たんぽぽ

たんぽぽがわかる!その魅力とは

たんぽぽの魅力とは、なんでしょうか。
たんぽぽの魅力は、見た目が可愛らしく、食用や薬用にも幅広く使われている事だと言われています。
まず、たんぽぽといえば、野生に生えているケースが多く、見た目が可愛らしいので、観葉植物としても栽培されています。
香りも優しいですし、色合いが鮮やかなので、その点では、花の種類の中でも特徴的な花だと言えるでしょう。
また、たんぽぽは、葉っぱなどをコーヒーに加工したり、サラダにしたり、たんぽぽ茶として加工する事も出来るので、見るだけでなく、食べてもおいしいのが大きな魅力だと言われています。
ちなみに、たんぽぽコーヒーを作るためには、多くのたんぽぽが必要なため、市販されている物も、比較的高価だと言えるでしょう。

たんぽぽの栄養と効能

たんぽぽには、どんな栄養成分が含まれているのでしょうか。
たんぽぽは、たんぽぽ茶として加工される事も多いのですが、その栄養分は、非常にバランスが良いと言われています。
たんぽぽ茶には、ビタミン、鉄分、ミネラルなどが豊富で、特に妊娠中の女性が飲む事で、気持ちが落ち着いたり、足りてない栄養分を補給出来ると言えるでしょう。
また、胃が弱い方も、たんぽぽ茶を日常的に飲む事で、胃痛や胃のむかつき、胃潰瘍などの症状が良くなる事が多いと言われています。
ちなみに、たんぽぽには、カフェインが含まれていないため、夜寝る前に飲んでも、寝付きに良いと言えるでしょう。

たんぽぽのカロリー

たんぽぽには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
これは、たんぽぽの食べ方によっても異なります。
まず、たんぽぽは、花の部分を天ぷらにして食べる事も出来、このカロリー数は、100gあたり、400カロリーほどと高めだと言われています。
これは、100gの花の量が多く、油などが加わると、さらにカロリー数が増えるからです。
しかし、たんぽぽの花の天ぷらを3つ食べる程度なら、カロリーが低めだと言えるでしょう。
また、たんぽぽ茶のカロリーは、1杯あたり、5カロリーほどですから、お砂糖などを入れなければ、とてもヘルシーな飲み物になると言われています。

おいしいたんぽぽの見分け方

たんぽぽのおいしさは、どこで見分けたら良いのでしょうか。
たんぽぽは、葉っぱの部分をコーヒーやサラダに加工したり、春の時期は、花を天ぷらにする場合もありますが、食用にする場合には、まず新鮮である事が大前提です。
その為、葉っぱや花の色が鮮やかで、摘みたての物を使うのが良いでしょう。
また、食用にしない場合にも、たんぽぽには、沢山の種類があります。
よく知られているのが、ニホンタンポポとセイヨウタンポポで、総苞片が反り返っているのが、セイヨウタンポポなどの外来種で、反り返っていないのが、ニホンタンポポなどの在来種だと言われています。

たんぽぽの価格の目安

たんぽぽの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
たんぽぽは、種や、たんぽぽを加工したタンポポコーヒーなどは販売されていますが、食用のたんぽぽとしての販売は、ほとんどされていません。
たんぽぽの種は、ホームセンターなどで、一袋200円ほどで購入出来ますし、タンポポコーヒーの価格は、150gで1500円ほどと、かなり高めだと言えるでしょう。
ただ、たんぽぽという品種には、様々な種類がありますし、観葉植物として育てるなら、まだ簡単ですが、食用にする場合や、タンポポコーヒーのように加工目的で栽培する場合には、品種や栽培量なども考量する必要があると言われています。

たんぽぽの有名産地

たんぽぽの産地としては、どこが有名なのでしょうか。
たんぽぽは、日本全国だけでなく、海外でも野生で生息している植物ですが、たんぽぽ茶として加工されるたんぽぽは、徳島県から出荷される事が多いようです。
この国内産のたんぽぽ茶は、無農薬、無化学肥料などで育てられている場合が多く、栄養バランスも良いので、幅広い世代の方にオススメだと言えるでしょう。
また、春のたんぽぽは、花や葉っぱの部分も食べられる事が多く、特に毒性もないので、野生のたんぽぽを収穫しても、基本的には、問題なく食べられるそうです。
ちなみに、たんぽぽからは、たんぽぽコーヒーも作る事が出来ます。

