にんじん

にんじんがわかる!その魅力とは

にんじんには、どんな魅力があるのでしょうか。
にんじんは、甘みが強い野菜なので、子供から大人まで幅広い世代に好かれる野菜ですし、日常的に料理に使っても、あきにくいのが魅力だと言われています。
以前では、にんじんが嫌いな子供も多かったのですが、にんじんの臭いを抑える品種改良などがされたため、最近では、かなりにんじんも食べやすくなっているそうです。
そして、にんじんは、カレー、煮物、サラダ、シチュー、スープ、ジュースなど、様々な料理に使う事の出来る万能の野菜ですから、沢山買った場合にも、使い道に困らないのが大きな魅力だと言えるでしょう。

にんじんの栄養と効能

にんじんには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
にんじんは、豊富なβカロテンを含んでいる野菜です。
βカロテンは、体内に入ると、ビタミンAに変わり、疲労回復や免疫力を強める効果があると言われています。
また、βカロテンは、にんじんの皮に多く含まれているため、出来るだけ、皮をむかない状態で、生食か、スープなど流れ出た栄養分も食べられる調理法にするのが良いと言われています。
また、にんじんには、カリウムも含まれており、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化の予防にも効果的だと言えるでしょう。
にんじんは、甘みが強いだけでなく、体に良い栄養素がぎっしりとつまっているのです。

にんじんのカロリー

にんじんには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
にんじんは、100gあたり、37カロリーがあると言われています。
にんじんは、日常的によく使う野菜ですし、野菜類のなかでは、平均的なカロリー数だと言えるでしょう。
また、にんじんは、加工法によってカロリー数も若干異なると言えるでしょう。
さらに、にんじんは、皮をむいてから調理される事が多いのですが、にんじんの栄養分であるβカロテンは、特に、皮の部分に多く含まれているので、出来るなら皮ごと食べた方が、健康に良いと言われています。
ちなみに、にんじんは、生食でも、茹でても、炒めても、煮込んでも食べられるので、沢山買っても心配ないと言えるでしょう。

おいしいにんじんの見分け方

にんじんは、どこでおいしさを見分けたらいいのでしょうか。
にんじんは、葉の切り口が小さいほうが、果肉が柔らかいと言われています。
そして、上の部分が、緑がかった物は熟していない状態で出荷されている為、調理しても、堅いですから、全体にムラなくオレンジ色が入っている物を選ぶのが良いでしょう。
また、にんじんの皮も張りがあって、柔らかくない物を選びましょう。
にんじんは、鮮度が落ちると、皮が柔らかくなり、その後、シワシワになりますから、その点でも、表面が堅いにんじんを選ぶ事が大切なのです。
ちなみに、にんじんの重さも選ぶ上では重要ですが、これはにんじんのサイズによっても異なると言えるでしょう。

にんじんの価格の目安

にんじんの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
にんじんの価格は、購入する量によっても異なりますが、最近は、1本単位でも、にんじんを販売するお店が増えてきており、小さな物だと1本30円から、大きな物だと1本100円だと言われています。
もちろん、品種によっては、袋入りのにんじんしか扱っていない場合もあり、価格も500gあたり200円~300円になるそうです。
また、にんじんも、まとめ買いすると料金が割安になるため、5キロ単位で購入すると、価格も2500円ほどと安くなると言われています。
ちなみに、にんじんを使った、にんじんジュースの価格は、1本あたり130円ほどです。

 にんじんの有名産地

にんじんの産地と言えば、どこでしょうか。
国内のにんじんの産地では、北海道が有名です。
北海道は、全国のにんじんの約3割を出荷している地域で、大きな大地で育ったにんじんは、甘みが強く、おいしいと言われています。
また、千葉県も、全体の2割のにんじんを出荷している地域で、北海道の品種とは、少し異なると言えるでしょう。
さらに、にんじんは、海外からも輸入されており、その8割が中国からの輸入です。
中国のにんじんは、国産のにんじんよりも、安価という傾向がありますが、ブランドのにんじんというわけではないので、甘みは少し劣りますし、臭みがある品種もあると言われています。

