セリ

セリがわかる!その魅力とは

セリの魅力とはなんでしょうか。
セリの魅力は、香りと歯ごたえ、そして、そこに含まれる豊富な栄養分だと言われています。
まず、セリは、独特の香りがあり、春の七草のひとつとして知られています。
噛んだ時に三つ葉のようなシャキシャキ感があるのも、セリの特徴で、飾りとして添えてもおいしいと言えるでしょう。
また、セリには、βカロテンやビタミンC、鉄分が豊富に含まれているため、若返りや疲労回復、美肌にも効果的で、特に、鉄分は貧血予防にもなるので、日常的に食べる事で、健康への効果も高いと言われています。
ちなみに、セリは、ストレスから来る、肩こりも和らげる効果があると言えるでしょう。

セリの栄養と効能

セリには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
セリは、見た目以上に栄養分が多い野菜だと言われています。
セリには、βカロテン、ビタミンB、C、カルシウム、鉄分などが含まれており、ビタミン群は、体の疲れを取ったり、栄養素の吸収を助けたり、綺麗な肌を作るのに役立つと言えるでしょう。
また、セリに含まれるカルシウムは、骨を強くし、イライラを抑える効果があり、鉄は、貧血予防の効果があるので、妊娠中、生理中の女性、貧血症がある方に取っても、オススメの食材です。
ちなみに、ビタミンは、加熱する事で、栄養分が壊れやすいので、生のまま食べた方が良いと言われています。

セリのカロリー

セリには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
セリには、100gあたり、17カロリーほどが含まれています。
17カロリーと言うのは、野菜の中でも、平均的な数字で、セリは、薬味として使われる事が多いので、あまりカロリーを気にしなくても大丈夫だと言えるでしょう。
そして、セリには、ビタミン群や鉄分などが多く含まれているため、日常的に食べるのは、健康にもとても良いと言われています。
また、セリの香り成分は、ストレスから来る肩こりを和らげてくれる効果がありますし、肩こりが原因で起こる、めまいや頭痛なども、軽減する効果が高いと言えるでしょう。

おいしいセリの見分け方

セリは、どうやっておいしさを見分けたらいいのでしょうか。
セリは、春の七草がゆにも使われる植物のひとつで、香りが有り、食感が良い食材です。
そんなセリは、鮮度が高いのが一番おいしいので、葉っぱの緑色が鮮やかで、変色がないものを選ぶのが良いでしょう。
特に、葉っぱが大きいセリは、香りが強いと言われています。
そして、セリの茎も、色合いが良く、太すぎない物を選ぶと良いでしょう。
セリは、シャキシャキとした食感がポイントになりますが、茎が太いと食べにくく感じる事もあるので、その点でも、選ぶ時に注意するのが良いと言われています。
ちなみに、葉っぱなどに変色があるセリは、その部分だけ取り除けば食べられます。

セリの価格の目安

セリの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
セリの価格は、30gほどで、100円が相場だと言われています。
中には、50gでも、100円で販売されているケースもありますから、販売元によっても、価格は異なると言えるでしょう。
また、有機野菜のセリの場合には、手間がかかっている分、価格も一般のセリと比べると、1.5倍程度になる事が多いようです。
ネットなどでも、セリは、販売されていますが、購入する量が少ないと、送料の方にお金がかかってしまうので、まとめ買いの時に利用するのが良いと言われています。
セリは、ビタミン群や鉄分などを多く含んでいる野菜なので、定期的に食べるようにすると良いでしょう。

セリの有名産地

セリの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
セリは、日本原産野菜のひとつで、とても古い時代から、日本各地で栽培されていました。
日本国内の中でも、特にセリの産地として有名なのが京都で、伝統の京野菜として、京都料理に多く使われてきたそうです。
京都でセリの栽培が盛んだったのは、京都に流れていた地下水には、鉄分が少なく、セリの栽培にも、とても合っていたからだと言われています。
また、石川県でも、セリの栽培が盛んで、歴史は京都の方が古くても、生産量は石川県の方が多いと言えるでしょう。
ちなみに、セリは台湾、中国、ジャワでも、幅広く栽培されているそうです。

セリの種類

セリには、どんな種類があるのでしょうか。
セリは、セリ科の植物のひとつで、セリ科の仲間には、約3000種類あると言われています。
特に、セリの用に茎葉を食用にするのは、セロリやパセリ、アシタバ、ミツバなどで、シャキシャキとした食感があり、香りも強いのが特徴だと言えるでしょう。
また、セリ科の仲間でも、根っこを食用にするのがにんじんで、まったく違う種類の野菜にも見えるのですが、種類としては近いと言われています。
ちなみに、セリ科の野菜は、香りや食感だけでなく、栄養分も豊富な場合が多く、薬味として使うだけでも、バランスの良い栄養分を摂取出来るケースが多いそうです。

セリの保存方法

セリは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
セリは、シャキシャキ感が重要な食材なので、そこまで長期期間の保存は出来ません。
その為、セリを購入した場合には、長くても、5日以内には食べきった方が良いでしょう。
市販のセリは、袋入りで販売されている事が多いのですが、セリは、冷やしすぎると、茎がしんなりとしてしまうので、野菜室に入れる場合には、新聞紙でセリを包んでからにするのもオススメです。
セリは、冷凍や下茹でをするなどの保存は出来ないので、新鮮なうちにセリを沢山使う料理を作って、全て使い切ってしまうのが、一番だと言えるでしょう。

セリの食べ方

セリには、どんな食べ方があるのでしょうか。
セリは、様々な食べ方がありますが、炊き込みごはんや、うどんなどのトッピングに刻んでかけるだけでもおいしいですし、セリの茎の部分を、さっと茹でて、水を切り、ゴマ和えやおひたしなどにするのもオススメです。
また、セリの下茹でをしないで、そのまま天ぷらにする事も出来ますし、葉っぱの部分は、茹でない方が、シャキシャキ感が引き立っておいしいと言われています。
さらに、セリの堅い茎は、浅漬けにするのもおいしいですし、地方によっては、セリを鍋の具材にする所もあると言えるでしょう。
ちなみに、セリを肉料理にいれると、お肉の臭みを消す効果もあると言われています。

セリの簡単な定番レシピ

セリには、どんなレシピがあるのでしょうか。
セリの香りを楽しみたい場合には、セリ炒めがオススメです。
材料は、セリ2束、にんじん4分の1本、塩小さじ3分の1、サラダオイル大さじ1.5、ロリがラスープの素小さじ3分の1です。
まずは、セリを洗って、4センチぐらいの長さに切り、にんじんも皮をむいて、同じように切ります。
鍋にサラダオイルを半分ほど敷いて温め、そこににんじんを入れて強火で軽く炒めてから、残りのサラダオイルを入れて、さらに炒めます。
全体に火が通ったら、塩、取りガラスープの素を入れて、全体がしんなりして来たら、簡単なセリ炒めの出来上がりです。

セリの栽培

セリは、自分でも栽培出来るのでしょうか。
セリは、日光が良くあたる畑があれば、栽培出来ます。
セリの種まきの時期は、3月の下旬~5月下旬、または7月の下旬~9月の下旬ですが、最近では、簡単に育てられるセリの株も販売されているので、初心者の方は、この株を地植えすると良いでしょう。
セリが大きく育つ為には、日光が大切なのですが、高い気温や、乾燥には弱いので、夏場は日よけしたり、水を沢山あげるのが良いと言われています。
ちなみに、セリの収穫は、株ごと抜き取っても良いのですが、根元のみを残して摘み取ると、次の芽が伸びてくるので、継続的に栽培出来ると言えるでしょう。