セロリアック

セロリアックがわかる!その魅力とは

セロリアックの魅力とはなんでしょうか。
セロリアックの魅力は、セロリの仲間でありながら、香りと味が柔らかく、調理する事で、香りも変化する事だと言われています。
セロリアックは、名前からも分かるようにセロリの仲間で、根セロリと呼ばれる事もある野菜です。
根っこだけを食べる物なので、香りやクセが強そうに感じる方もいるのですが、実際には、セロリよりも、優しい味わいだと言われています。
そして、セロリアックは、見た目が少し悪いのですが、熱を加えて調理する事で、香り自体も、かなり柔らかくなるので、初めての方でも食べやすいのが大きな魅力だと言えるでしょう。

セロリアックの栄養と効能

セロリアックには、どんな効能があるのでしょうか。
セロリアックは、国内では知名度の低い野菜なので、栄養成分自体も知られていませんが、セロリアックを良く食べるヨーロッパでは、セロリアックに含まれるビタミンCや、葉酸、カリウムなどによる効能が高いと知られています。
まず、セロリアックに含まれるビタミンCは、美肌を作るのに効果的なだけでなく、疲労回復の効果も高いそうです。
そして、葉酸は、血液を作り出す成分なので、貧血予防に効果的ですし、セロリアックに含まれるカリウムは、動脈硬化、高血圧、心筋梗塞などの生活習慣病を予防する効果があると言われています。

セロリアックのカロリー

セロリアックには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
セロリアックには、100gあたり42カロリーほどが含まれていると言われています。
野菜類にしては、カロリーが少し高い方なのですが、これは、セロリアックが根っこのみを食用とする野菜で、根っこには、栄養分も凝縮している分、カロリー数が高いのです。
そして、セロリアックは、ひとつの根っこで、重量が1キロを超える事もよくありますから、その点でも、1回の食事で摂取するカロリー数が、少し高めになると言えるでしょう。
ちなみに、セロリアックは、サラダだけでなく、煮込み料理などに使われる事が多いと言われています。

おいしいセロリアックの見分け方

セロリアックには、おいしさを見分けるコツがあるのでしょうか。
セロリアックは、根っこだけを食用にする野菜で、見た目はまるっこく、薄茶色をしています。
スーパーなどで販売されている事は、ほとんどないのですが、実際にセロリアックを見てから購入出来る場合には、持った時に重みがあるものを選ぶのが良いでしょう。
セロリアックは、1つの根っこだけで1キロを超える物もあるので、どれも重いのですが、小さくても、ずっしりとした重みがあるものは、特にオススメです。
また、セロリアック自体も、少し堅めの物の方がおいしいと言われているので、触った時に、少し柔らかく感じる物は、 避けた方が良いでしょう。

セロリアックの価格の目安

セロリアックの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
セロリアックの価格は、販売元によって異なりますが、1つの重さが、1。2キロほどと重く、1つの価格も、1000円~2000円と、校歌だと言われています。
このセロリアックは、国内ではほとんど栽培されていない野菜のひとつで、国内で流通している物も、ベルギーやオランダから輸入している商品なので、その分、価格も高くなると言えるでしょう。
また、自家栽培出来るセロリアックの種も販売されており、この価格は、1袋あたり250円~370円ほどで購入出来るそうです。
家庭菜園をやっている方なら、手間がかかっても、自分でセロリアックを育てた方が良いかもしれません。

セロリアックの有名産地

セロリアックの産地としては、どこが有名なのでしょうか。
セロリアックは、日本国内でも販売されていますが、その産地のほとんどがヨーロッパです。
ヨーロッパの中でも、フランス、ベルギー、オランダでは、セロリアックの栽培が盛んで、日本国内では、セロリアックの種が販売されていても、セロリアックの実は、1キロ1000円~2000円ほどで取引されている高級な野菜だと言えるでしょう。
セロリアックは、根っこの部分を食べる野菜なので、見た目もあまり良くなく、日本食の料理にも使われる事がないため、あまり普及しませんし、ヨーロッパで栽培している分、価格も高くなってしまうそうです。

セロリアックの種類

セロリアックとは、どんな種類の野菜なのでしょうか。
セロリアックは、セリ科の野菜で、セロリの仲間だと言われています。
このセロリアックは、根っこの部分のみを食用にするため、根セロリ、芋セロリとよばれる事もあり、日本国内では、ほとんど流通していませんが、フランスやオランダ、ベルギーでは、セロリアックが料理に使われる事も多いそうです。
味わいとしては、セロリに似た香りもあるのですが、実際には、セロリよりも、香りも味も柔らかいのが特徴です。
特に、熱を加える事で、風味も優しくなるので、煮込み料理などにも、多く使われていると言われています。

セロリアックの保存方法

セロリアックは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
まず市販されているセロリアックは、すでに葉っぱの部分が切り落とされているので、セロリアックの根っこそのものを涼しい場所で保管すると良いでしょう。
冷蔵庫に入れる場合には、袋に入れた方が良いと言われていますが、この場合には、袋にいくつかの穴をあけて保存する事で、セロリアックが呼吸しやすくなるそうです。
また、セロリアックは、長期保存が可能な野菜のひとつで、保管状況によっては、収穫から3ヶ月ほどたっても食べる事が出来ますが、冷蔵庫だと冷やし過ぎてしまう分、1週間ほどしか持たないので、注意しましょう。

セロリアックの食べ方

セロリアックには、どんな食べ方があるのでしょうか。
セロリアックは、リンゴとの相性が良いと言われており、千切りにして、そのままサラダにしても良いのですが、火を通す事で、さらに風味が柔らかくなると言えるでしょう。
その為、ヨーロッパでは、セロリアックをリンゴと一緒に煮込む事が多いと言われています。
また、セロリアックの皮をむいてから、細めに切って、お肉と一緒に炒め物にするのもおいしいと言われており、様々な味付けにも良く合うと言えるでしょう。
ちなみに、セロリアックの香りは、セロリにも似ていますが、火を通せば香りが弱くなり、セロリが嫌いな方でも食べられると言われています。

セロリアックの簡単な定番レシピ

セロリアックを使ったレシピには、どんな物があるのでしょうか。
セロリアックは、ヨーロッパで多く食べられる野菜で、特にリンゴとの相性がよく、サラダにされる事が多いようです。
材料は、セロリアック1個、リンゴ2分の1、ツナ缶1缶、マヨネーズ大さじ3、酢少々、塩少々、胡椒少々です。
まず、セロリアックの皮をむいて、ほそ切りにしてから、リンゴをセロリアックよりも、少し細めに細切りにします。
その後、ボウルにセロリアック、リンゴ、酢を入れてかき混ぜてから、ツナ缶、マヨネーズ、塩胡椒で味を整えたら出来上がりです。
セロリアックは、セロリに似た優しい香りもするのでオススメです。

セロリアックの栽培

セロリアックは、栽培出来るのでしょうか。
セロリアックは、ヨーロッパを中心に栽培されている野菜で、日本国内でも、セロリアックの種が販売されています。
セロリアックの栽培期間は、100日~150日と種類によっても異なりますが、基本的には、春に種をまき、夏の終わりに収穫、または、初荷種をまき、秋に収穫というのが一般的です。
このセロリアックを栽培する上で、育苗時には、気温が7度以下にならないようにする事が重要で、低い気温からセロリアックの苗を守る事で、良いセロリアックが育ちやすくなるそうです。
ちなみに、セロリアックは、プランターで栽培すると、あまり大きく育たないと言われています。