北海黄金

北海黄金がわかる!その魅力とは

北海黄金の魅力とはなんでしょうか。
北海黄金の魅力は、そのホクホクとした食感で、特に、フライドポテトなどの調理に良く合う事だと言われています。
北海黄金は、もともと、フライドポテトに加工する為に作られた品種で、実の部分がフライにした時に、綺麗な黄金色に揚がる事から、その名前が付けられたそうです。
そして、北海黄金は、北あかりとメークインを合わせた品種と言う事もあり、ホクホクとしていながら煮崩れしにくく、煮込み料理にも使いやすいのが、大きな魅力だと言えるでしょう。
ちなみに、北海黄金は、あまりスーパーなどで販売されていないので、ネットを通して購入するのがオススメです。

北海黄金の栄養と効能

北海黄金には、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
北海黄金には、ポテトペプチドという成分が含まれていると言われています。
このポテトペプチドは、北海黄金だけでなく、他のジャガイモにも含まれているのですが、最近になってこのポテトペプチドが、悪玉コレステロールを減らす役割があるという研究結果があったそうです。
もちろん、北海黄金が体にいいからと言って、フライドポテトを食べ過ぎれば、さらにコレステロール値があがってしまいますが、適量を食べる分には、健康にも良い食材だと言えるでしょう。
ちなみに、北海黄金には、カリウムやビタミンCも含まれていると言われています。

北海黄金のカロリー

北海黄金には、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
北海黄金には、100gあたり、74カロリーほどが含まれています。
ジャガイモは、野菜の中でもカロリーが高いため、ダイエットには、不向きだと言われていますが、これも調理法によって大きく変わると言えるでしょう。
北海黄金などのジャガイモは、カロリーが高い分、腹持ちも良いですし、満腹感を得やすいという特徴があります。
その為、デトックススープには、ジャガイモが使われていますし、葉もの野菜などでは取れない栄養分もカバーする役割があるのです。
健康的なダイエットにとって重要なのは、ただ単にカロリーを減らすのではなく、栄養バランスを整える事だと言えるでしょう。

おいしい北海黄金の見分け方

北海黄金のおいしさは、どうやって見分けたら良いのでしょうか。
北海黄金は、元々フライドポテトとして加工する為に作られた品種なので、形も丸っこい物よりも、細長い形の方が、フライドポテトに加工するのに優れていると言えるでしょう。
そして、北海黄金は、実の色が他のジャガイモに比べて薄いので、あまり黄色みが強くなくても、品質としては心配ないと言われています。
ただ、北海黄金は、企業用のフライドポテトの加工に使われる量が圧倒的に多いため、一般のスーパーでは、市販される事がほとんどありませんから、ネットなどを通さないと、一般の方が購入するのは難しいと言えるでしょう。

北海黄金の価格の目安

北海黄金の価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
これは、販売先によっても異なりますが、ネットなどで北海黄金を購入する場合には、4キロあたり、1000円~3000円と、価格が大きく異なるようです。
北海黄金は、男爵やメークインなどに比べると、そこまでメジャーなジャガイモの種類ではないので、スーパーなどで見かける事は少ないのですが、インターネット通販を使えば、ある程度安価で購入する事も可能だと言えるでしょう。
ちなみに、北海黄金を含むジャガイモ類は、まとめて購入した方が、割安になる事が多く、1キロ、3キロ、5キロ、10キロと、購入する量によっても、価格は異なると言われています。

北海黄金の有名産地

北海黄金の産地と言えば、どこなのでしょうか。
北海黄金の産地は、ジャガイモの産地として有名な北海道です。
特に、北海道の十勝地方では、北海黄金の栽培が盛んに行われており、収穫された北海黄金のほとんどが、業務用のポテトフライ材料として使われています。
その為、私達の普段の生活で、北海黄金を見かける事は、ほとんどありませんし、ネットなどでチェックしていても、購入出来ないケースが多いと言えるでしょう。
ちなみに、北海黄金が販売されるのは、11月~12月の間なので、運が良ければ、その時期にネット通販などで、北海黄金を産地直送する事は可能だと言われています。

北海黄金の種類

北海黄金とは、どんな種類のジャガイモなのでしょうか。
北海黄金は、元々、北あかりとメークインを交配改良した品種で、北あかりよりもうま味成分が強いだけでなく、メークインのように粘着系のじゃがいもなので、煮込み料理に使っても煮崩れしにくいという特徴があるそうです。
また、北海黄金は、フライドポテトの加工用に開発された品種なので、収穫される北海黄金のほとんどは、フライドポテトの加工材料に使われており、一般家庭には、なかなか手に入りにくいジャガイモの種類だと言われています。
ちなみに、北海黄金は、一般家庭で使うなら、フライドポテトの他に、スープやシチューなどの調理法がオススメです。

北海黄金の保存方法

北海黄金は、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
北海黄金は、ジャガイモの中でも、長期保存しやすい品種だと言われており、まとめ買いした場合には、風通しの良い涼しい場所で保存すれば、1ヶ月ほどは保存出来ると言われています。
しかし、すでに育ち過ぎていて、芽が出ているジャガイモは、すぐに芽を取って食べてしまわないと、風味がどんどん落ちてしまいますし、他のジャガイモも芽がで始めるので注意が必要です。
また、冷蔵庫で保管する場合には、リンゴを一緒に保存すると、リンゴから出る酸の影響で、ジャガイモから芽が出やすくなるので分けて保存した方が良いでしょう。

北海黄金の食べ方

北海黄金には、どんな食べ方があるのでしょうか。
北海黄金は、元々フライドポテト用に開発された種類なので、揚げ物に使われる事が多いのですが、実際には、煮物や炒め物にも合う品種だと言われています。
この北海黄金は、うま味が強いだけでなく、煮崩れしにくいという特徴もある為、スープやカレー、シチューに使っても、実が崩れにくいですから、一般家庭の料理にも使いやすいと言えるでしょう。
また、北海黄金は、ジャーマンポテトなどに使っても、風味が引き立って美味しいと言われているので、様々な応用が利くと言われています。
ただ、北海黄金は、ネットなどを通さないと、なかなか購入出来ないと言えるでしょう。

北海黄金の簡単な定番レシピ

北海黄金に合っているレシピと言えば、「フライドポテト」です。
北海黄金は、フライドポテト用に開発された品種ですから、自宅で作るフライドポテトでも、おいしく仕上がると言われています。
材料は、北海黄金300g、油適量、塩適量のみで、北海黄金の皮をむいて、好みの細さに切って行きます。
細みの場合には、カリカリの仕上がりになりますし、太みの場合には、ホクホクとした食感になると言えるでしょう。
油は200度以上の高温に温めておき、北海黄金の水気をしっかり取ってから、黄色っぽくなるまで揚げます。
その後は、油を切って、ペーパータオルなどで油を拭き取ってから、塩をかければ出来上がりです。

北海黄金の栽培

北海黄金は、家庭菜園でも栽培出来るのでしょうか。
北海黄金は、地植え出来る土地が有り、気温が低めの土地であれば、家庭菜園でも、育つと言われています。
北海黄金は、芽がでた北海黄金の芽を切ってから、芽を上にするように植え込んで、芽が出てから、3分の1程度に間引きします。
その後、残った茎が冷えすぎないように、1ヶ月に1度のペースで、土寄せをして行きます。
また、北海黄金の新じゃがを収穫してからも、大振りの北海黄金を育て続ける事も出来るでしょう。
ちなみに、北海黄金は、花が枯れてから収穫するのですが、気候によっては、茎が病気で枯れてしまう事もあるので、注意した方が良いと言われています。