ベビーポテト

ベビーポテトがわかる!その魅力とは

ベビーポテトの魅力とはなんでしょうか。
ベビーポテトとは、特にサイズが小さい新ジャガイモのことで、サイズもジャガイモと言うよりは、里いもサイズだと言われています。
そんなベビーポテトの魅力は、皮が薄いため、皮をむかなくても食べられるだけでなく、付け合わせとしてのサイズにもピッタリな事だと言えるでしょう。
ベビーポテトは、実が柔らかいため、赤ちゃん用の離乳食にも使われており、赤ちゃんでも皮まで食べられる優しい味が人気を集めているそうです。
特に、ステーキや、照り焼きなどの付け合わせとして添えるには、ベビーポテトのサイズがちょうど良く、色々な料理に応用出来るのも、ベビーポテトの大きな魅力だと言えるでしょう。

ベビーポテトの栄養と効能

ベビーポテトには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
ベビーポテトは、ジャガイモの小さなサイズのみを集めた物なので、ベビーポテトという品種があるわけではないようです。
しかし、ベビーポテトには、豊富なビタミンCとカリウムが含まれていると言われており、定期的に食べる事で、バランスの良い栄養分を摂取出来ると言えるでしょう。
また、ベビーポテトは、皮ごと食べられるジャガイモとして知られており、特に皮の部分には、お肌に良いビタミンCが含まれていますから、その点でも、美肌、疲労回復効果があるそうです。
ちなみに、ベビーポテトに含まれるカリウムは、動脈硬化や高血圧予防に効果的です。

ベビーポテトのカロリー

ベビーポテトには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
ベビーポテトには、100gあたり、73カロリーが含まれています。
これは、じゃがいもの中でも平均的なカロリー数で、ベビーポテトは、新じゃがの中でも、特に小ぶりのジャガイモのみを集めている品種なので、カロリーや栄養分に大差はないと言えるでしょう。
また、ベビーポテトを使った、「にんじんとベビーポテトの甘辛いため」の場合には、調味料なども加わる分、1人前233カロリーがあると言われています。
それでも、市販のフライドポテトや、ポテトチップスよりかは安価だと言えるでしょう。

おいしいベビーポテトの見分け方

ベビーポテトは、どうやって美味しさを見分けたら良いのでしょうか。
ベビーポテトは、小さめのジャガイモの事で、サイズもサトイモ程度の大きさのみのジャガイモを集めて販売されています。
おいしいベビーポテトは、全体に丸みがあり、へこみや傷が無いと言われています。
傷がある場合には、その部分だけを取り除けば良いのですが、あまりに傷が深い場合には、食べられる部分の方が、少なくなってしまうと言えるでしょう。
また、ベビーポテトは、持った時に重みがあるものの方が良いと言われているのですが、ベビーポテトのサイズ自体が小さいため、重みでおいしさを判断するのには、少し難しい野菜のひとつのようです。

ベビーポテトの価格の目安

ベビーポテトの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
ベビーポテトの価格は、販売先によっても異なります。
ベビーポテトは、ひとつひとつの実が小さい新じゃがの事で、特に甘みが強いのが特徴です。
そんなベビーポテトの価格は、500g300円ほどで、一般にあまり販売量がない分、価格も高めになっていると言えるでしょう。
また、ネット通販を行っている農家さんでも、「ベビーポテト」と検索すると、新じゃがのベビーポテトではなく、赤ちゃん用のポテトのペーストなどが出てきてしまうので、商品を買い間違えないように注意した方が良いと言われています。

ベビーポテトの有名産地

ベビーポテトの産地は、どこなのでしょうか。
ベビーポテトの産地は、北海道で収穫される事が多いと言われています。
北海道と言えば、ジャガイモやにんじん、たまねぎなど、野菜の収穫が盛んに行われている地域ですから、その点でも、ベビーポテトの収穫量は多いと言えるでしょう。
また、ベビーポテトは、特に新じゃがの中でも、直径3センチほどと小さいサイズのジャガイモを集めた物なので、品種としての栽培ではない分、沢山のジャガイモが採れる地域の方が、ベビーポテトの収穫量も多いそうです。
ちなみに、ベビーポテトを含む、ジャガイモの原産は、南米のアンデス山脈地帯だと言われています。

