紅丸

紅丸がわかる!その魅力とは

紅丸の魅力とはなんでしょうか。
紅丸は、でんぷんの原料になるほど、でんぷんが多いジャガイモの品種なのですが、貯蔵期間が長くなると、甘みが増して、煮崩れしにくくなるという特徴があります。
紅丸は、元々、レンブケ・フルエ・ローゼンと、ペポーと言う品種を掛け合わせて作られたジャガイモの一種で、収穫量が多く、質の良いでんぷんが採れる品種として知られています。
実際のところ、収穫される紅丸のほとんどは、でんぷんの原料として使われており、市場に紅丸が出回る事は少ないのですが、調理用に使ってみると、甘みが強く、長時間煮込んでも煮崩れしにくい為、使いやすい種類だと言えるでしょう。

紅丸の栄養と効能

紅丸には、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
まず、紅丸は、でんぷんの原料になるほど、豊富なでんぷんを含んでいます。
でんぷんは、体に入ると、ブドウ糖に変わり、脳にエネルギーを与えられると言われています。
ただ、このブドウ糖を取りすぎると、それは脂肪分として吸収されてしまうので、あまりジャガイモを食べ過ぎると、肥満の原因になるでしょう。
もちろん、紅丸には、他にもビタミンCが豊富に含まれており、日焼け後に肌の組織を生成したり、プルプルの美肌を作るだけでなく、疲労回復にも効果が強いのが特徴です。
ちなみに、紅丸は、調理用に使うと、煮崩れしにくいというメリットもあるといわれています。

紅丸のカロリー

紅丸には、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
紅丸は、でんぷんの量が多い物の、カロリー数は他のジャガイモと比べて、ほとんど変わりないと言われています。
紅丸には、100gあたり、73カロリーが含まれていますし、これは生の状態なので、茹でた場合には、少しカロリー数も減ると言えるでしょう。
ただ、紅丸は、でんぷんの原料になるジャガイモの一種ですから、一般家庭で食べられること自体が少なく、食用として調理した場合のカロリー数については、あまりたくさんの情報がないと言われています。
ちなみに、紅丸を調理するなら煮込みものに使うと、煮崩れしにくいため調理しやすいと言えるでしょう。

おいしい紅丸の見分け方

紅丸は、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
紅丸は、でんぷんの原料として使われている為、一般の市場に出回る事が、かなり少ないのですが、基本的には、形が丸く、大きなへこみなどもない紅丸を選ぶのが良いと言われています。
また、ジャガイモは育ちすぎると、勝手に芽が出てきてしまいますし、その部分の皮が緑色に変色するので、その点では、小さくても、芽がでている物は、早めに摘み取った方が良いと言えるでしょう。
ちなみに、紅丸は、そこまで実が大きなじゃがいもではないので、大きさよりも、全体の形などで、おいしさを見分けるのが良いと言われています。

紅丸の価格の目安

紅丸の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
紅丸の価格は、販売元によっても異なりますが、500gあたり、250円~300円ほどだと言われています。
紅丸は甘みが強く、煮崩れしにくい為、料理に使いやすいという特徴があるため、今までは紅丸を使わなかった方も、一度食べてから、紅丸の魅力に気付くと言う事もよくあると言えるでしょう。
ちなみに、紅丸は、でんぷんを抽出する為の原料になる事が多く、一般のスーバーでは、見かける事がほとんどありませんが、地方からのお取り寄せや、一部コープでは、取扱があるため、1度は試してみるのがオススメです。

紅丸の有名産地

紅丸の産地としては、どこが有名なのでしょうか。
紅丸は、北海道生まれのジャガイモの一種で、現在でも、北海道を中心に栽培されています。
北海道と言えば、ジャガイモの産地として有名ですが、紅丸は、でんぷんの原料として使われている為、収穫量が多くても、紅丸が一般家庭で食べられる事はほとんど無いと言えるでしょう。
ただ、紅丸は、甘みが強く、煮崩れもしにくいため、調理用としては優れているジャガイモの品種で、インターネットを通して探し、紅丸の収穫時期に合っていれば、ネット通販で、紅丸を購入する事も出来ると言われています。
北海道は、美味しい食べ物が沢山ありますから、わざわざ産地直送する価値があると言えるでしょう。

