パクチー

パクチーがわかる!その魅力とは

パクチーの魅力とはなんでしょうか。
パクチーの魅力は、その香りにあると言われています。
パクチーは、コリアンダー、コエンドロとも呼ばれている薬草で、主に、タイ料理などの薬味として使われています。
このパクチーには、独特の強い香りがあり、和名では、「カメムシソウ」と呼ばれていたほど、食べた時に、カメムシの臭いのような香りが口に広がります。
その為、パクチーの好き嫌いも大きく別れており、タイ料理など、さまざまな薬草を使う食事では、特に相性が良いと言えるでしょう。
ちなみに、パクチーは、和食や中華などとも、相性がいいので、様々な料理にアレンジ出来るのがポイントだと言われています。

パクチーの栄養と効能

パクチーには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
パクチーは、薬味として使われている野菜で、食欲促進、解毒作用、抗菌作用、消化促進などの効果が強いと言われています。
パクチーは、サラダから煮込み料理まで、様々なレシピに使われていますが、生ものは殺菌効果、煮物は、他のお肉類の臭いを消す効果もあると言えるでしょう。
また、パクチーには、リウマチなどの関節痛を和らげるコツかもあると言われており、日常的に少しずつ食べるのが良いそうです。
ちなみに、パクチーは、タイ料理などによく使われており、大きなスーパーであれば、購入する事も出来る食材だと言えるでしょう。

パクチーのカロリー

パクチーのカロリーは、どれくらいなのでしょうか。
パクチーは、付け合わせなどで使われる事の多い薬味野菜なので、カロリー数自体は知られていませんが、パクチーは、100gあたり、15カロリーほどがあると言われています。
もちろん、一食で、100gのパクチーを食べることは、ほとんどないですし、パクチーには、消化を助ける効果も高いので、ダイエットメニューにパクチーを使っている方が多いようです。
ただ、パクチーは、食欲増進にも効果がある薬味なので、沢山食べても太りにくい野菜中心のメニューであれば、効果が絶大です。
パクチーは、サラダのトッピングだけでなく、煮物やカレー、炒め物など、幅広い料理に応用出来ると言われています。

おいしいパクチーの見分け方

パクチーは、どんな風においしさを見分けたら良いのでしょうか。
パクチーは、スーパーなどで束になって販売されている事が多い野菜です。
その為、パクチーを購入する場合には、パクチーの葉っぱだけでなく、茎の部分も見てから選ぶのが良いと言えるでしょう。
まず、パクチーの全体が鮮やかな緑色で、葉っぱなどに変色がなく、葉っぱ自体も大きい物は、栄養分が多く、おいしいと言われています。
そして、茎の部分は、下の方が白くなっているのですが、その下の部分が茶色などに変色していない物を選びましょう。
また、鮮度が落ちたパクチーは、全体がしんなりとしてくるので、あまり茎が柔らかすぎる物も、購入を避けた方が良いそうです。

パクチーの価格の目安

パクチーの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
パクチーの価格は、販売元によって大きく異なります。
日本国内でパクチーを購入する場合には、100gあたり、200円~300円ほどですが、あまりパクチー自体を扱っているお店が多くないため、ものによっては、500gなど大きな単位で、1500円ほどする場合もあります。
ネットでは、比較的簡単に購入出来るパクチーでも、食事に少量使いたい程度だと、スーパーで購入するのが一番ですし、大手のデパートやスーパーでは、パクチーを販売しているケースが多いと言えるでしょう。
ちなみに、タイ国内では同じ量のパクチーでも、価格が5倍~10倍安いと言われています。

パクチーの有名産地

パクチーの産地としては、どの地域が有名なのでしょうか。
パクチーと言う名前は、タイ語で、英語ではコリアンダーと呼ばれる野菜ですが、パクチーは、海外でも幅広い地域で食べられていると言われています。
日本に輸入されるパクチーのほとんどは、タイ産のパクチーですが、中国、ベトナム、インド、中南米でも、パクチーが料理に使われている事が多いですし、プランターでも育てられる植物だと言えるでしょう。
ただ、タイ料理では、パクチーを使う量も多いですし、国の物価が安い分、パクチーの輸出量は、かなり多いと言われています。
また、日本では、あまり手に入らないパクチーも、タイ現地での価格が非常に安いそうです。

