トマト

トマトがわかる!その魅力とは

トマトの魅力とはなんでしょうか。
トマトの魅力は、酸味と甘みが強いため、お子様からお年寄りまで、幅広い世代に人気があり、様々な料理に使いやすい事だと言われています。
まず、トマトは、プチトマトから、サイズの大きなトマトまで、本当に様々な種類があり、どんな種類かのトマトによって、味わいも大きく異なります。
また、トマトは、サラダ用だけでなく、スープや煮物、焼き物、ソース、ジュースなど、色々な使い道があるのも魅力だと言われています。
さらに、トマトには、ビタミンC、βカロテンなども豊富に含まれているため、老化防止や疲労回復にも効果があると言えるでしょう。

トマトの栄養と効能

トマトには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
トマトには、βカロテンや、ビタミンC、リコピン、ルチンなどが豊富に含まれています。
まず、βカロテンやビタミンCは、疲労回復や老化防止、美肌効果が高いと言われています。
そして、トマトに含まれるリコピンにも、抗酸化作用があるため、老化防止効果だけでなく、がん予防にも、効果があると言えるでしょう。
また、トマトには、ルチンという成分も含まれており、このルチンは、血液の流れを良くしたり、毛細血管を丈夫にする効果が高いと言われています。
トマトには、血液中のナトリウムを体外に排出する効果の高い、カリウムも含まれていますから、その点でも、健康に効果のある野菜だと言えるでしょう。

トマトのカロリー

トマトには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
トマトには、100gあたり、19カロリーほどが含まれていると言われています。
トマト100gというと、大体小さめのトマト1つか、フルーツトマト2つ分位なので、トマトが好きな方は簡単に食べてしまう量ですが、カロリー数もそこまで高くないので、ダイエット中の方でも、心配なく食べられると言えるでしょう。
また、トマトは、サラダやマリネだけでなく、スープや、パスタ、煮込み料理にも使う事が出来ますし、疲労回復や老化防止に有効な栄養も、沢山入っているので、その点では、毎日食べるのにオススメの食材だと言われています。

おいしいトマトの見分け方

トマトは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
まず、新鮮なトマトは、皮にハリとツヤがあると言われています。
収穫から時間が経つと、ヘタや皮全体がシワシワになってきますから、あまりシワが目立つ物は、おいしくないと言えるでしょう。
そして、トマトの色合いも、全体的に赤く色づいている物が熟していておいしく、持った時に、重みを感じられる物が、特にオススメです。
また、トマトの果頂部に、豊穣洗浄のスジがキレイに出ていると、特に甘みが強いと言えるでしょう。
ちなみに、少し青いトマトの場合には、煮込み料理よりも、生食に使うのが良いと言われています。

トマトの価格の目安

トマトの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
トマトの価格は、品種や時期によっても異なります。
夏には、トマトの収穫量も非常に多くなるため、大きめのトマトひとつでも、50円、パック入りでも、150円ほどで販売されている事が多いのですが、トマトが出始める時期の価格は、2倍ほどになるのが一般的です。
また、プチトマトの場合にも、パックで200円~250円ほどで売られている事が多いようです。
甘みが強い桃太郎などの品種は、特に価格も高くなりますから、どんな料理に使うかによっても、トマトの予算を変えた方が良いと言えるでしょう。

トマトの有名産地

トマトの産地は、どこが有名なのでしょうか。
トマトは、全国各地で栽培されている野菜ですが、その中でも、トマトの出荷量が多いのが、熊本県です。
熊本県の他には、北海道、愛知県、茨城県などが続くのですが、育てている品種も地域によって異なると言えるでしょう。
また、トマトは、海外から輸入している量も多く、その約半分を韓国産のトマトがしめているそうです。
そのつきに3割ほどをアメリカがしめており、主に加工用として使われる事が多いと言えるでしょう。
ちなみに、最近では、家庭菜園でトマトを育てている方も多く、変わったトマトの品種を育てている方もいると言われています。

トマトの種類

トマトには、どんな種類があるのでしょうか。
トマトは、大きさから味わいまで、それぞれの品種で大きく異なります。
まず、一般に流通している量が多いのが、大玉トマトという品種で、1つ150gほどの重さが有り、様々な料理に応用が効きます。
そして、甘みが強い事で知られている桃太郎という品種は、独特の甘みで、一般の人気が非常に高い事で知られているそうです。
さらに、ミニトマトの中にも、赤、黄色、オレンジ色をした品種などが沢山あり、酸味が強い分、サラダなどに適していると言われています。
最近では、桃太郎よりも糖度の高いフルーツトマトも、幅広く販売されているそうです。

トマトの保存方法

トマトは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
まず、購入した段階で、全体が真っ赤に色づいて熟したトマトは、ビニール袋に入れて、冷倉庫の野菜室で保存するのが良いと言われています。
熟したトマトの場合は、常温で保存すると、すぐに腐ってしまうので、冷暗所で保存するのが一番なのです。
そして、また完全に熟していない青いトマトの場合には、常温で2日ほど保存すると、トマトが熟しておいしくなると言われています。
トマトが熟すと、皮が赤くなるだけでなく、香りも強くなりますから、柔らかめのトマトが好きな方には、完熟トマトがオススメだと言えるでしょう。

トマトの食べ方

トマトには、どんな食べ方があるのでしょうか。
トマトは、野菜の中でも、料理のバリエーションが豊富な種類だと言われています。
まず、トマトは生のままで、サラダのトッピングにしても良いですし、カットしたトマトに、塩、オレガノ、オリーブオイルを入れて混ぜるだけでも、簡単なサラダになるのでオススメです。
トマトは、火を通すと酸味が増すので、その酸味を炒め物やスープに活かす事も出来ますし、トマトをいれる事で、全体の味がしまると言えるでしょう。
また、トマトは、野菜やフルーツと一緒にミキサーにかけて飲む事も出来、火を通さない方が、ビタミンなどが壊れにくいためオススメです。

トマトの簡単な定番レシピ

トマトソースは、どうやって作るのでしょうか。
トマトソースには、生のトマトを使っても良いですし、缶詰のトマトだと味が濃厚になると言われています。
トマトソースの材料は、トマト缶1缶、オリーブオイル大さじ3、塩小さじ1~2、にんにく1かけ、砂糖小さじ2分の1、水60ccです。
まずは、鍋を温めて、オリーブオイルと、にんにくを弱火で炒めて、そこに細かく切ったトマトと、砂糖、塩、水を加えて、15分ほどに込みます。
砂糖を入れる事で、トマトの酸味を和らげる事ができるのですが、入れすぎると、ナチュラルな味に仕上がらないので注意が必要です。
煮込んだトマトソースは、熱気ン消毒した容器に入れれば、5日ほどは持つと言われています。

トマトの栽培

トマトは、どんな風に栽培出来るのでしょうか。
プチトマトの場合には、プランターでも、簡単に栽培出来ると言われています。
まず、トマトの種まきは、2月~3月ごろに行い、発芽温度は、24度~30度なので、比較的暖かくなってからの方が、育ちやすいと言えるでしょう。
また、トマトは、水分量が多い野菜なので、水をやり過ぎてしまう場合が多いのですが、実際には、乾燥にも強い野菜なので、水を与えすぎるのは良くないと言われています。
そして、トマトには、アブラムシがとても多くついてしまうのですが、体にも良いトマトを育てたい場合には、やはり手で虫をとった方がいいそうです。