ピーマン

ピーマンがわかる!その魅力とは

ピーマンの魅力とはなんでしょうか。
ピーマンの魅力は、ほろ苦い味と豊富な栄養素だと言われています。
ピーマンというと苦みが原因で、好き嫌いが別れる野菜なのですが、ピーマンのほろ苦さが、むしろお肉や他の野菜の味を引き立てる事も多いと言えるでしょう。
そして、苦みが好きでない方は、緑のピーマンではなく、赤ピーマンであれば、苦みもほとんど無いので、食べやすくなると言われています。
さらに、ピーマンには、豊富なβカロテン、カリウム、ビタミンCなどが含まれているため、抗酸化作用、動脈硬化予防、風邪予防の効果があるそうです。
栄養分のバランスが良いのも、ピーマンの大きな魅力だと言えるでしょう。

ピーマンの栄養と効能

ピーマンには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
ピーマンには、βカロテン、ビタミンC、カリウムなどが豊富に含まれています。
βカロテンは、抗酸化作用があるため、アンチエイジングに効果的ですし、栄養素の吸収を助ける効果があるそうです。
そして、ビタミンCは、美肌効果、疲労回復に効果がありますが、あまり火を通しすぎると、ビタミンCの栄養分が壊れてしまうので、注意が必要だと言えるでしょう。
さらに、ピーマンに含まれるカリウムは、動脈硬化や高血圧の予防に効果的な栄養成分ですし、カプサンチンという成分は、がん予防にも効果があると言われています。

ピーマンのカロリー

ピーマンには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
ピーマンには、100gあたり、22カロリーあると言われています。
ピーマンは、水分量が多い野菜なので、カロリーは低く、栄養素のバランスも良いので、ヘルシーな食材だと言えるでしょう。
また、パプリカなど、糖度の高いピーマンの場合には、100gあたり27カロリーと少しだけ、カロリーも上がるようですが、そこまで気にする必要はないと言われています。
ちなみに、ピーマンはビタミンCを含んでいる野菜なので、ピーマンから溶け出した栄養分を摂取するには、スープなどに使うのが良いでしょう。

おいしいピーマンの見分け方

ピーマンのおいしさは、どこで見分けたら良いのでしょうか。
まず、おいしいピーマンは、皮の表面にハリがあり、少し堅めの物を選ぶのが良いと言われています。
ピーマンは、収穫から時間が経つと、表面がシワシワになったり、部分的に柔らかくなってくるので、少し堅めのほうが、長持ちするのです。
また、ピーマンの切り口も、緑色が濃い物を選ぶのが良いと言われており、逆に切り口が黒くなっている物は、鮮度が低いので、購入を控えた方が良いでしょう。
ちなみに、赤ピーマンの場合にも、緑のピーマンと同じようなポイントで、おいしさを見分ける事が出来るそうです。

ピーマンの価格の目安

ピーマンの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
ピーマンは、一袋あたり200円~350円ほどが、一般的な価格だと言われています。
一袋あたりの量は150gほどで、ピーマンの時期が始まったばかりの時には、すこし価格が高くなりますし、有機栽培のピーマンの場合には、さらに価格が上がると言えるでしょう。
また、同じピーマンの量でも、サイズが小さいものは、価格も安くなりますし、スーパーよりも、野菜の直売所などの方が、鮮度が高く価格も安い場合が多いようです。
ちなみに、赤ピーマンの場合には、150gあたり、370円ほどと割高になると言えるでしょう。

ピーマンの有名産地

ピーマンの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
国産ピーマンの産地では、茨城県、宮崎県のものが多いと言われています。
この茨城県、宮崎県のピーマンのみで、日本国内産のピーマンの約5割をしめていると言えるでしょう。
また、ピーマンの種類であるパプリカも人気が高く、特に韓国からの輸入が多いと言われています。
韓国以外でも、オランダやニュージーランドからピーマンを輸入するケースもありますが、鮮度が重要なピーマンは、国内産のピーマンの方が、早く市場に出回ると言えるでしょう。
ちなみに、国際的に見ると、中国やメキシコ、トルコがピーマンの生産国として有名です。

