ビーツ

ビーツがわかる!その魅力とは

ビーツの魅力とはなんでしょうか。
ビーツの魅力は、なんと言っても、使い道の多さと、豊富な栄養素だと言われています。
ビーツは、ロシア料理のボルシチにも使われている野菜のひとつで、切っただけでも、手が真っ赤になってしまうほどの色合いがある野菜です。
その為、ビーツは染料としても使われており、その質も高いと言えるでしょう。
あまり日本料理では使われる事がないのですが、ビーツを食べると、免疫力が上がるだけでなく、解毒作用、整腸作用があると言われています。
スーパーでは、販売されている事の少ないビーツですが、機会があれば、試してみるのが良いでしょう。

ビーツの栄養と効能

ビーツには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
ビーツには、βカロテン、ビタミンなどが豊富に含まれていると言われています。
まず、βカロテンは、疲労回復、抗酸化作用、免疫力向上に効果的な栄養成分です。
ビーツは、軽く茹でる事で、とても食べやすくなりますし、体に入った時の解毒、整腸作用が高いと言えるでしょう。
また、ビーツは、ボルシチにも使われており、スープとして食べる事で、ビーツから流れ出た栄養分を吸収出来ると言われています。
ちなみに、ビーツは、お酢やサワークリームとも相性がいいので、色々な味わいを試してみると良いでしょう。

ビーツのカロリー

ビーツのカロリーは、どれくらいなのでしょうか。
ビーツには、100gあたり41カロリーが含まれていると言われています。
ビーツは、見た目がカブにも似ているのですが、砂糖大根の中まで、味としては、芋に近い味だと言えるでしょう。
このビーツは、浅漬け、スープ、煮物などに使う事が出来ますが、赤ビーツになると、かなり色が出てくるので、料理によっては、色合いが合わない場合が多いと言われています。
ちなみに、ビーツの代表的な料理であるボルシチ1杯分には、180カロリーがありますが、ビーツに含まれている栄養分の多さからすると、そこまで高カロリーではないと言えるでしょう。

おいしいビーツの見分け方

ビーツは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
まず、おいしいビーツは、全体に丸みが有り、赤ビーツの場合には、濃い赤紫色をしているものが良いと言われています。
ビーツは、根っこがついている物もあるのですが、皮の表面にハリがあり、根っこも乾燥し過ぎていないものを選ぶのが良いでしょう。
また、ビーツには、いくつかのサイズがあり、栄養がまんべんなく行き渡っているのは、中くらいの大きさのものなので、あまり極端に大きな物は避けた方が良いそうです。
ちなみに、ビーツは、白や黄色の種類も販売されているので、皮のハリとツヤなどでおいしさを見分ける事が多いと言われています。

ビーツの価格の目安

ビーツの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
ビーツの価格は、1キロあたり400円ほどだと言われています。
そもそも、このビーツとは、見た目がカブに似ているアカザ科のサトウダイコンです。
このビーツは、国内だとあまり流通していない野菜なのですが、ロシア料理のボルシチには、欠かせない食材のひとつですし、インターネットなどを介せば、ビーツを農家の方から、直接購入する事も可能だと言われています。
ちなみに、ビーツには、赤、白、黄色などの色の種類があり、主に赤ビーツが、日本国内でも、販売される量が多いと言えるでしょう。
ロシア料理が好きな方なら、一度試してみるのがオススメです。

ビーツの有名産地

ビーツの産地と言えば、どこなのでしょうか。
ビーツは、ロシア料理のボルシチに使われている野菜なので、ロシア産の野菜だと思っている方も多いのですが、ビーツの代表的な産地と言えば、オランダ、ニュージーランド、オーストラリアだと言われています。
日本国内でも、長野県や茨城県で、主に赤ビーツが栽培されており、海外輸入品だと、夏の時期はニュージーランド、オーストラリアから、冬の時期にはオランダから輸入される事が多いようです。
ビーツは、見た目の色合いが強いため、食べにくそうに感じる方も多いのですが、実際には、さっぱりとした味なので食べやすいと言われています。

