なす

なすがわかる!その魅力とは

なすの魅力とは、なんでしょうか。
なすの魅力は、油との相性がとても良く、味にクセがないため、どんな人でも食べやすい事だと言われています。
まず、なすは炒め物、煮物にすると、なすに含まれている油分が出てくるため、とてもおいしいそうです。
特に、野菜炒めになすを加えると、全体にうま味が出るようになりますから、その点でも、おいしさを引き立てるのにピッタリな食材だと言えるでしょう。
そして、なすは、野菜の中でもクセが少ない食材なので、炒め物や煮物だけでなく、漬け物や揚げ物にしてもおいしいのが、大きな魅力です。
ちなみに、価格も安めなので、日常的にも使いやすいと言えるでしょう。

なすの栄養と効能

なすには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
なすには、ナスニンという特殊な栄養素が含まれています。
このナスニンは、ポリフェノールの一種で、日常的に摂取すると、がん予防や、老化防止をする抗酸化作用があると言われています。
そして、ナスニンは、目の疲労を回復するという効果もあるそうです。
このナスニンは、なすの皮に多く含まれている成分なので、皮ごと食べるのが良いと言えるでしょう。
さらに、なすには、カリウムも豊富に含まれており、このカリウムが血圧の上昇を抑えたり、生活習慣病の予防にも効果があると言われています。
特に、夏のなすは、栄養素の量も多いと言えるでしょう。

なすのカロリー

なすには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
なすというと、油が多く出るため、カロリーも高めだと考える方が多いのですが、実際には、100gあたり、22カロリーしかありません。
なすは、油との相性が良いのですが、なす自体にたくさんの油があるわけではないようです。
100gというと、中ぐらいのなす1本分ですから、丸々1本食べても、ヘルシーな食材だと言えるでしょう。
もちろん、なすは、炒め物など、油を使う調理法が多いので、ダイエット中の方は、使う油の量を少なめにする事も、大切だと言われています。
上手に使えば、なすは栄養バランスの良い、ダイエット食材になると言えるでしょう。

おいしいなすの見分け方

なすは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
まず、なすの皮の表面にハリとツヤがあるものを選ぶのが良いと言われています。
そして、全体的に、濃い紫色をしており、色むらがないものを選ぶと良いでしょう。
また、皮だけでなく、なすのヘタも切り口がみずみずしく、ヘタについているトゲも、しっかりと尖っている物は、さらに鮮度が高いと言われています。
さらに、なすがおいしくなる6月~9月に、なすを食べると言う事も大切で、旬の野菜は、ハウスなどで育てられた野菜よりも、栄養価も高いと言えるでしょう。
ちなみに、鮮度が落ちたなすは、皮がシワシワになっているので、見た目ですぐ分かるそうです。

なすの価格の目安

なすの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
なすの価格は、販売元によっても異なります。
一般のスーパーでは、100gあたり、50円程度ですが、1つ1つのなすが大きな場合では、1本ずつでも販売されていると言えるでしょう。
また、野菜の直売所では、なすが袋入りで、200円ほどで販売されている事もありますから、農業が盛んな地域では、さらに価格も安くなると言われています。
ちなみに、なすは、インターネット通販などでも販売されていますが、この場合には、他の野菜も一緒に買うなど、まとめ買いにしないと、送料がかかってしまうので、注意が必要だと言えるでしょう。

なすの有名産地

なすの産地は、どこが有名なのでしょうか。
国内のなすの産地として知られているのは、高知県、熊本県、福岡県です。
なすは、品種によって、様々な地域で栽培する事が出来ますから、本当にたくさんの都道府県で栽培されているそうです。
そして、海外から輸入するなすのほとんどは、韓国からの輸入で、単価は、1キロ260円ほどと安いという特徴があります。
ただ以前に比べると、なすの輸入量は減ってきているので、国内産のなすの人気の方が高いと言えるでしょう。
ちなみに、なすは家庭菜園でも栽培出来る野菜なので、プランターでなすを栽培する家庭も、以前に比べると増えて来ているそうです。

なすの種類

なすには、どんな種類があるのでしょうか。
一般に多く出回っているなすの種類は、中長なすという種類です。
中長なすは、13センチ~15センチほどのサイズで、皮が紫色をしており、果肉も柔らかい品種だと言えるでしょう。
そして、丸なすは球体のナスで、大きさも、野球ボールほどと、少し小さめの品種で、主に揚げ物や焼き物に使われているそうです。
小なすは、3センチ~8センチくらいの小さいナスで、形は丸形と、卵形の2種類があります。
この小なすは、カラシ漬けなどの漬け物として加工される事が多いと言えるでしょう。
ちなみに、なすの中には、白なすといって、皮が白い品種もあるそうです。

なすの保存方法

なすは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
なすは、乾燥と冷気に弱い野菜です。
なすを冷やしすぎると、風味も、鮮度も落ちてしまうので、なすを購入した場合にも、野菜室などに入れる時には、新聞紙に包んだ方が良いと言えるでしょう。
また、なすをカットした状態で保存すると、切り口がすぐに酸化してしまうので、切り口を早めにラップなどで覆ったり、ビニール袋に入れておいた方が良いと言われています。
さらに、なすを加工した状態で保存するなら、漬け物にするのも、ひとつの方法で、タッパーなどにいれれば、1週間ほどは冷蔵庫で保存出来ると言えるでしょう。

なすの食べ方

なすは、どんな食べ方をするのがおいしいのでしょうか。
なすというと、油との相性がいいため、炒め物として食べられる事が多いのですが、炒め物以外にも、様々な食べ方があります。
例えば、なすをスライスして天ぷらにしたり、ラタトゥーユなどの洋風に込み料理にするのもおいしいと言われています。
なすをそのまま焼いて醤油をかけるだけでも、お酒のおつまみになりますし、パスタのトマトソースにも、使い勝手がいいと言えるでしょう。
また、なすは浅漬け、カラシ漬けなど、漬け物にも良く使われる野菜で、炒め物では、なすが苦手な方でも、漬け物にすれば、食べられる事もよくあると言われています。

なすの簡単な定番レシピ

簡単に出来るなすのレシピはなんでしょうか。
簡単に出来るレシピなら、ビーマンとなすの甘酢炒めがオススメです。
材料は2人分で、ピーマン6個、なす3本、ごま油大さじ2、砂糖大さじ2、醤油大さじ2、酢大さじ1、酒大さじ1、だしの素少々、水カップ2分の1です。
まず、ピーマンとなすを乱切りにして、フライパンでごま油を温め、軽く炒めます。
そこに、醤油、オス、砂糖、塩、酒、ダシの素を入れて、さらに全体を混ぜて炒めて行きます。
水を加えてフタをして弱火で5分蒸し、そのごふたを開けて、水分が飛ぶまで強火で炒めたら出来上がりです。
調理時間も非常に短いので、すぐに食べられるおかずだと言えるでしょう。

なすの栽培

なすは、自宅でも栽培出来るのでしょうか。
基本的に、大きいなすになると地植えが必要になりますが、小さななすならプランターでも、育てられると言われています。
なすの育成温度は22度~30度と高めで、春頃に種をまきます。
秋なすの場合には、もう少し時期も遅れるそうです。
おいしいなすを育てる為には、沢山のお水と肥料をあげる事が大切だと言われています。
特に、なすが成長する夏の時期は、土が乾燥しやすいので、その点でも土が乾かないように、たっぷりとお水をあげる必要があるでしょう。
ちなみに、なすの収穫は、開花から20日ほどで、水や肥料がたらないと、花が枯れてしまう事もあるので、注意する必要があります。