トヨシロ

トヨシロがわかる!その魅力とは

トヨシロの魅力とはなんでしょうか。
トヨシロの魅力は、料理にもおやつにも使いやすい事だと言われています。
そもそも、トヨシロとは、ジャガイモの品種のひとつで、ポテトチップスの材料に使われる品種として知られているそうです。
トヨシロは、火を通しても型くずれしにくいため、揚げ物だけでなく、肉じゃガや、シチューとも相性が良いと言われており、様々な用途があるのも、大きな魅力だと言えるでしょう。
また、トヨシロは、ネット通販を使えば、産地から直接仕入れる事も出来る野菜で、北海道で採れたてのトヨシロを自宅に直送する方は、ここ数年で徐々に増えて来ていると言われています。

トヨシロの栄養と効能

トヨシロには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
トヨシロは、カリウムやビタミンCを含んでいるジャガイモの一種です。
トヨシロに含まれるカリウムには、体の余分なナトリウム(塩分)を排出させる効果がある為、血管への負担が少なくなり、高血圧や、動脈硬化などの予防に効果があると言われています。
また、トヨシロに含まれるビタミンCは、美肌効果だけでなく、疲労回復にも有効です。
ちなみに、このトヨシロは、加工用のジャガイモとして使われる為、栄養価が非常に高いと言う事はないのですが、一般のジャガイモと同じように、バランスの良い栄養素を持っていると言えるでしょう。

トヨシロのカロリー

トヨシロのカロリーは、どれくらい高いのでしょうか。
トヨシロは、加工用のジャガイモとして使われている品種で、生の状態では、100gあたり、75カロリーほどだと言われています。
野菜類の中では、カロリーが高い方なのですが、ごはん1杯は130カロリーほどですから、ビタミンCの量なども考えると、妥当な数値だと言えるでしょう。
ただ、トヨシロは、ポテトチップスの材料にも使われている品種で、ポテトチップスのカロリーは、100gあたり、554カロリーと、非常に高くなると言われています。
もちろん、100gのポテトチップスを食べる事は、ほとんどないのですが、食べる頻度には気をつけないと、塩分過多にもなってしまうでしょう。

おいしいトヨシロの見分け方

トヨシロは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
トヨシロは、加工用に使われる事の多いジャガイモの種類で、皮や身の色は比較的薄めだと言われています。
おいしくて栄養が行き渡っているトヨシロは、全体に丸みが有り、太さが均一で、皮にもツヤがあるものが良いそうです。
もちろん、中には、すこし土がついた状態で販売されているトヨシロもあり、土が乾燥から守る役割をしているのですが、その時にも、全体の形や色合いを見る事は大切だと言えるでしょう。
また、育ちすぎ、食べごろを過ぎているトヨシロは、すでに芽が出てきてしまっており、皮が若干緑色になっています。
それでも、芽を切って食べる事は出来ますが、風味は落ちると言えるでしょう。

トヨシロの価格の目安

トヨシロの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
トヨシロの価格は、販売元によっても異なりますが、産地から直送する場合には、5キロで1000円~1300円ほどだと言われています。
しかし、これも、トヨシロのサイズによって異なり、サイズが大きめのトヨシロだけを集めた場合には、同じ量でも、2000円以上すると言えるでしょう。
トヨシロは、ポテトチップスの材料によく使われているジャガイモで、あまり一般には、販売されていないのですが、型くずれしにくいため、ポテトチップスだけでなく、煮込み料理にも使いやすい種類だと言われています。
また、トヨシロは、コイケヤのポテトチップスとして有名だと言えるでしょう。

トヨシロの有名産地

トヨシロの産地と言えば、どこなのでしょうか。
トヨシロは、ポテトチップスや、ポテトフライに使われる事の多いジャガイモの品種ですが、元々、北海道で育成されて出来上がった品種で、現在でも、北海道がトヨシロの産地だと言われています。
特に、トヨシロの産地として有名なのが、北海道の和寒町で、ポテトチップスのメーカーで有名なコイケヤも、和寒町の農家の方と契約を結んでいるほどだと言えるでしょう。
また、最近では、ネットでトヨシロの産地から直接商品を取り寄せる事も簡単に出来るので、一般のスーパーには扱っていなくても、トヨシロを購入できる機会が増えてきたと言われています。

