たけのこ

たけのこがわかる!その魅力とは

たけのこの魅力とはなんでしょうか。
たけのこの魅力は、食感と香りが良く、栄養分も豊富に含んでいる事だと言われています。
まず、たけのこは、じっくりと煮込んでも、シャキシャキとした食感が残りますし、たけのこの水煮の場合には、香りもかなり弱くなってしまいますが、春物など、新鮮なたけのこの場合には、特に香りが良いという特徴があります。
また、たけのこには、カリウム、食物繊維などが豊富に含まれており、生活習慣病や、腸の具合を整えるのにも、重要な役割を果たしていると言えるでしょう。
たけのこは、味にクセもない為、幅広い世代に好かれている野菜のひとつだと言われています。

たけのこの栄養と効能

たけのこには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
たけのこは、豊富な食物繊維とカリウムを含んでいる食材です。
食物繊維は、ご存知の通り、腸内環境を整える効果がある為、便秘気味の方が多めに摂取すると、便秘解消に役立つと言われています。
そして、カリウムは、体内のナトリウムを体外に排出する効果があるので、血管への負担が減り、高血圧、心筋梗塞、動脈硬化、脳梗塞予防にも効果があると言えるでしょう。
また、たけのこを切った時に出る液体は、チロシンという成分なのですが、これは、脳を活性化させる効果があるそうです。
たけのこは、おいしい季節にまとめて沢山食べるのが良いでしょう。

たけのこのカロリー

たけのこには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
たけのこは、100gあたり、26カロリーと比較的ヘルシーな野菜だと言われています。
たけのこが使われる料理によっても異なりますが、基本的に、煮物や炊き込みごはんでは、カロリー数が低く、揚げ物や炒め物では高めになると言えるでしょう。
ただ、たけのこは、スープなどに刻んで入れられている事もよくありますし、中華料理の中でも、消化を助ける役目の食材だと言われています。
ちなみに、たけのこは、和え物にいれる事も出来ますから、その料理のバリエーションは、本当に沢山あると言えるでしょう。

おいしいたけのこの見分け方

たけのこのおいしさは、どこで見分けたら良いのでしょうか。
たけのこは、持った時に重みが有り、形も、縦長の物よりかは、ずんぐりとした形の物の方が、おいしいと言われています。
たけのこの性質として、まだ土に生えている時に、穂先が日に当たると、穂先が濃い緑色になり、風味が落ちてしまうので、皮をむいていない状態で販売されている場合には、穂先の色合いが、黄色から薄黄色のものを選ぶのが良いでしょう。
ちなみに、たけのこは、皮がつやつやとしていて、根元のイボが赤くなっていない物が良いと言われており、すでに切ってある場合でも、切り口や皮のみずみずしさなどをチェックしてみると良いそうです。

たけのこの価格の目安

たけのこの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
たけのこの価格は、1キロ1400円ほどだと言われています。
一般的なスーパーでも、たけのこは扱われていますが、多くの場合がたけのこの水煮など、小さなサイズで販売されているケースが多いと言えるでしょう。
この場合の価格も、1袋あたり、300円ほどになります。
そして、水煮は真空パックに入っているケースが多く、一人暮らしや家族の人数が少ない家庭でも、ちょうどいい量だと言えるでしょう。
ちなみに、たけのこは、5キロ単位など、ネットでまとめて購入すると、少量で購入するよりも、比較的安くなると言われています。

たけのこの有名産地

たけのこの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
国内で、一番たけのこの生産量が多いのは、福岡県です。
福岡県では、全国のたけのこの2割強を占めており、それに続いて、熊本県が、約10%のシェアを誇っています。
生産されているのは、孟宗竹という一番ポピュラーなたけのこの品種で、収穫時期は、3月~5月頃に行われています。
たけのこの中には、北海道などの寒い地域でも栽培出来る種類もありますが、孟宗竹の場合は、九州や関西地方で栽培・出荷される事が多いでしょう。
また、たけのこは、中国からも輸入されていますが、多くの場合が加工用として使われているそうです。