ビーツの種類

ビーツには、どんな種類があるのでしょうか。
ビーツは、赤、白、黄色、渦巻き模様など、様々な色の種類があると言われています。
ビーツの中でも、一番ポピュラーなのが、赤ビーツで、真っ赤な色合いは、手で触っただけでも色がつくそうです。
その為、赤ビーツの色は、染料としても使われており、代表的な料理では、ロシア料理のボルシチがあげられるでしょう。
そして、ビーツには、白や黄色の種類もあり、こちらは海外で多く食べられているとそうです。
ちなみに、ビーツの産地として有名なのは、ロシアではなく、オランダやオーストラリアで、日本国内では、長野県や茨城県産の物が多いと言われています。

ビーツの保存方法

ビーツは、どんな風に保存すれば良いのでしょうか。
ビーツは、生のままだと悪くなりやすいので、保存する場合には、まず1度茹でるのが良いと言われています。
まず、ビーツを洗って、大体竹串が通る位まで皮ごと熱湯で茹でます。
こうする事で、ビーツの皮も手で剥けるほど柔らかくなりますし、お酢に漬け込んで瓶詰めにするのも、おいしいと言われています。
また、ビーツは、生のまま浅漬けにするのもおいしいと言われていますが、かなり色が出るので、他の野菜とはあまり混ぜない方が良いでしょう。
ちなみに、茹でたビーツは、長い場合で3ヶ月ほど持つと言われていますが、瓶の消毒をしっかりと行う事が大切です。

ビーツの食べ方

ビーツは、どんな風に食べる野菜なのでしょうか。
日本国内では、赤い赤ビーツが販売されている事が多いのですが、ビーツの味わいは芋にも、カブにも少し似ているので、様々な料理に応用出来ると言われています。
まず、ビーツは、生食も出来るので、サラダに添えたり、浅漬けにするのもおいしいと言えるでしょう。
ビーツには、ビタミン類も含まれていますから、火にかけると栄養分が溶け出てしまうので、生食の方が栄養素を吸収しやすいと言われています。
そして、ビーツは、ボルシチなどのスープだけでなく、煮込み料理にも使われており、煮込む事で、ビーツのホクホクとした食感が活きると言えるでしょう。

ビーツの簡単な定番レシピ

ビーツの定番レシピといえば、ボルシチです。
ボルシチの材料は、玉ねぎ1個、にんじん1本、ジャガイモ小2個、キャベツ6分の1、ビーツ缶詰2分の1、牛肉200g、水500cc、赤ワイン50cc、ローリエ1枚、コンソメキューブ1個、トマト缶詰め2分の1缶、サラダオイル適量、塩適量、サワークリームお好みです。
まずは、ジャガイモ、にんじんを乱切り、キャベツ、ビーツは千切り、たまねぎは輪切り、牛肉は食べやすい大きさに切って、鍋に油を敷き、材料を入れて炒めます。
火が通ってきたら赤ワインを入れて煮込み、そこに水とトマト缶、コンソメ、ソーリエを入れて20分ほど煮込んでから、ビーツを入れて、さらに5分ほど煮込み、お好みでサワークリームをかければ完成です。

ビーツの栽培

ビーツは自宅でも栽培出来るのでしょうか。
ビーツは、プランターでも栽培する事が出来る野菜です。
植え付けの時期は、3月の下旬~5月の下旬までで、植え付けから2ヶ月程度で収穫出来るのが魅力ですが、ビーツは、寒い地域では育ちくいため、気温には、十分注意して育てる必要があるでしょう。
種をまいてから2週間ほどは、土を乾燥させない事が大切で、眼がでてきたら、1つの種につき2本ほど残して、残りは間引きするのが良いと言われています。
また、さらに大きくなったら2回目の間引きも必要で、その時に追肥をする事で、さらにビーツが育ちやすくなるそうです。
そして、ビーツの大きさが5センチほどになったら、収穫が可能だと言われています。