チンゲンサイ

チンゲンサイがわかる!その魅力とは

チンゲンサイの魅力とはなんでしょうか。
チンゲンサイの魅力は、食感が良く、炒め物、スープなどにしても、シャキシャキ感が残る事だと言われています。
チンゲンサイは、中華料理でもよく使われる葉もの野菜ですが、炒め物にしても食感が残るのが、特徴だと言えるでしょう。
また、チンゲンサイは、味にクセがないため、様々な味付けに良くあいますし、中華料理だけでなく、日本食や洋食にも、応用が利くのは、大きな魅力だと言われています。
さらに、チンゲンサイは、βカロテンや、カリウム、ビタミンKなどの栄養分が豊富に含まれているので、栄養バランスが良いのも、ひとつのポイントだといえるでしょう。

チンゲンサイの栄養と効能

チンゲンサイには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
チンゲンサイは、野菜の中でも、かなりバランスの良い栄養素を含んでいます。
まず、チンゲンサイには、疲労回復、抗酸化作用のあるβカロテンを豊富に含んでおり、血液のナトリウムを体外に排出して、血液の流れを良くする効果のあるカリウムも含んでいます。
カリウムは、高血圧予防だけでなく、動脈硬化などの生活習慣病の予防にも効果があるので、その点でも、日常的に食べると、健康への効果が高いでしょう。
また、チンゲンサイには、骨を強くするカルシウムも含まれていますし、風邪予防にも効果的なビタミンCも含まれているそうです。

チンゲンサイのカロリー

チンゲンサイには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
チンゲンサイには、100gあたり、12カロリーほどが含まれています。
これは、野菜類の中でも、カロリーが低い方だと言えるでしょう。
しかし、チンゲンサイは、ビタミンA、C、カリウムなどが豊富に含まれている野菜なので、栄養バランスの良さから言うと、かなりヘルシーな野菜だと言われています。
また、チンゲンサイは、炒め物にすると、少しレシピのカロリーが高くなるのですが、スープや煮物なら、あわせる食材によって、カロリーを少なくキープ出来るので、ダイエット中の方にも、オススメの食材だと言えるでしょう。

おいしいチンゲンサイの見分け方

チンゲンサイは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
チンゲンサイは、葉もの野菜のひとつなので、まず、色合いが淡い緑色をしており、全体がみずみずしい物を選ぶのが良いそうです。
そして、茎の幅が広く、肉厚な物は食感が良く、炒め物やスープに入れても、おいしいと言えるでしょう。
また、根元にかけては、丸みがあるだけでなく、ツヤのあるものを選ぶと間違いないと言われています。
ちなみに、チンゲンサイは鮮度が落ちると、一部が変色したり、枯れている場合があるので、一部だけが枯れている場合には、そこだけ切り取れば良いのですが、全体が枯れていたり、変色している場合には、購入を控えましょう。

チンゲンサイの価格の目安

チンゲンサイの価格は、いくらぐらいが相場なのでしょうか。
チンゲンサイは、1束(200g)で、160円から300円ほどだと言われています。
どの地域で育てられた物かによって価格は、大きく異なりますし、ネットでの販売作の場合には、ある程度の量を購入しないと、送料もかかってしまうので、割高になると言えるでしょう。
また、中華街など、中国系のお店があるところでは、チンゲンサイの価格も、一般の価格よりも、少し安くなっている場合が多いので、気になる場合には、チェックして見るのがオススメです。
ちなみに、チンゲンサイを栽培する為の種は、1袋150円ほどだと言われています。

チンゲンサイの有名産地

チンゲンサイの産地は、どこなのでしょうか。
国内のチンゲンサイは、茨城県や静岡県などで栽培されていると言われています。
もともと、チンゲンサイは、中国原産の野菜なのですが、国内のチンゲンサイの生産量の約26%は茨城県、17%が静岡県から出荷されており、中国からの輸入品もありますが、国内のほうが、鮮度が高くおいしいと言えるでしょう。
また、最近では、自家栽培でも簡単に育てられる「ミニチンゲンサイ」も人気を集めており、種まきから30日ほどで収穫出来る事もあり、家庭菜園でチンゲンサイを栽培する方も増えて来ていると言われています。