にんじんの種類

にんじんには、どんな種類があるのでしょうか。
私達が普段目にする事が多いのは、五寸にんじんというにんじんの種類で、色はオレンジ色で、サイズが15センチ~20センチほどと大きめです。
この種類のにんじんは、品種改良のおかげで、にんじんの臭みもなくなったので、以前に比べると食べやすくなったと言われています。
そして、最近人気を集めているのが、ミニキャロットという種類で、サイズが10センチほどと小さい上、甘みが強く、果肉も柔らかい為、主にサラダや、料理の付け合わせとして食べられています。
また、にんじんは、皮が紫色の紫にんじんは、アントシアニンを多く含んでいる品種で、サラダや野菜スティックにするのがおいしいそうです。

にんじんの保存方法

にんじんは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
にんじんは、涼しい場所で保管する必要があるため、夏は冷蔵庫の野菜室、冬は室内でも、涼しい場所に保存しましょう。
にんじんは、立てた状態で保存する事が大切で、こうする事で、にんじんが長持ちしやすくなると言われています。
また、にんじんは、水気に弱い為、洗った後に保存する場合も、しっかりと水気を拭き取る必要があるでしょう。
また、葉付きのにんじんは、購入後に葉の部分をカットしないと、どんどん栄養が葉っぱに摂られてしまうので、風味が無くなってしまいます。
葉っぱも炒め物などに使えるので、切ったら、その日の内に使い切ってしまいましょう。

にんじんの食べ方

にんじんの栄養分を、効率よく摂取する為には、どんな食べ方をすれば良いのでしょうか。
にんじんは、豊富なβカロテンを含んでいる野菜です。
βカロテンは、熱を加えると壊れたり、栄養分が外に逃げやすいので、生食が一番良いと言えるでしょう。
また、βカロテンは、果肉よりも、果皮に多く含まれているので、皮付きのままの生食が、一番効率よく栄養分を摂取出来る方法だと言われています。
ちなみに、にんじんは、野菜スティックだけでなく、細くすりおろして、サラダに混ぜ込んでも良いですし、トッピングとして使うのもオススメです。
特に、新鮮なにんじんは甘みが強いので、生食でも臭みを感じないで食べられると言われています。

にんじんの簡単な定番レシピ

にんじんの簡単レシピはなんでしょうか。
にんじんは、生のままでも食べる事が出来ますが、にんじんの甘さを引き出したいなら、炒め物がオススメです。
材料は、にんじん中1本、雑魚大さじ2、酒大さじ1、ごま油大さじ1、2倍濃縮めんつゆ小さじ2、水大さじ3です。
まずは、にんじんをほそ切りにして、ポリ袋に入れて、水を加え、レンジで1分半温めます。
フライパンに、ごま油を敷いてから、にんじんを炒め、雑魚も入れて、酒、めんつゆで味をつけます。
適度に水分が飛んだら、にんじんの雑魚炒めの出来上がりです。
短時間で作れるので、おかずに足すには、ちょうど良いと言えるでしょう。

にんじんの栽培

にんじんは、自宅でも栽培出来るのでしょうか。
答えは、「出来ます」。
にんじんは、地植えが基本で、種まきの2週間前までに肥料と石炭を混ぜて、土に馴染ませておきます。
種をまく前に、しっかりと水をまいて、溝の部分にまき、軽く土をかけます。
1週間~10日すると、発芽するので、葉が込み合っている物は、間引きします。
夏の時期になると、虫がつきやすくなるので、しっかりと虫取りと草取りとしつつ、秋には、葉が枯れてくるので、身が太くなったら収穫します。
また、にんじんを収穫する時には、土を濡らしてから収穫すると、にんじんを引き抜く時に折れにくくなると言えるでしょう。