パクチーの種類

パクチーには、どんな種類があるのでしょうか。
パクチーは、セリ科の植物で、コリアンダー、シャンツァイとも呼ばれています。
パクチーに沢山の種類があるわけではありませんが、パクチーは、タイ料理、中華料理、インド料理、中南米料理にも使われるほど、様々な地域に分布している植物で、日本国内でも、栽培する事が可能だと言えるでしょう。
また、パクチーは、サラダなどのトッピングだけでなく、スープや、カレーなど、パクチーを使える料理のバリエーションも多いので、パクチーが好きな方にとっては、沢山の魅力のある食材だと言われています。
ただ、パクチーは、食べた時の香りが非常に強いため、好き嫌いが大きく別れる野菜だと言えるでしょう。

パクチーの保存方法

パクチーには、どんな保存方法があるのでしょうか。
パクチーは、スーパーなどで、葉っぱから根っこまでが束になって販売されています。
すぐにパクチーを食べきれる場合には、そのまま冷蔵庫の野菜室に、葉っぱを上にするよう、立てかけて保存します。
そして、まだ、いつパクチーを調理出来るか分からない場合には、まず、ステンレスのボールにパクチーの根っこを切らない状態で入れて、根っこ全体が浸かる位に水を入れておきます。
こうする事で、パクチーの鮮度が保たれ、新しい芽も出てくる場合があるので、オススメです。
ただ、パクチーの葉っぱは水に濡らすといたみやすくなるので、あくまで根っこを水につけておく事が大切です。

パクチーの食べ方

パクチーは、どんな風に食べられる食材なのでしょうか。
パクチーは、タイ料理やインド料理、ベトナム料理、中華料理などのエスニック料理によく使われる薬味野菜です。
メニューとしては、トムヤムクンや、中華スープの飾りとして使ったり、チャーハンやお肉類と一緒に炒めて食べるのも、香りが良くなりおいしいと言えるでしょう。
ベトナム料理であるフォーのトッピングにも、このパクチーが豊富に使われていますし、インド料理では、お肉の臭みを消す為に、パクチーをいれる場合が多いそうです。
また、中南米では、スープやサルサなどの香り付けにパクチーが使われている場合が多く、その使い道は、非常に多いと言えるでしょう。

パクチーの簡単な定番レシピ

パクチーの簡単レシピには、どんなものがあるのでしょうか。
パクチーは、本当に様々な料理に使う事が出来ますが、簡単な1食を作りたいなら、パクチーのチャーハンがオススメです。
材料は、ごはん2号、パクチー8房、塩ティースプーン1杯、卵1個、味の素少々、にんにく2かけ、ごま油大さじ3分の1です。
まずは、パクチーを洗ってからざく切りにして、にんにくも刻んでおきます。
フライパンに脂を敷いて、溶き卵を入れ、炒り卵を作ってから別皿に置いておきます。
またフライパンに脂を敷いて、にんにく、ごはん、パクチー、卵、塩、味の素の順番で入れて行き、最後に香り付けでごま油をかければ出来上がりです。

パクチーの栽培

パクチーは、自宅でも栽培出来る野菜なのでしょうか。
パクチーは、プランターでも簡単に栽培出来ると言われています。
パクチーの種は、ホームセンターなどで販売されていますし、市販のパクチーをそのまま育てて、新しい芽を収穫するという方法もあります。
種まきをする場合には、霧吹きなどで水をあげる事が大切で、半日陰など直射日光があたりにくい場所の方が育ちやすいと言えるでしょう。
また、数週間すると、パクチーの葉っぱがどんどん伸びてくるので、大体8センチ~10センチほどになったら収穫してしまうのがいいそうです。
さらに、収穫は、毎回別の苗から行うのが良いと言われています。