ベビーポテトの種類

ベビーポテトとは、どんな種類なのでしょうか。
ベビーポテトは、ジャガイモの一種ですが、ベビーポテトという品種があるわけではなく、新じゃがなど、直径3センチほどの小粒のジャガイモを集めた物だと言われています。
このベビーポテトの特徴としては、実が小さい分、柔らかく、皮ごと食べられる為、料理の付け合わせだけでなく、赤ちゃん向けの離乳食や、介護職などにも、多く使われているそうです。
最近では、特に、ベビーポテトを使ったベビーフードが人気を集めているため、生の袋入りよりも、すでに加工した形で販売される事の方が多いと言われています。

ベビーポテトの保存方法

ベビーポテトは、どんな風に保存すれば良いのでしょうか。
ベビーポテトは、販売されている量自体が少なく、スーパーで販売されている場合でも、500gが一番大きいサイズになっているそうです。
その為、保存は冷蔵庫の野菜室で行うのが一般的で、土がついている場合には、調理する直前まで、土を取らない方が良いと言われています。
また、ベビーポテトは、皮をむかなくても食べられるくらい、皮が薄く、実が小さい分、皮をむいてしまうと、食べられる部分が少なくなってしまうので、調理する時も皮はむかないでおいた方が良いでしょう。
ちなみに、ベビーポテトは、芽が出てくる前までなら、美味しく食べる事が出来るそうです。

ベビーポテトの食べ方

ベビーポテトは、どんな風に食べる野菜なのでしょうか。
ベビーポテトは、茹でたり、炒めたり、煮込んだりと、様々な用途に使えるジャガイモですが、調理をする時には、皮をむかない方が良いと言われています。
調理法によっては、ベビーポテトを温めてから、指で簡単に皮をむくと説明がついているのですが、ベビーポテトの皮はとても柔らかいため、そのまま食べても問題ありません。
むしろ、ベビーポテトの皮の部分に、豊富なビタミンCが含まれているので、離乳食などに使う場合にも、皮も一緒に混ぜ込むのが普通なのだそうです。
ちなみに、最近では、赤ちゃんの離乳食だけでなく、介護食としても、ベビーポテトは利用されています。

ベビーポテトの簡単な定番レシピ

ベビーポテトは、甘みが強く、小ぶりのジャガイモなので、甘辛煮にするのがおいしいと言われています。
材料は、ベビーポテト400g、調味料は、だし汁1.5カップ、みりん大さじ2、醤油大さじ3、ハチミツ大さじ2、にんにくのみじん切り半欠け、赤唐辛子の小口切り少々、生姜の薄切り2枚、サラダ油少々、白ごま小さじ1です。
まず、ベビーポテトを良く洗って、皮をむかずにラップにかけて、600ワットで5分ほど加熱し、竹串で火の通りを確認します。
その後鍋にサラダ油を入れて、ポテトを炒めたら、調味料を入れて、10分ほど煮ます。
煮汁にとろみがでてきたら、白ごまをかけて出来上がりです。

ベビーポテトの栽培

ベビーポテトは、自宅で栽培する事が出来るのでしょうか。
ベビーポテトは、他のジャガイモと栽培法が変わらないため、ある程度の広さがあれば、家庭菜園でも、ベビーポテトを作る事が出来ます。
ジャガイモは、種ではなく、古くなったジャガイモから出た芽を切った状態で、土に植え込んで、徐々に土寄せをして行きます。
収穫までに必要になる土寄せは2回ほどと少なく、これは、ベビーポテトが史んじゃがよりも小さいジャガイモなので、わざわざ大きく育てる必要がない為だと言えるでしょう。
ちなみに、ベビーポテトは、加工食品として販売される事が多く、運が良くないと生のベビーポテトを購入するのは難しいと言われています。