レモングラス

レモングラスがわかる!その魅力とは

レモングラスの魅力とはなんでしょうか。
レモングラスの魅力は、その爽やかな香りだと言われています。
レモングラスは、レモンにも似たようなスッキリとした香りがあり、料理に使うと、腹痛や下痢の症状改良、食欲増進などの効果があり、アロマオイルとして使っても、気持ちをリフレッシュさせてくれる効果があります。
さらに、レモングラスは、カレーなどのスパイス料理にも、良く使われており、タイ料理として有名なトムヤムクンにも使われているほど、ポピュラーな香料だと言うのも、魅力のひとつだと言えるでしょう。
使い道が多い分、それぞれの好みによって使えるのが、レモングラスの大きな魅力だと言われています。

レモングラスの栄養と効能

レモングラスには、どんな効能があるのでしょうか。
レモングラスは、昔から香料として使われてきた植物で、葉っぱはレモングラスティー、茎はカレーやスープの香り付けとして使われてきました。
レモングラスの香りは、気分をリフレッシュさせてくれるだけでなく、腹痛や下痢を和らげる効果もあると言われており、食前・食後のお茶として、レモングラスティーを一杯飲むだけでも、健康への効果が高いと言えるでしょう。
また、レモングラスは、風邪やインフルエンザの予防や、症状改善の効果もあるので、特に秋や冬の季節にはオススメのお茶だと言われています。

レモングラスのカロリー

レモングラスには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
残念ながら、レモングラスのカロリーは、明らかになっていません。
レモングラスと一言で言っても、その用途は様々で、レモングラスの葉っぱをそのまま料理に使う場合もあれば、レモングラスティーにしたり、レモングラスのオイルとして使う場合もあります。
料理として使う場合でも、香り付け程度なので、料理全体のカロリーを高くする食材でもないと言えるでしょう。
ちなみに、レモングラスの葉っぱや、レモングラスのアロマオイルを湯船に入れてお風呂に入ると、体が温まる効果があるので、冷え性の方にはオススメです。

おいしいレモングラスの見分け方

レモングラスのおいしさは、どこで見分けたら良いのでしょうか。
レモングラスは、料理などに香料として使われる植物で、とても香りが良いという特徴があります。
ただ、香りは、収穫から時間が経つと薄くなってしまいますから、その点では、新鮮なレモングラスを使用する事が大切です。
鮮度の高いレモングラスは、葉っぱが綺麗な緑色で、しなりが少ないと言われています。
逆に収穫から時間が経つと、レモングラスの葉っぱが立たなくなってしまいます。
ちなみに、レモングラスとすすきの葉っぱは似ていますが、レモングラスは、寒さに弱いので、道端に生えているのは、すすきだと言えるでしょう。

レモングラスの価格の目安

レモングラスの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
これは、商品によって異なります。
まず、レモングラスの苗は、250円~400円ほどで販売されており、プランターなどに移植すれば、定期的にレモングラスを収穫する事も出来ると言われています。
また、レモングラスのハーブティーは、100gあたり、700円ほどで、手軽にお茶にして飲める分、価格も少し高めになると言えるでしょう。
さらに、レモングラスは、アロマオイルとしても販売されており、10mlあたり、1500円~1800円ほどになるのが一般的だと言われています。
どんな用途かによって、レモングラスの価格は、大きく異なると言えるでしょう。

レモングラスの有名産地

レモングラスの産地とは、どこなのでしょうか。
レモングラスは、東南アジアで栽培されている植物で、主に、タイやマレーシアから海外に出荷される事が多いようです。
品種によっては、インド、スリランカ、ミャンマーなどが、原産のレモングラスもあるのですが、日本国内で流通しているものは、タイからの輸入が多く、特にトムヤムクンの材料として知られています。
また、レモングラスは、虫が嫌う香りでもあるので、東南アジアでは、虫除けとしてレモングラスを使う事もよくあり、アロマテラピーの分野でも、人気がある種類だと言えるでしょう。
ちなみに、レモングラスは、アフリカや南米、オーストラリアでも、栽培されています。

レモングラスの種類

レモングラスとは、どんな種類の薬草なのでしょうか。
レモングラスは、元々、タイ原産の薬草で、主に、東南アジアで栽培されていますが、様々な健康の効果がある為、アフリカ、南米、オーストラリアでも、幅広く使われています。
このレモングラスは、香り付けとして使われる事が多く、トムヤムクンに使われる材料としては、とても有名だと言えるでしょう。
また、このレモングラスには、50種類以上の種類があると言われており、種類によって食用、薬用、オイル抽出用など、用途が異なるそうです。
ちなみに、レモングラスは、一般家庭でも育てる事が可能で、プランターなどで育てれば、日常的にレモングラスを採取出来ると言われています。

レモングラスの保存方法

レモングラスは、どんな風に保存すれば良いのでしょうか。
レモングラスは、寒さに弱いハーブなので、収穫後も冷蔵庫に入れない方が良いと言われています。
レモングラスは、日が当たる場所であれば、プランターでも育てる事が出来るのですが、寒さにはとても弱いため、霜が降りる場合には、しっかりと場所を変えるなどしないと、冬を越す前に枯れてしまう事が多いようです。
また、長期保存したい場合には、収穫したレモングラスの葉っぱを干して、レモングラスティーにするのも、ひとつの方法だと言われています。
この場合は、湿気を防げば半年ほど持つので、オススメです。

レモングラスの食べ方

レモングラスは、飾り付けに使われる事の多い植物ですが、レモングラスをメインに食べる事は出来るのでしょうか。
レモングラスは、レモンのようなスッキリとした香りが魅力的な食材なのですが、香りが強い分、料理のメインの材料として使うと、食べにくいと言われています。
もちろん、レモングラスティーのように、お茶として出す場合には良いのですが、直接レモングラスを沢山食べるとなると、刺激が強いですし、香りが料理の味を邪魔してしまう事もあります。
その為、レモングラスは、みじん切りにして、料理のトッピングにしたり、トムヤムクンのように、一緒に煮込んで香り付けをする形で使うのがベストだと言えるでしょう。

レモングラスの簡単な定番レシピ

レモングラスには、どんなレシピがあるのでしょうか。
簡単にレモングラスの香りを楽しみたいなら、レモングラスティーがオススメです。
レモングラスティーは、収穫したレモングラスの葉っぱを切ってから乾燥させた物で、風邪予防や食欲増進、消化を助ける効果があります。
レモングラスティーン作り方は、良く洗ったレモングラスを、3センチほどに切って、天日干しにします。
レモングラスは、冬に枯れてしまう植物なので、収穫が多い春か夏に干してしまうのが良いでしょう。
しっかりと乾燥させたら、そのままお湯で出してもいいですし、グァバやローズなど、他の茶葉をブレンドしてもおいしいと言われています。

レモングラスの栽培

レモングラスは、どんな風に栽培したらいいのでしょうか。
レモングラスの苗は、ホームセンターなどでも販売されており、そのまま地植えしても良いですし、プランターに移し替えるのも手軽です。
レモングラスの特性として、高温多湿を好むため、プランターの方が寒い時期に室内に入れられますし、その分、長く持つと言えるでしょう。
そして、レモングラスは、春に言えると、夏には、いつでも収穫出来るようになりますから、地植えする場合には、5株ほどを植え付ければ十分だと言われています。
レモングラスは、食事のトッピングだけでなく、レモングラスティーとして加工も出来るので、初めての方にも、オススメの植物です。