チンゲンサイの種類

チンゲンサイにも、いくつかの種類があるのでしょうか。
一般的に食べられている、チンゲンサイは20センチから25センチくらいの「青美」や「冬賞味」などの品種が多く、炒め物、スープ、煮物など、本当に様々なレシピに応用出来ると言われています。
その他にも、ミニチンゲンサイと呼ばれる種類は、30日ほどで主格出来るので、家庭菜園で育てられる事が多く、大きさも、10センチ~15センチと小さく、味は普通のチンゲンサイとほとんど同じだと言えるでしょう。
さらに、パクチョイという種類のチンゲンサイは、茎の部分が白いのですが、普通のチンゲンサイと同じように、食感が良いと言われています。

チンゲンサイの保存方法

チンゲンサイは、どういう風に保存するのが良いのでしょうか。
チンゲンサイは、湿らせた新聞紙で包んでから、ビニール袋に入れて、冷倉庫の野菜室で保存するのが良いと言われています。
こうする事で、チンゲンサイの湿度を保つ事が出来るだけでなく、冷蔵庫の冷気でチンゲンサイが冷え過ぎて悪くなるのを防止出来るのです。
また、生のチンゲンサイは、冷蔵庫に入れても、5日ほどしか持たないので、その点では、最初に軽く茹でてから、タッパーなどで保存した方が、日数は持つと言われています。
堅めに茹でておけば、スープや煮物などに入れた時も、食感が残りますが、炒め物の場合には新鮮なチンゲンサイを使うのが良いでしょう。

チンゲンサイの食べ方

チンゲンサイには、どんな食べ方があるのでしょうか。
中華料理で良く使われるチンゲンサイは、炒め物や、スープ、煮込み料理などに使われています。
チンゲンサイは、白菜のようなシャキシャキ感があるのですが、火を通しても、シャキシャキ感が残るのが特徴です。
その為、自宅でチンゲンサイを調理する場合でも、ある程度強火で調理しても大丈夫なのですが、中華料理店と一般家庭の火力は大きく異なるので、調理時間自体は異なると言えるでしょう。
また、チンゲンサイの茎の部分が白い「パクチョイ」と言う品種も、食べ方はチンゲンサイはほとんど同じで、炒め物やスープなどに使われています。

チンゲンサイの簡単な定番レシピ

チンゲンサイの簡単なレシピはなんでしょうか。
チンゲンサイは、シャキシャキとした食感が特徴的なので、炒め物にするのがオススメです。
2人前~3人前の材料は、チンゲンサイ6枚~8枚、卵2個、コンソメ小さじ2分の1、塩こしょう少々、油小さじ2分の1です。
まず、チンゲンサイを食べやすい大きさに切ってから、卵をほぐして、コンソメと混ぜます。
フライパンに油を敷いて、中火でチンゲンサイを炒めたら、塩こしょうをかけて、さらに、20秒~30秒ほど炒めます。
そこに卵を入れて、かき混ぜながら15秒ほど炒めたら出来上がりです。
調理時間も非常に短いので、即席おかずにはピッタリだと言えるでしょう。

チンゲンサイの栽培

チンゲンサイは、一般家庭でも栽培出来るのでしょか。
最近は、チンゲンサイを家庭で育てる方が増えて来ていると言われています。
家庭菜園で育てるなら、チンゲンサイの中でも、ミニチンゲンサイという、サイズが小さめの品種が良いと言われており、茎も葉っぱも柔らかめなのが特徴です。
このミニチンゲンサイは、種まきから約30日で収穫出来るチンゲンサイなので、その点でも、育てやすいと言えるでしょう。
ちなみに、普通のチンゲンサイは、種まきから20日後くらいに、間引きや、土寄せをする必要があり、収穫までには、だいたい45日ほどかかると言われています。