たけのこの種類

たけのこには、どんな種類があるのでしょうか。
まず、私達が普段食べる事の多いたけのこは、「孟宗竹(もうそうちく)」という品種です。
この孟宗竹は、全体が太く、香りが強いだけでなく、肉質も柔らかい為、一般の方が料理する場合でも、おいしく仕上がります。
ただ、この孟宗竹は、たけのこの中でもアクが強いため、まず収穫後はアク抜きをしないと、調理に使えないという特徴があります。
また、たけのこには、淡竹(はちく)という細長い形をしたたけのこもあり、こちらは、あっさりとしているので、煮物だけでなく、揚げ物にもあっている品種だと言えるでしょう。

たけのこの保存方法

たけのこは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
たけのこは、収穫から日にちが経つと、えぐみが増して、どんどん風味が落ちてしまうと言われています。
その為、たけのこを購入した後は、出来るだけ早くアク抜きをした方が良いと言われています。
アク抜きをしたたけのこは、毎日水を変えれば、5日ほど持つと言われていますが、瓶詰めにしたり、砂糖をまぶして保存容器に入れても、3ヶ月ほどは持つのでので、長期保存をしたい方にはオススメです。
ちなみに、たけのこは煮物だけでなく、炒め物や揚げ物、炊き込みごはんなどにも応用が利くので、比較的早く消費出来ると言えるでしょう。

たけのこの食べ方

たけのこは、どんな風に食べる食材なのでしょうか。
たけのこは、種類によって、下茹でをしなくても調理出来る物もありますが、一般に出回っている種類の場合には、まず最初にお湯にたけのこ、米ぬか(たけのこ1キロの場合は、2分の1カップほど)、赤唐辛子を入れて、1時間ほど弱火で茹でる必要があります。
このアク抜きの作業が面倒くさい方は、最初からたけのこの水煮パックを購入すればいいのですが、これは少し香りが弱くなると言えるでしょう。
ちなみに、下茹でをしたたけのこは、揚げ物、炒め物、煮物、焼き物、和え物など、様々な料理に応用が利くので、たけのこのフルコースを自宅で作る事も出来ると言われています。

たけのこの簡単な定番レシピ

たけのこは、どんなレシピに使うのが良いのでしょうか。
たけのこの風味を引き出すレシピなら、たけのこの炊き込みごはんがオススメです。
材料は、天然ダシの味パック1パック、米3合、ゆでたけのこ200g、油揚げ2愛、木の芽適量、醤油大さじ2、酒大さじ1、塩小さじ1、砂糖小さじ1です。
まずは、米を洗って、水と一緒に味パックを入れて、3時間~4時間ほど置きます。
たけのこは、3ミリくらいのイチョウ切りにしてから、臭みを摂る為に熱湯をかけておき、油揚げは、食べやすいように千切りにします。
お米に醤油、酒、塩、砂糖を加えて良くかき混ぜ、たけのこ、油揚げを入れて炊き上げ、10分蒸らしてから、木の芽を添えれば出来上がりです。

たけのこの栽培

たけのこは、自分でも栽培出来るのでしょうか。
たけのこは、その名の通り、竹林の中で育つ野菜なので、一般家庭でたけのこを栽培するのは、とても難しいと言われています。
一般に多く流通しているのは、孟宗竹(もうそうちく)という品種のたけのこで、このたけのこを育てる為には、この孟宗竹を育てる必要があると言えるでしょう。
また、たけのこは、姫竹と呼ばれる品種くらいでないと、寒い地域では育ちませんし、他の品種も九州など、比較的温暖な気候で育つ事が多いので、気候の面でも、地域によっては、たけのこの栽培が難しいと言われています。
家庭菜園なら、たけのこよりも、もっと手軽な野菜にしておいた方が良いでしょう。