パクチーファラン

パクチーファランがわかる!その魅力とは

パクチーファランの魅力とはなんでしょうか。
パクチーファランの魅力は、パクチーよりも香りが強いため、臭い消しや香り付けに役立つ事だと言われています。
まず、パクチーファランは、パクチーの仲間の野菜で、香りがパクチーにとても似ていますが、噛んだ時に広がる香りは、パクチーよりも強いと言われています。
パクチーは、人によって好き嫌いが別れますから、好きな方にとっては、このパクチーファランの香りが強い方が魅力的だと言えるでしょう。
ただ、パクチーファランは、パクチーに比べると、国内で販売しているお店が少ないため、入手困難なのが難点だと言われています。

パクチーファランの栄養と効能

パクチーファランには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
パクチーファランは、パクチーと似たような香りがある薬味野菜で、その香りには、食欲増進、消化促進などの効果があると言われています。
特に、パクチーファランは、パクチーに比べて、香りが強いので、少量のパクチーファランを料理に使うだけでも、香りづけとしては、十分だと言えるでしょう。
そして、パクチーファランを食べる事で、解毒作用、抗菌作用、殺菌作用があり、風邪や下痢の症状を軽くする効果もあると言われています。
ただ、パクチーファランを大量に食べると、薬味としての効果が強すぎて、逆に体に負担がかかるので、少量を食べるのが良いそうです。

パクチーファランのカロリー

パクチーファランには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
パクチーファランには、100gあたり、17カロリーが含まれていると言われています。
このパクチーファランは、日本ではあまり知られていない野菜なのですが、パクチーファランの栽培が盛んなタイでは、パクチーよりも、パクチーファランを使う事の方が多いそうです。
もちろん、パクチーファランは、パクチーの香りを、さらに強くしたような野菜なので、少しの量でも、十分に香りがつくだけでなく、カロリー数もそこまで高くないので、様々な料理に重宝する食材だと言えるでしょう。

おいしいパクチーファランの見分け方

パクチーファランは、どこでおいしさを見分けるのが良いのでしょうか。
パクチーファランは、パクチーという名前がついていますが、実際のパクチーファランの形は、茎から葉っぱにかけて細長く続いており、形だけなら、パクチーよりも、チンゲンサイの葉っぱに似ていると言われています。
パクチーファランは、葉っぱが大きくて、少し堅めなので、全体の緑色が鮮やかである事と、葉っぱに厚みがあるのを確認した方が良いでしょう。
また、パクチーファランは、トゲの部分もしっかりとトゲがたっている物を選んだ方が、鮮度が良いと言われています。
ちなみに、パクチーファランは、パクチーよりも香りが強いので、料理に使う時は、使う量に注意した方が良いでしょう。

パクチーファランの価格の目安

パクチーファランの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
パクチーファランは、国内でほとんど販売されていないため、価格目安を見極めるのは難しいと言われています。
そもそも、パクチーファランとは、パクチーの仲間の野菜なのですが、パクチーに比べると、販売量が圧倒的に少ないといえるでしょう。
ただ、中には、栽培用のパクチーファランの種を販売している業者も有り、種の場合には、1袋500円ほどで販売されているので、比較的購入しやすい価格だと言われています。
パクチーファランは、パクチーのように、知名度が高くない分、国内で入手するのは、大変だと言えるでしょう。

パクチーファランの有名産地

パクチーファランの産地は、どこが有名なのでしょうか。
パクチーファランは、様々な国で食べられている食材のひとつですが、その中でも、世界的に有名なパクチーファランの産地が、タイです。
タイでは、パクチーファランやパクチーなど、さまざまな野菜を栽培していますし、普段の食事で使われる薬味の量が多い分、消費量も多いと言えるでしょう。
ただ、パクチーファランは、パクチーに比べると、日本国内での流通が少なく、パクチーファランを種から育てている方の方が多いようです。
エスニック系の食材は、国内だと手に入りにくいのですが、パクチーファランの場合は、特に難しいと言えるでしょう。

パクチーファランの種類

パクチーファランとは、どんな種類の野菜なのでしょうか。
パクチーファランは、セリ科の野菜で、名前からも分かるように、パクチーの仲間です。
このパクチーファランは、タイ料理などで多く使われており、その料理の種類も豊富だと言われています。
パクチーと、パクチーファランの違いは、まず形で、パクチーが茎と葉っぱに細かく別れているのに比べて、パクチーファランは、茎と葉っぱが長細く続いており、葉っぱも厚めで堅いと言えるでしょう。
また、パクチーファランは、パクチーに比べると香りが強いため、少量だけでも、薬味として使われていますが、国内では手に入りにくいため、パクチーで代用する事が多いようです。

パクチーファランの保存方法

パクチーファランは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
パクチーファランは、長期保存出来る野菜ではありませんが、基本的に冷蔵庫の野菜室に入れておけば、5日ほどは持つと言われています。
パクチーファランは、パクチーよりも、葉っぱが分厚くて堅い上に、香りも強いという特徴があり、日本国内では販売されている量が少ないのですが、一部では、栽培用などに使われているそうです。
その為、パクチーファランを購入した、もしくは収穫した場合には、野菜室で保管する必要がありますが、この場合には、葉っぱを上にした状態で保存した方が、鮮度が落ちにくいと言われています。

パクチーファランの食べ方

パクチーファランは、パクチーのように生食も出来る野菜なのでしょうか。
パクチーファランは、パクチーに比べると、葉っぱが大きくて堅いという特徴があるため、生食にはむかないと言われています。
特に、パクチーファランは、パクチーよりも香りが強いため、噛んだ時に口に広がる香りが生食だと、強くなり過ぎてしまうのです。
その為、パクチーファランを食べる場合には、煮込み料理やスープの香り付けに使うのが良いと言われています。
ちなみに、パクチーファランは、日本国内で販売されている量が非常に少ないため、自宅でパクチーファランを栽培する方が、最近では増えて来ているそうです。

パクチーファランの簡単な定番レシピ

パクチーファランは、どんな風に調理するのが良いのでしょうか。
パクチーファランは、パクチーよりも、葉っぱが分厚く、堅く、大きい野菜なので、スープや煮込み料理に使うのが良いと言われています。
トムヤムクンは、パクチーファラン、またはパクチーが使われている代表的なレシピで、パクチーファランの場合には、パクチーよりも香りが強い分少量でも、十分な香りがつくのがメリットだと言えるでしょう。
ただ、トムヤムクンだと、材料も多く必要になりますし、煮込む時間もかかるので、簡単に作りたい場合には、カレーの隠し味として、パクチーファランを使うのがオススメです。

パクチーファランの栽培

パクチーファランは、自分でも栽培できるのでしょうか。
パクチーファランは、栽培されたものよりも、栽培用の種の販売量の方が多いので、自家栽培を行っている方なら、挑戦してみるのがオススメです。
パクチーファランの種まきは、4月~6月、9月~11月にかけて行われており、水はけが良く、直射日光があたりすぎない場所でなら、プランターでも栽培が可能です。
パクチーファランの収穫が出来るのは、種まきから3週間ほどとかなり早く、収穫は1度に取りすぎない事、違う株から収穫するように注意すれば、初めての方でも育てやすい種類だと言えるでしょう。