トヨシロの種類

トヨシロとは、どんな種類の野菜なのでしょうか。
トヨシロは、ジャガイモの一種で、主に加工用のジャガイモとして使われる事が多いと言われています。
ジャガイモには、本当にたくさんの品種がありますが、トヨシロは、北海道で作られた品種で、特徴としては目が浅く、形に丸みがあり、油加工しても、味が消えにくいため、主にポテトチップスや、ポテトフライなどの材料に使われています。
また、このトヨシロは、新じゃがとしても人気があり、企業向けだけでなく、一般にも販売されているそうです。
ちなみに、トヨシロは、煮崩れしにくいという特徴があるので、揚げ物だけでなく、煮物にも向いている品種だと言えるでしょう。

トヨシロの保存方法

トヨシロは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
トヨシロは、ジャガイモの一種で、保存方法も、一般のジャガイモと同じ方法でかまいません。
収穫されたトヨシロは、風通しが良く涼しい場所で保管するのが良いと言われており、室温が高くなる夏や、梅雨の時期には、冷蔵庫の野菜室に入れておくのが良いでしょう。
ただ、ここで注意しないといけないのは、トヨシロを含むジャガイモは、リンゴと一緒に保存すると、リンゴから出る酸が影響して、ジャガイモの芽が出やすくなる傾向があります。
その為、ジャガイモの鮮度を落とさないように、リンゴとは分けて保存した方が良いと言われています。

トヨシロの食べ方

トヨシロには、どんな食べ方があるのでしょうか。
トヨシロは、ポテトチップスや、ポテトフライの加工用に使われる事が多いジャガイモの品種ですが、一般家庭では、その他にも、沢山の調理法があると言われています。
まず、トヨシロの特徴としては、油と相性が良く、煮崩れしにくい、新じゃがでも食べられると言われています。
ポテトチップスの製造業では、トヨシロが多く使われるのですが、一般家庭の場合には、肉じゃが、カレーライス、シチューにしても、美味しいと言えるでしょう。
新じゃがの場合には、シャキシャキ感があるので、ポテトサラダにしても良いですし、ポテトグラタンにするのもオススメです。

トヨシロの簡単な定番レシピ

トヨシロは、どんな風に食べるのが定番なのでしょうか。
トヨシロは、油との相性が良く、ポテトチップスや、ポテトフライによく加工されています。
少しつまむ程度のポテトチップスなら、大きめのトヨシロ2個、揚げ油適量、塩こしょう少々があれば、簡単に作れます。
まず、トヨシロの皮をむいて、薄切りにして、水を張ったボールにつけておきます。
こうする事で、トヨシロに含まれるでんぷんを出すのですが、量が多い場合には、すぐ水が濁ってしまうので、水を数回買えた方が良いでしょう。
その後は、良く水を切って、160度の油にスライスしたトヨシロを1枚ずつ入れて、色がついたら取り出して、塩こしょうなどで味付けしたら出来上がりです。

トヨシロの栽培

トヨシロは、自分で栽培する事も出来るのでしょうか。
トヨシロは、主に北海道で栽培されているジャガイモの種類ですが、気候としては、北海道だけでなく、千葉県、広島県でも、栽培が可能だと言われています。
基本的には、他のジャガイモと同じように、芽がでたトヨシロを植えて、芽がでてから間引きし、葉っぱが伸びるにしたがって、土寄せをして行きます。
また、トヨシロをうまく育てる為には、それぞれの芽が均等に並んでいる事が大切で、空洞や列の不揃いがあると、栄養価にもばらつきが出るので、大きさが異なると言えるでしょう。
ちなみに、トヨシロは、新じゃがとしても食べる事が出来るそうです。