白菜

白菜がわかる!その魅力とは

白菜の魅力とはなんでしょうか。
白菜の魅力は、様々な料理に応用が利くだけでなく、低カロリーなので、沢山食べても太りにくい事だと言われています。
まず、白菜は、漬け物、鍋物、焼き物、煮物など、沢山のレシピに応用が利きます。
冬場になると、特に鍋物として使われる事の多い白菜ですが、葉っぱの部分を使うのか、芯の部分を使うのかによっても、味わいは大きく異なりますし、炒め物にするのも、別の味わいが楽しめると言えるでしょう。
そして、白菜には、100gあたり、13カロリーしかないので、野菜の中でも、低カロリーで、沢山食べても太らないヘルシー食材だと言われています。

白菜の栄養と効能

白菜の栄養は、なんでしょうか。
白菜には、カリウム、ビタミンK、カルシウムが含まれていると言われています。
まず、カリウムは、体に溜まったナトリウムを外に排出してくれる効果があるため、高血圧、動脈硬化などの予防に効果的だと言えるでしょう。
そして、白菜に含まれるビタミンKも、血液をサラサラにする効果がありますし、カルシウムも、骨を丈夫にするのに欠かせない栄養分だと言われています。
また、白菜には、グルコシノレートという成分も含まれており、このグルコシノレートは、がん予防の効果があるそうです。
白菜は、カロリーが低いのですが、栄養を補助する役割は大きいと言えるでしょう。

白菜のカロリー

白菜には、どのくらいのカロリーがふくまれているのでしょうか。
白菜は、野菜の中でも、低カロリーな食材として知られています。
白菜には、100gあたり、13カロリーほどが含まれており、水分量が多い分、葉もの野菜の中でも、ヘルシーな食材だと言えるでしょう。
また、白菜は、鍋物、漬け物などに使われる事が多いため、調理法自体も低カロリーなレシピが多いと言われています。
特に、白菜を沢山使った鍋は、デトックス効果も高いので、ダイエットレシピとしてもよく使われているそうです。
最近は、ひとり用の鍋も販売されていますから、一人暮らしの方でも、デトックス鍋は始められると言えるでしょう。

おいしい白菜の見分け方

白菜は、どこでおいしさを見分ければ良いのでしょうか。
まず、白菜は、頭の部分を軽く押した時に、弾力があるものを選ぶのが良いと言われています。
そして、葉っぱの緑色もまんべんなくついているだけでなく、先端までしっかりとまいている物は、おいしいと言えるでしょう。
また、すでにカットされている白菜の場合には、葉っぱがぎっしりとつまっている物が良いと言われており、表面が乾燥し過ぎていない事も、ひとつのポイントだと言えるでしょう。
ちなみに、白菜の中には、黒い斑点がついている物がありますが、これは、食べても問題ない物なので、そこまで心配する必要はないようです。

白菜の価格の目安

白菜の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
白菜の価格は、販売元によっても異なります。
安い場合には、2分の1カットで、160円~200円ほどになるといわれています。
しかし、白菜の価格は、時期やその年の相場によって異なるため、価格が高い場合には、同じ量でも、250円~300円ほどになると言えるでしょう。
また、一番安い時では、白菜4つ入りの一箱が、100円だった時もあるようなので、市場の価格が下がりすぎると、原価割れしてしまう農家さんも多いと言われています。
ちなみに、白菜は時期でない時にも、一部販売されていますが、サイズは小さく、価格も高めになるようです。

白菜の有名産地

白菜の産地と言えば、どこでしょうか。
国内産白菜は、様々な地域で栽培されていますが、その中でも、特に出荷量が多いのが、茨城県と長野県です。
茨城県では、国産白菜の全体の30%を生産しており、長野県の場合には、25%ほどを出荷しています。
この2県だけでも、全体の半分以上を占めていると言えるでしょう。
また、白菜は、海外からも輸入されており、その約7割が中国、3割が韓国からの輸入だと言われています。
中国産の白菜は、1キロあたり29円と非常に単価が安いのが特徴で、最近では、輸入白菜の量も、以前に比べると非常に多くなっていると言えるでしょう。

