にら

にらがわかる!その魅力とは

にらには、どんな魅力があるのでしょうか。
にらの魅力は、独特の香りが食欲を増進してくれるだけでなく、少し食べるだけでスタミナがつく事だと言われています。
にらは、炒め物や餃子、鍋物などに使われる事が多いのですが、食べた時の香りが強く、好き嫌いが別れると言えるでしょう。
しかし、にらの香り成分は、食欲増進に効果がある為、食欲が無くなりがちな方には、オススメです。
そして、にらを食べると、血液の流れが良くなったり、抗酸化作用のおかげで、若返り効果や、スタミナアップすると言われています。
にらは、少し料理に足すだけでも、栄養バランスが良くなると言えるでしょう。

にらの栄養と効能

にらには、どんな栄養成分が含まれているのでしょうか。
にらは、βカロテン、カリウム、葉酸などを含んでいる野菜です。
βカロテンは、抗酸化作用があるため、疲労回復や若返りにも効果がある栄養成分として知られており、特に、豚肉と一緒に食べると、栄養の吸収をさらに助けてくれると言えるでしょう。
また、にらに含まれるカリウムには、高血圧、動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果があり、葉酸は血液を作る役割があると言われています。
ちなみに、にらの香り成分であるアリシンは、スタミナアップにも効果のある成分で、香りを吸うだけで、食欲が沸いてきたり、血液の流れを良くする効能があると言えるでしょう。

にらのカロリー

にらには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
にらは、100gあたり、21カロリーほどが含まれています。
にらは、束で販売されていますが、にら1束は100gほどで、1回の食事で、この量を食べきる事は無いので、ダイエット中の方でも、心配ない食材だと言えるでしょう。
にらは、スタミナをつけられる食材としても知られており、少量食べるだけでも、栄養バランスが良くなるのですが、にらの香りは、にんにくと同様に食欲増進の効果が高いので、その点では、食べ過ぎに注意する必要があるでしょう。
また、にらの香りは、血液の流れを良くする効果もあるので、運動前に食べると代謝も良くなるそうです。

おいしいにらの見分け方

おいしいにらは、どうやって見分けられるのでしょうか。
まず、新鮮なにらは、全体が鮮やかな緑色をしていて、表面に張りとツヤがあると言われています。
特に、採れたてのにらの場合には、にらの根元から葉までが、まっすぐに伸びていると言えるでしょう。
また、味が良いにらは、葉の横幅が広く、触った時に肉厚だと言われています。
逆に、いたんでいるにらは、切り口が乾燥したり、変色している事がよくあると言われています。
特に、にらは、折れ曲がるとそこから傷みやすくなりますから、折れている部分があるものは、出来るだけ避けた方が良いと言えるでしょう。

にらの価格の目安

にらの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
にらの価格は、一束100円~150円くらいが一般的な価格だと言われています。
この価格は、国産のニラの価格で、さらに高級な物になると、一束200円ほすると言われています。
また、ネット上では、にらをまとめ買いする事も出来ますし、有機農法で育てられたにらなど、その種類も豊富だと言えるでしょう。
インターネットで野菜を購入すると、新鮮な野菜がすぐに家庭に届くので、鮮度が高い分おいしいですが、ある程度まとめて購入しないと、送料が高くかかってしまうので、注意が必要です。
中には、にらとほうれん草のパックなど、違う野菜とコンビになっている物もあるそうです。

にらの有名産地

にらの産地といえば、どこでしょうか。
国内で有名なにらの産地と言えば、高知県です。
高知県では、国内産のにらの約4分の1を生産していると言われています。
その次に、栃木県、茨城県産のにらが国内では、栽培量が多いと言えるでしょう。
栽培されている種類は、濃い緑色をしている葉にらという種類がほとんどで、他の都道府県でも、栽培されていますが、高知県では、栽培量が多い分、供給も安定していると言われています。
また、地域によっては、黄にらや、花にらも栽培されていますが、これは全体のごく一部だと言えるでしょう。
ちなみに、最近では、海外からのにらの輸入は減ってきているそうです。

にらの種類

にらには、どんな種類があるのでしょうか。
にらには、いくつかの種類がありますが、日常で食べる事が多いのが、葉にらという種類です。
葉にらは葉っぱが緑色で、長さが30センチほど、香りが強いため、炒め物や餃子の具に使われる事が多いと言えるでしょう。
そして、黄にらという種類は、にらもやしとも呼ばれる種類で、日光に当てずに栽培されます。
黄にらは、葉が柔らかく、甘みがあるため、スープや春まきに使われる事が多いようです。
さらに、葉にらに花のツボミがついた状態のものは、花にらという種類で、おもに、ツボミと花茎を食べるのが特徴で、天ぷらとして食べるとおいしいと言われています。

にらの保存方法

にらは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
にらは、乾燥に弱いので、購入後は、新聞紙に包んだり、ビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保管するのが良いと言われています。
また、野菜室に入れる時には、にらを立てた状態で保存すると、鮮度を高く保てると言えるでしょう。
ただ、にらは、生のままだと、冷蔵庫に入れていても、3日ほどで鮮度が落ちてきてしまうので、すぐに使い切れない場合には、水洗いをして、しっかりと水気を拭き取り、カットしてから冷凍すると、1ヶ月ほどの保存が出来るそうです。
にらは、束で販売されているので、一人暮らしの方や家族が少ない方は、早めに冷凍するのがオススメです。

にらの食べ方

にらは、どんな風に食べる野菜なのでしょうか。
にらは、にんにくのように、香り付けに使われる事もあるのですが、にらの香りが好きな方なら、けっこうな量を使って、炒め物にしてもおいしいと言われています。
にらの代表的な料理には、レバニラ炒めがありますが、この場合も調理自体はとても簡単ですから、初めての方でも作る事が出来ますし、少し時間をかけて料理したい方は、にらを餃子の具材として加えるのも良いでしょう。
また、にらの香りを活かすには、汁物にいれるという方法もあり、汁物は味がシンプルな方が、にらの香りが引き立っておいしいと言われています。
ちなみに、にらは根元に近い方が、香りが強いそうです。

にらの簡単な定番レシピ

にらの簡単レシピには、どんなものがあるのでしょうか。
にらの栄養分を、効率的に摂取するなら、豚肉と一緒に調理するのが良いと言われています。
例えば、にらと豚肉を一緒にフライパンで炒めて、塩こしょう、醤油などで味付けするだけでも、簡単なおかずになりますし、鍋料理は、切って煮込むだけなので、簡単だと言えるでしょう。
特に、鍋料理の場合は食べている間に、体の内側から体を温める事が出来るので、血液の流れを良くするのにも効果的です。
にらは、炒め物にすると、香りが引き立っておいしいので、冷蔵庫の野菜とお肉を適当に合わせて作るだけでも、十分なおかずになると言えるでしょう。

にらの栽培

にらは、家庭菜園でも育てられるのでしょうか。
地植え出来る環境があれば、にらは、家庭菜園でも栽培出来ます。
にらの種まきは、3月上旬~4月下旬で、収穫は、次の年の4月の中旬~10月の下旬に行います。
まず、にらの種まきは、それぞれ20センチほどの間隔を空けて、種をまいた後は、薄く土をかぶせて足でふみます。
にらは寒さに弱いので、発芽するまでは、土に新聞紙をかけておくのも良いでしょう。
おいしいにらを育てる為には、肥料も適度にあげる事が大切で、春と秋に1回ずつ追肥が必要です。
20センチ~25センチほどになったら、3センチほど残して刈り取り、すぐに使わない場合はカットしてから冷凍するのが良いでしょう。