メイクイーン

メイクイーンがわかる!その魅力とは

メイクイーンの魅力とはなんでしょうか。
メイクイーンの魅力は、煮崩れしにくいため、様々な料理に応用出来る事だと言われています。
まず、メイクイーンは、粘り気の強いタイプのジャガイモの品種で、ホクホク恵のコロッケよりも、カレーやシチュー、おでんなどの、煮込み料理に合っていると言われています。
おでんの場合には、長いと1日以上、火にかけていると言う事もありますから、それでも煮崩れしないメイクイーンは、調理にも使いやすいと言えるでしょう。
また、メイクイーンは、フライドポテトや、ポテトサラダなどにも、幅広く応用出来るので、調理法を選ばないと言う点でも優れていると言われています。

メイクイーンの栄養と効能

メイクイーンには、どんな栄養成分が含まれているのでしょうか。
メイクイーンには、ビタミンC、カリウム、クロロゲン酸などが含まれています。
ビタミンCは美肌、疲労回復効果があり、ジャガイモに含まれているビタミンCは、でんぷんに守られている為、熱を加えても、ビタミンCが崩れにくいという特徴があります。
そして、カリウムには、高血圧、動脈硬化防止などの効果があると言えるでしょう。
さらに、クロロゲン酸と言うのは、ポリフェノールの一種で、皮ごとメイクイーンを食べる事で、高酸化作用が期待出来ると言われています。
ただ、ジャガイモは、比較的カロリーが高めの野菜なので、食べ過ぎには要注意です。

メイクイーンのカロリー

メイクイーンのカロリーは、どのくらいあるのでしょうか。
メイクイーンには、100gあたり、76カロリーが含まれているそうです。
ジャガイモは野菜類の中でも、カロリーが高めなのですが、これは調理法によって異なると言えるでしょう。
例えば、おでんに入れられているジャガイモの場合には、100gあたり、80カロリーほどしかありませんが、同じジャガイモでも、フライドポテトにすると、300カロリーを超える事もあります。
つまり、メイクイーンをどんな風に調理するかによっても、カロリーの量は変わりますし、ダイエットにも影響が出ると言われています。

おいしいメイクイーンの見分け方

メイクイーンには、おいしさを見分けるコツがあるのでしょうか。
メイクイーンは、皮の表面がスベスベとしている種類で、皮の色も薄い茶色をしています。
メイクイーンを選ぶ時には、まず皮が滑らかな事、そして、持った時に重みのあるものを選ぶのが良いと言われています。
重みのあるジャガイモは、水分量も栄養分も多いと言えるでしょう。
また、メイクイーンの中には、形がとても大きい物もありますが、形が大きいのに重みがないものは、中が空洞になっている事が多く、美味しくないと言われています。
さらに、育ち過ぎたメイクイーンは、芽がでたり、皮が緑色になっていたり、皮にシワが出来るので、購入を控えた方が良いでしょう。

メイクイーンの価格の目安

メイクイーンの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
メイクイーンの価格は、5キロあたり、2000円~2500円ほどだと言われています。
しかし、ネット上で販売されているメイクイーンの中には、10キロで、2000円という破格の値段でも、メイクイーンを販売している業者があるので、色々なサイトをチェックしてみると良いでしょう。
また、メイクイーンは、ジャガイモの品種の中でも、特に人気が高いと言われているので、一般のスーパーでも、購入することができますし、調理法も幅広いと言われています。
ちなみに、メイクイーンは、煮崩れしにくいジャガイモなので、カレーやシチューにもオススメです。

メイクイーンの有名産地

メイクイーンの産地としては、どこが有名なのでしょうか。
メイクイーンの元々の産地は、イギリスです。
ジャガイモの原産は、南米のアンデスと言われていますが、メイクイーンは、昔からイギリスで幅広く食べられていた品種で、大正時代に日本に導入されたと言われています。
しかし、現在、メイクイーンの国内産地として有名なのは、北海道で、特に十勝地方では、メイクイーンや男爵、北あかりなど、様々なジャガイモの品種を育てているそうです。
ちなみに、メイクイーンは、一般にも人気があるため、スーパーでも、良く目にする品種ですし、ネット通販でも、メイクイーンを格安で販売している農家があると言われています。