ピーマンの種類

ピーマンには、どんな種類があるのでしょうか。
まず、一般に一番流通しているのが、緑色のピーマンで、主に「さらら」「京ゆたか」などの種類があります。
この種類は、苦みと青臭さがあるのが特徴ですが、加熱する事で、かなり苦みも弱まると言えるでしょう。
また、赤ビーマンは、緑ピーマンが熟成した同じ種類なのですが、緑ピーマンよりも苦みが少なく、甘いのが特徴です。
そして、甘みが強いのが、パプリカで、黄色や赤、オレンジなど、様々な色が有り、臭みが少ないため、生食でも食べられるのが大きな魅力だと言えるでしょう。
ちなみに最近では、糖度が8度ほどのフルーツピーマンも販売されています。

ピーマンの保存方法

ピーマンは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
ピーマンは、冷蔵庫で一週間ほど保存する事が出来るそうです。
まずピーマンは、湿気に弱いので、袋で湿気が溜まっている場合には、最初にキッチンペーパーなどで、湿気を拭き取ってから、新聞紙で包み、野菜室で保存するのが良いでしょう。
また、ピーマンは、カットすると、その部分から悪くなりやすいので、早めに使い切るだけでなく、悪くなった部分は、早めに切り取った方が良いと言われています。
ちなみに、カットした物も、ラップに包んでから冷蔵庫の野菜室で保存すると悪くなりにくいと言えるでしょう。

ピーマンの食べ方

ピーマンには、どんな食べ方があるのでしょうか。
これは、ピーマンの種類によっても異なります。
まず、緑のピーマンの場合には、青臭さと苦みがあるため、火を通さないとかなり食べにくいと言われています。
その為、炒め物として食べられる事が多いと言えるでしょう。
しかし、パプリカなど甘みが強い種類のピーマンは、サラダ用に生食でも食べられますし、青臭さもほとんど無いと言われています。
また、ピーマンは、スープなどの煮込み料理にも、良く合いますし、栄養分を摂取するのにも合っているので、その点でも、様々な料理に応用が利く野菜だと言えるでしょう。

ピーマンの簡単な定番レシピ

ピーマンの定番レシピはなんでしょうか。
ピーマンの簡単料理と言えば、ピーマンのきんぴらです。
材料は、ピーマン4こ、じゃこ10g、ごま油大さじ0.5、めんつゆ(3倍濃縮)大さじ1.5、本みりん大さじ1.5、いりごま少々です。
まず、ピーマンを5ミリ幅に千切りにして、ごま油でピーマンを炒めます。
ピーマンに火が通ってきたら、じゃこを入れて、混ぜ合わさるまで炒め続けます。
その後、めんつゆ、本みりんを入れて、煮汁が無くなるまで炒めます。
火を止めて、いりごまを降れば出来上がりです。
シンプルなおかずですが、ピーマンのうま味が引き立つので、ごはんに合わせるのもオススメだと言えるでしょう。

ピーマンの栽培

ピーマンは、自宅でも栽培出来るのでしょうか。
ピーマンは、日当りが良く、地植え出来る環境なら栽培する事が出来ます。
種まきは、4月~5月くらいで、株間は50センチほど開けるのが良いでしょう。
また、ピーマンは、乾燥に弱い野菜なので、種をまいてからは水切れしないように注意する必要がありますし、3週間おきに追肥をする必要もあるでしょう。
緑ピーマンの場合には、開花から20日ほどで収穫が可能で、時期としては6月~9月が一番おいしいと言われています。
さらに、赤ピーマンの場合には、少し収穫時期を遅らせる必要がありますが、緑ピーマンより甘みがあり、料理の種類も異なるようです。