大根

大根がわかる!その魅力とは

大根の魅力とはなんでしょうか。
大根の魅力は、料理のバリエーションが豊富な事だと言われています。
大根は、生のまま千切りや桂切りにして、サラダのトッピングにしてもおいしいですし、漬け物にしても、シャキシャキ感を楽しめる食材です。
そして、おでんなどの煮物に使えば、ほっこりとした仕上がりになるのも、大根の大きな魅力だと言えるでしょう。
さらに、大根は水分量が多いため、煮物にした時には、味が中までしみ込みやすいと言うのも、大根の魅力だと言われています。
販売先によっては、大根の価格もかなり安くなるので、1本購入するだけでも、様々な料理に使い回せるのが、大根の魅力です。

大根の栄養と効能

大根には、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
大根は、カリウム、カルシウム、βカロテンを豊富に含んでいる野菜です。
大根の中でも、大根の葉っぱの部分には、カルシウム、βカロテンが多く含まれており、骨を強くしたり、疲労回復に効果があるので、切り落として炒め物として食べるのがオススメです。
また、大根に含まれるカリウムは、生活習慣病予防にも効果があると言われています。
さらに、大根には、アミラーゼという成分も含まれており、これは、胃もたれや胸やけなどを予防し、胃腸の働きを太付ける効果があるそうです。
ちなみに、大根は、血液サラサラ効果もあるので、日常的に食べるのが良いでしょう。

大根のカロリー

大根には、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
大根には、100gあたり18カロリーが含まれています。
これは、基本的に皮がついていても、茹でた状態でも変わらないと言われています。
大根は、水分が多い野菜のひとつですし、調理法もサラダ、煮物、漬け物、焼き物なので、そこまで高カロリーに仕上げるのが難しい食材だと言えるでしょう。
その為、大根は、ダイエット食材とも言われており、スープに入れたり、煮物にして、水分でお腹を膨らませるという方法もあるようです。
大根は、そこまで栄養素のバランスがいい野菜ではないので、どんな食材をあわせるかも、メニューを考える上で、大切だと言えるでしょう。

おいしい大根の見分け方

大根は、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
大根は、まず、大きさに関わらず、持った時に重みのあるものは、水分が多くおいしいと言われています。
特に、大根の皮にハリがあり、葉付きの物は、葉っぱの色がキレイな緑色で、みずみずしい物を選ぶと良いでしょう。
また、大根は、1本じゃなく、切り落としでも販売されていますが、切り落としだと切ってから鮮度が落ちやすくなるので、出来れば1本で購入した方が、保存には適していると言われています。
ちなみに、大根の皮は葉っぱの近くが緑色っぽくなっている事がありますが、出来れば、そこまで緑色の範囲が大きくない物を選ぶのが良いでしょう。

大根の価格の目安

大根の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
大根は、季節や販売元によっても、価格が大きく異なります。
一般のスーパーでは、大根1本200円するところが多くなってきましたが、激安スーパーの場合には、同じ大根でも、10円~100円という場合もあります。
また、大根が出始める時期は、価格も割高になると言えるでしょう。
ちなみに、大根は、漬け物など加工された形で、販売されている事も多いのですが、これは、漬け物の種類によっても価格が異なり、たくあんの場合には、1本100円で販売されている所もありますが、同じ量でも、500円ほどで販売されている場合もあると言えるでしょう。

大根の有名産地

大根の産地は、どこなのでしょうか。
大根は、全国様々な地域で育てられている野菜です。
大根の国内生産量も、上から順番に北海道、千葉県、青森県、宮崎県、神奈川県など、地理も気候もバラバラですし、大根の品種によっても、産地が大きく異なると言われています。
また、大根は、中国からも輸入されており、日本が海外からの輸入する大根の約95%を中国がしめていると言えるでしょう。
中国の他にも、ベルギーやオランダ、韓国などがあるようです。
ちなみに、大根は、品種によって、三浦半島、京都、鹿児島、長野県、東京など、原産地自体も異なると言われています。

大根の種類

大根には、どんな種類があるのでしょうか。
普段私達が口にする事が多いのは、青首大根という品種の大根です。
大根の首の部分が緑色をしている品種で、重さが1キロ~2キロと、サイズが大きいという特徴があります。
この青首大根は、甘みがあり、水分も多いので、サラダや漬け物だけでなく、おでんなどの煮物にも使いやすいと言われています。
そして、中央が膨らんだ形の三浦大根という品種は、漬け物だけでなく、煮物にしても、煮崩れしにくくおいしいと言えるでしょう。
また、大根には、聖護院大根や桜島大根など、丸い形の品種もありますし、皮が真っ黒な黒大根という品種もあると言われています。

大根の保存方法

大根は、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
大根は、葉付きの状態で販売されている事が多いのですが、長時間葉っぱがついたままだと、葉っぱが実の水分や栄養分を吸収してしまうため、購入後は、葉っぱを切り落として、カットした部分にラップをまいて、冷蔵庫で保存するのが良いと言われています。
切り落とした大根の葉っぱは、その日の内なら、炒め物などにして食べる事も出来るので、捨てずに、料理に使えば、ムダがないと言えるでしょう。
ちなみに、大根の保存期間は1週間ほどで、それ以上になると、大根の皮がしわしわになり、実も柔らかくなってしまうので、早めに食べきるのが一番です。

大根の食べ方

大根は、どんな風に食べるのが一番おいしいのでしょうか。
これは、時期や好みによって異なります。
大根は、サラダから漬け物、煮物、炒め物、スープなど、本当に様々な料理に応用出来る野菜ですし、味にクセもない為、食べやすいのが特徴です。
そのため、夏はサラダや漬け物、冬は煮物など、季節にあわせて、料理のレシピを変えるのも良いでしょう。
また、季節に関係なく、すこし長めに大根を保存したい場合には、大根を漬け物にするのがオススメで、浅漬けなら、簡単で1週間以上の保存も可能だと言われています。
ちなみに、時期によっては、大根が辛い場合もあるので、サラダにする場合には、気をつけた方が良いでしょう。

大根の簡単な定番レシピ

大根には、どんなレシピがあるのでしょうか。
大根をヘルシーに沢山食べたい方には、大根の煮物がオススメです。
材料は、大根小さめ1本、コンニャク1袋、ゆで卵4個、水1リットル、昆布ダシ6g、調味料が、砂糖大さじ2、みりん大さじ1、醤油大さじ3です。
まず、下準備として、ゆで卵を作り、大根は輪切りにしてから、水で煮込んでおき、コンニャクは、食べやすい大きさに切ってからアク抜きをします。
大根が柔らかくなってきたら、アクをすくってからコンビダシを入れて、ゆで卵、こんにゃく、調味料を加えて、全体に味がしみ込むまで煮込みます。
このレシピは、4人前なので、夕飯のおかずにするのにも、ピッタリだと言えるでしょう。

大根の栽培

大根は、家庭菜園でも栽培出来るのでしょうか。
大根は、基本的に地植え出来る土地があれば、栽培出来ると言われています。
基本的に、大根は春まきと秋まきが出来るため、自分の地域の気候にあった時期を選ぶのが良いでしょう。
気候が中間地の場合には、4月上旬~5月上旬までが春まきで、8月の中旬~9月の中旬までが秋まきです。
種まきの後は、芽が出るまで種を乾かさないようにする事が大切で、発芽後も、水を沢山あげる事で、水分の多いおいしい大根が出来ると言われています。
ちなみに、収穫は、早い品種で種まきから60日、遅い品種で100日位が目安だと言えるでしょう。