たんぽぽの種類

たんぽぽには、どんな種類があるのでしょうか。
たんぽぽには、在来種と、外来種だけでなく、様々な種類があると言われています。
特に在来種のたんぽぽは、種類によって、生息地が異なり、主に本州、四国、九州などで生息しているのが、カンサイタンポポ、宮城や福島などで生息しているのが、オクウスギタンポポ、北海道の高山、千島などで生息しているのが、クモマタンポポです。
たんぽぽというと、ニホンタンポポと、セイヨウタンポポしか知らない方も多いのですが、一般に知られている以上に、たんぽぽの種類は様々で、それぞれの特徴なども異なると言えるでしょう。

たんぽぽの保存方法

たんぽぽは、どんな風に保存したらいいのでしょうか。
まず、たんぽぽは、野生で生えてくる植物なので、観葉植物としておいておく分には、保存も必要ありません。
しかし、たんぽぽが多くなる春先には、たんぽぽの花を天ぷらにしたり、たんぽぽの葉っぱをサラダや、コーヒーにしたりと様々なので、何かと保存が必要になるでしょう。
たんぽぽを食用に加工する場合には、たんぽぽの鮮度を保つ事が第一なので、天ぷらやサラダにする直前に収穫するのが良いと言われています。
たんぽぽは、時間が経つと、全体がしおれてきますから、その点でも、保存というのが難しいのです。
そして、調理後も出来れば、その日に食べてしまうのが良いと言われています。

たんぽぽの食べ方

たんぽぽには、どんな食べ方があるのでしょうか。
たんぽぽは、どの部分をどんな風に加工するかによって、食べ方も大きく異なります。
まず、たんぽぽの花は、春先の新鮮なものであれば、洗ってから天ぷらにする事が出来ますし、たんぽぽの葉っぱは洗ってから、サラダとして食べるのも良いでしょう。
そして、たんぽぽの根っこは、たんぽぽコーヒーやたんぽぽ茶にも使われているそうです。
たんぽぽコーヒーは、たんぽぽの根っこを洗ってから刻んで、3日ほどかけて乾燥させ、その後、フライパンで炒ってから、コーヒーのように挽きます。
他にも、たんぽぽの使い道には、たんぽぽ酒や、たんぽぽエキスなど、様々な種類があると言われています。

たんぽぽの簡単な定番レシピ

たんぽぽは、料理にも使えるのでしょうか。
春先の新鮮なたんぽぽであれば、簡単に料理する事が出来ます。
ただ、花の香りには、食べた時にクセがあるため、たんぽぽの葉っぱの方が食べやすいと言われています。
まず用意する材料は、たんぽぽの葉っぱサラダボウル1杯分、にんにく1かけ、ベーコン1枚、オリーブオイル大さじ1、卵1個、塩こしょう酢適量です。
まず、たんぽぽの葉っぱを良く洗って、食べやすい大きさに切ります。
ベーコンをカリカリになるまで炒めておき、スライスしたにんにくを炒めて、卵もスクランブルエッグ状にします。
それらをたんぽぽの葉っぱの上に乗せて、塩こしょう酢で味を整えれば、簡単なたんぽぽサラダの出来上がりです。

たんぽぽの栽培

たんぽぽを栽培したい場合には、まず何から始めたら良いのでしょうか。
普通たんぽぽというと、たんぽぽの綿毛が飛んだ所に、勝手に生えてくる植物で、根っこがかなり強く、広がっています。
その為、一番簡単な方法だと、すでに生えているたんぽぽを根っこから抜いて、育てたい場所の土に移植する事です。
ただ、この場合には、プランターだと根っこが育ちにくいので、地植えするのが大前提だと言えるでしょう。
また、たんぽぽの種を購入したり、たんぽぽの綿毛を直接まくという方法もありますが、綿毛は非常に飛びやすいので、育てている間に他に飛んで行ってしまう事もあるようです。