メイクイーンの種類

ジャガイモには、いくつかの種類がありますが、その中でも、メイクイーンは、どんな品種なのでしょうか。
ジャガイモというと、北海道で開発された品種が多いのですが、その中でも、メイクイーンは、イギリスで生まれた品種で、大正時代から日本で栽培されています。
特徴としては、くぼみが少なく、皮がツヤツヤとしている為、むきやすいと言われており、実は粘質なので、煮込み料理でも煮崩れしにくいそうです。
ただ、メイクイーンは、ホクホクとした食感は少ないため、じゃがバタや、コロッケ、マッシュポテトには、あまり向かないジャガイモの品種だと言えるでしょう。

メイクイーンの保存方法

メイクイーンは、どんな風に保存すれば良いのでしょうか。
メイクイーンは、他のジャガイモと同様に、風通しが良く、涼しい場所で保存するのが良いと言われています。
その場合には、段ボールの中に入れておくのではなく、新聞紙などに包んでおいた方が良いそうです。
また、メイクイーンは、日光に当たっている時間が長くなると皮の表面が緑色に変色してしまいます。
その為、出来るだけ日陰になっている場所の方が、メイクイーンが長持ちすると言えるでしょう。
ちなみに、メイクイーンを冷凍する場合には、生の状態ではなく、一度茹でて、マッシュ状にしてから、ラップなどで平たくして冷凍すると良いと言われています。

メイクイーンの食べ方

メイクイーンは、どんな食べ方が合っているのでしょうか。
メイクイーンは、基本的には、どんな料理でも合うと言われていますが、特に煮込み料理とは、相性が良いと言われています。
メイクイーンは、長時間煮込んでも煮崩れしないという特徴があるため、ポタージュや、ミネストローネ、クリームシチュー、カレーにも、使い勝手が良いと言えるでしょう。
さらに、和食では、肉じゃがやおでんの具材としても人気があり、特に煮込み料理が多くなる冬の季節には、様々な調理法に応用が利くと言われています。
ちなみに、メイクイーンに含まれるビタミンCは、でんぷん質に守られている為、栄養分が崩れにくいそうです。

メイクイーンの簡単な定番レシピ

メイクイーンの定番レシピと言えば、なんでしょうか。
メイクイーンは、粘り気が強い種類のジャガイモなので、煮込み料理に向いていると言われています。
作り方が簡単なのは、やはりカレーで、メイクイーン150g、にんじん1本、たまねぎ1個、鶏モモ肉100g、カレールー50g、水300cc、サラダ油少々があれば出来てしまいます。
まずは、野菜類の皮をむいて、野菜、鶏肉を食べやすい大きさに切ったら、鍋に油を加えて、野菜類を炒め、ある程度、火が入ってきてから鶏肉を加えてさらに炒めます。
そして、全体に火が通ってから水を入れて、沸騰した頃にカレールーを入れます。
あとは、弱火で煮込んで、ごはんと合わせれば完成です。

メイクイーンの栽培

メイクイーンは、自分でも栽培出来るのでしょうか。
メイクイーンは、小さな畑くらいの土地があれば、栽培する事が出来ます。
まず、芽がでたメイクイーンを馬糞やバーク堆肥などを混ぜこんだ土に植えて、5センチくらい土をかけます。
10日ほどすると、芽が出てくるので、だいたい3分の1程度に間引きします。
残った芽が伸びてきた場合には、芽が寒さに耐えられるように、あと5センチほど土寄せをして、メイクイーンを植えた位置から、大体10センチ~15センチほどになるようにします。
その後、メイクイーンの花が枯れたら、収穫時期になり、種芋1キロから15キロほどが収穫出来ると言われています。