常に高いそうです。
日本で流通しているトレビスの多くは、アメリカやヨーロッパから輸入しており、現地ではもっと安く販売されていても、日本国内の輸送費なども合わせると高額になってしまうのです。
その為、トレビスは、一般のスーパーではほとんど販売されておらず、ネットなどを使っても、かなりまとめ買いをしない限り、割高になってしまうと言えるでしょう。

トレビスの有名産地

トレビスの産地は、どこなのでしょうか。
トレビスの産地は、イタリアのトレヴィーゾという町です。
トレビスと言う名前も、このトレヴィーゾという町の名前から来ており、現在でも、トレビスの栽培が盛んに行われているそうです。
その他には、アメリカでも、トレビスの栽培が盛んに行われており、日本に輸入されるトレビスのほとんどはアメリカ産だと言えるでしょう。
また、日本国内でも、青森県でトレビスを栽培していますが、生産量自体は少ないので、あまり一般には流通しない種類の野菜だと言われています。
トレビスは、価格も国内では高いため、一般のスーパーで目にする事もほとんど無いと言えるでしょう。

トレビスの種類

トレビスとは、どんな種類の野菜なのでしょうか。
トレビスは、元々ヨーロッパ原産の野菜で、チコリの変種だと言われています。
英語では、レッドレタスと呼ばれる事が多いのですが、赤紫色の葉っぱは食感が良く、レタスとキャベツの間と言われる事もよくあるそうです。
また、トレビスは、熱を加えると苦みが出てくる品種なので、サラダとして食べるのが一番おいしいと言われています。
特に、イタリアでは、このトレビスを沢山生産しているため、イタリア料理では、トレビスを使ったレシピのレパートリーも多いと言えるでしょう。
ちなみに、日本国内ではネットなどを通して、トレビスを購入する事が出来るそうです。

トレビスの保存方法

トレビスは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
購入したトレビスは、ポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存します。
このトレビスは、レッドレタスと呼ばれる野菜で、特別な保存方法は特にありません。
ただ、トレビスは、あまり日持ちしない野菜なので、購入から3日以内には、食べきった方が良いでしょう。
トレビスの場合には、冷凍保存も出来ませんし、漬け物にもあまり向かないので、早めにサラダにして食べるのが良いと言われています。
スープなどの具材に使う事も出来ますが、トレビスは熱を加えると、苦みが出てくるので、人によって好き嫌いが別れると言えるでしょう。

トレビスの食べ方

トレビスは、火を通すと苦みが出てくる野菜なので、サラダとして食べるのが一般的ですが、トレビスと使ったサラダにも、色々な種類があります。
例えば、普通のレタスのサラダに、トレビスを数枚いれるだけでも、色合いが鮮やかになりますし、きゅうりやトマトと合わせても、カラフルに仕上がると言えるでしょう。
また、トレビスは食感が良いので、同じように食感が強くある水菜と合わせたり、エビを入れてもプリプリとした食感が、トレビスと良く合うと言われています。
さらに、トレビスの苦みが気になる方は、サラダを作ってから上に粉チーズを乗せる事で、味わいがまろやかになるのでオススメです。

トレビスの簡単な定番レシピ

トレビスには、どんなレシピがあるのでしょうか。
トレビスは、サラダに加えると色合いが良くなるので、色々な野菜と合わせてみるのがいいでしょう。
トレビスのサラダの材料は、トレビス36g、かいわれ大根40g、ミニトマト5個、スウィートキャロット3個、ドレッシングとして、バルサミコ酢大さじ1、オリーブオイル大さじ1、クッキングワイン小さじ1です。
トレビス、スイートキャロット、ミニトマトなどを食べやすい大きさに切って、かいわれ大根の根っこを落として洗っておきます。
ドレッシングの調味料を良く混ぜ合わせて、野菜全体に行き渡るようにざっくりと混ぜ合わせたら、簡単なトレビスのサラダの出来上がりです。

トレビスの栽培

トレビスは、どんな風に栽培する野菜なのでしょうか。
トレビスは、春まき、秋まきが出来る野菜で、日当りが良く、風通りの良い場所で育ちやすいと言われています。
ただ、気温が25度以上の場合には、発芽しない場合もありますし、28度以上になると生育が遅れたり、枯れてしまう場合もあるので、しっかりと水をやったり、日陰を作ったりと注意が必要でしょう。
植え付け2週間ほど立ったら追肥を行うのですが、農薬を使わなくても育ちやすい野菜なので、無農薬で育てる事も比較的簡単だと言われています。
ちなみに、トレビスの収穫時期は、植え付けから60日後が目安で、品種によって、大きさが異なるといえるでしょう。