白菜の種類

白菜には、どんな種類があるのでしょうか。
白菜は、その形によって、いくつかの種類に分けられています。
まず、私達が日常的に食べている白菜のほとんどは、円筒形の白菜で、主に「はるさかり」「無双」などの品種です。
これは、外の葉っぱが緑色で、中の葉っぱが、黄緑がかっています。
この種類は、甘みがあり、水分も多い為、料理にも使いやすいと言えるでしょう。
そして、最近売られているのが、ミニという種類の白菜で、普通の白菜が2キロ~4キロなのに対して、ミニ白菜は、1キロ程度しかなく、味わいはそこまで変わらないので、一人暮らしの方に好んで食べられているそうです。

白菜の保存方法

白菜は、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
白菜は、乾燥に弱い為、涼しい所で保存する場合には、新聞紙をまいた方が良いと言われています。
切っていない状態なら、2週間ほど持つと言われており、カットされている物は、ラップに包んだまま、野菜室に入れると良いでしょう。
また、野菜室に入れる時にも、白菜を縦にしておく事で、鮮度が高く保たれると言われています。
ちなみに、白菜を切る時は、縦に切ってしまう事が多いのですが、すぐに使い切れない場合には、切った表面が乾燥してしまうため、外側の葉っぱから1枚ずつ剥がして行った方が良いと言えるでしょう。

白菜の食べ方

白菜には、どんな食べ方があるのでしょうか。
白菜は、色々な食べ方が出来る野菜です。
一般的には、白菜を鍋物の具材としていれる方が多いようですが、白菜の浅漬けやキムチ漬けもおいしいですし、漬け物は、特にその家庭の味が出やすいと言えるでしょう。
また、白菜は、チンゲンサイのように炒め物の具材として使う事も出来ますし、サラッと炒める場合には、そこまで水っぽくもならないので、使いやすいと言われています。
ちなみに、白菜は、煮込むと栄養分が溶け出してしまいますから、白菜の栄養分をしっかりと摂りたい場合には、スープや炒め物など溶け出た栄養分もしっかりと摂取出来る食べ方を選ぶと良いでしょう。

白菜の簡単な定番レシピ

白菜の簡単レシピは、なんでしょうか。
シンプルに白菜のおいしさを引き出すなら、やはり鍋料理がオススメです。
鍋なら、仕込みも、調理もほとんど手間が要りませんし、初めての方でも、簡単に出来ると言えるでしょう。
用意する物は、豚バラ肉300g、白菜10枚ほど、塩こしょう適量、これだけです。
まず、白菜を良く洗ってから、白菜の葉の上に豚バラ肉を乗せて、その上に白菜を乗せるというのを繰り返します。
それから、白菜を5センチほどにざっくりとカットして、そこに白菜と豚バラ肉を並べて行きます。
塩こしょうをふってから、フタをして火にかけて、15分から20分くらいすると出来上がりです。

白菜の栽培

白菜は、自分でも栽培する事が出来るのでしょうか。
地植え出来る環境があれば、家庭菜園でも、白菜を栽培する事が可能です。
まず、白菜の種まきは、寒冷地なら5月下旬~6月下旬で、温暖地の場合には、8月上旬~9月中旬だと言われています。
白菜は、種まきの時期が早すぎても、遅すぎても育ちにくいので、栽培する気候に合わせた時期を選ぶ事が大切だと言えるでしょう。
種まきから35日ほど立つと、葉が沢山出てくるので、3分の1ほどに間引きをしてから、追肥します。
白菜の収穫は、種まきから70日ほどで、根元から引き抜く為に、土を少し濡らしておくのが良いでしょう。