紅丸の種類

紅丸とは、どんな種類のジャガイモなのでしょうか。
紅丸は、紅色のレンブケ・フルエ・ローゼンと、収穫量が多いペポーという品種を混ぜて作られた品種で、豊富なでんぷん質を含むため、現在は、収穫される紅丸のほとんどが、でんぷんの原料として使われています。
その為、一般のスーパーで、紅丸を見かけること自体ほとんどないのですが、調理してみると煮崩れしにくく、収穫後に貯蔵させた物の方が、甘みが強くおいいと言えるでしょう。
紅丸の購入は、ネットを通したり、一部のコープでも行っていますが、そのほとんどが季節物なので、紅丸を一度も食べた事がないという方も、とても多いと言われています。

紅丸の保存方法

紅丸は、どのように保存したら良いのでしょうか。
紅丸は、涼しくて、風通しの良い場所に保存するのが良いと言われています。
この紅丸は、でんぷんの原料として使われる場合にも、涼しい貯蔵室で保存されており、貯蔵する事で、本来の甘みが増すという特徴があるようです。
ただ、一般家庭では、涼しい場所もあまりない場合が多いので、その場合は、冷蔵庫で保存するのが良いでしょう。
また、土付きの紅丸の場合には、土が乾燥から紅丸の実を守ってくれている為、土は調理する直前まで洗い落とさずに、新聞紙に包んで、野菜室で保存するのが一番良いと言われています。

紅丸の食べ方

紅丸は、どんな食べ方をするジャガイモなのでしょうか。
紅丸は、調理用のジャガイモとしても、一部で販売されていますが、基本的には、収穫量のほとんどが、でんぷんに加工されています。
紅丸で作られたでんぷんは「でん粉」として、いももちや、カボチャのしるこ、いも団子シチューとして食べられています。
でんぷんと言うのは、多くのジャガイモの品種に含まれていますが、紅丸からは良質なでんぷんが採れるだけでなく、紅丸という品種自体が、一定の収穫量をキープ出来るのも、紅丸の魅力だと言えるでしょう。
ちなみに、家庭料理の場合には、紅丸を肉じゃがや、シチュー、煮物などにいれるのが一般的です。

紅丸の簡単な定番レシピ

紅丸の定番レシピと言えば、なんでしょうか。
紅丸は、でんぷんの原料に使われる事が多いため、あまり一般に出回らないジャガイモの品種なのですが、北海道では、紅丸を販売している農家さんも有り、調理にも使いやすいと言われています。
例えば、紅丸をカレーに使うと、最初から紅丸を炒めていても、最後まで型くずれしにくくなるので、カレーにジャガイモがとけて、鍋が焦げ付きやすくなるというのを防げると言えるでしょう。
また、肉じゃがにする場合にも、じっくりと煮込むのがポイントで、他の食材よりも、若干早く鍋に入れておくと、火の通りが良くなり、味がしみ込みやすくなると言われています。

紅丸の栽培

紅丸は、自分でも、栽培出来るのでしょうか。
紅丸は、北海道を中心に栽培されているジャガイモの種類で、芽がでた紅丸の実が手に入れば、自分で栽培する事も可能です。
というのも、紅丸のほとんどは、でんぷんの材料として使われてしまいますから、生の紅丸を入手するのは、北海道以外では、とても難しいと言われているのです。
しかし、紅丸は、栽培法さえ間違えなければ、安定した収穫が出来る品種なので、その点では、あまり農業になれていない方でも、栽培出来ると言われています。
ちなみに、紅丸は、普通のジャガイモよりも早植えをして、倒伏を減らすという栽培法も取られています。