スプラウト

スプラウトがわかる!その魅力とは

スプラウトの魅力とはなんでしょうか。
スプラウトの魅力は、使っても、またすぐ生えてくる事で、最初に少しだけ栽培する為のキットを購入すれば、キッチンで簡単に栽培出来る事だと言われています。
そもそも、スプラウトとは、豆類、野菜、穀類などの種子を、人為的に発芽させた物で、大豆モヤシ、かいわれ大根や、ブロッコリースプラウトなど、様々な種類を含んでいます。
スプラウトは、スポンジなどに種をまいて、育った物を収穫すると、また伸びてくるという物なので、一度初めてしまえば、経済的にもなります。
そして、スプラウトの野菜は、ちょっとだけ飾りに使いたいというような物ばかりですから、すぐに少量が育つのも、大きな魅力だと言えるでしょう。

スプラウトの栄養と効能

スプラウトには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
スプラウトは、種子が発芽する段階で、ビタミンが沢山合成されると言われています。
このスプラウトには、ビタミンC、Eなどが豊富に含まれており、美肌効果や疲労回復、栄養吸収を助ける効果なども高いと言えるでしょう。
そして、以前には、アメリカでスプラウトが、がん予防に効果があるという研究結果が出されてから、人気を集めていると言われています。
もちろん、スプラウトは、モヤシやかいわれ大根など、そこまで栄養豊富な野菜が育つわけではありませんが、日常的に摂取する事で、他の食べ物の栄養を補佐する効果があると言えるでしょう。

スプラウトのカロリー

スプラウトには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
スプラウトには、100gあたり、12カロリーが含まれています。
スプラウトは、自宅でも簡単に栽培出来る上、収穫後も、また生えてくる日数が短いのが特徴で、ビタミンの量も多いので、ダイエット食品としても、人気を集めているそうです。
このスプラウトには、ビタミンEとKが豊富に含まれているため、栄養吸収を助ける役割が大きく、血液を作り出すのに必要な葉酸も比較的多いので、健康的な食材だと言えるでしょう。
ただ、スプラウトだけで、お腹を満たすにはかなりの量が必要になるため、あくまで付け合わせ的な役割が大きいと言われています。

おいしいスプラウトの見分け方

スプラウトは、どんな風においしさを見分けたら良いのでしょうか。
スプラウトは、鮮度が高い方がおいしいと言われる食品です。
その為、スプラウト食品を購入する場合には、葉っぱの色がみずみずしく、ツルの先端が、ピンと上に立っている物を選ぶのが良いと言われています。
また、市販のスプラウトは、すでにいたんでいる物もありますから、スプラウトの根っこの部分の茶色がとても強い場合や、変色している、茎がフニャフニャとしている場合には、購入を控えた方が良いでしょう。
さらに、購入時には新鮮でも、長期保存が出来る野菜ではない為、市販の商品も、購入から3日以内には、食べきった方がいいそうです。

スプラウトの価格の目安

スプラウトの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
これは、スプラウトの品種によっても異なりますが、一般的には、1パック150円ほどだと言われています。
まず、スプラウトというのは、豆類、穀類、野菜などの種子を発芽させた新芽の事で、主に、かいわれ大根や、クレス、ブロッコリースプラウトなどの品種があります。
ただ、一般的には、かいわれ大根など、簡単に栽培出来るタイプのスプラウトが人気だと言えるでしょう。
また、スプラウト栽培を始める為のスプラウトの種は、1キロあたり、2680円で、小袋タイプになると、10mlあたり210円と割高にはなりますが、初めての方には、ちょうど良いと言われています。

スプラウトの有名産地

スプラウトの産地としては、どこが有名なのでしょうか。
スプラウトは、豆類、野菜類、穀類を人工的に発芽させた新芽の事で、歴史的には、約5000年も前から、古代中国で作られていたと言われています。
日本国内では、茨城県や兵庫県が、スプラウトの産地として有名で、アメリカでがん予防に効果があるという研究が発表されてからは、自宅でスプラウトを栽培する家庭も増えて来ていると言えるでしょう。
市販でも、スプラウト商品は安いのですが、自宅で作れば、収穫しても10日ほどで、また新しく生えてきますから、長期的に見れば、とても経済的な野菜だと言われています。

スプラウトの種類

スプラウトには、どんな種類があるのでしょうか。
スプラウトは、穀類、野菜類、豆類などの種子を、人為的に発芽させた新芽の事で、いくつかの野菜類の総称となっています。
スプラウトの中でも、特に知名度が高いのがかいわれ大根で、独特の辛味があり、シャキシャキとした食感があります。
そして、ブロッコリースプラウトという、辛味が少ない種類のスプラウトも人気が高く、特に、がん予防の効果があるといわれるようになってから、爆発的に人気が出たと言えるでしょう。
さらに、緑豆もやしや、大豆もやしも、このスプラウトの仲間で、こちらは暗室で育て、緑化させないという特徴があります。

スプラウトの保存方法

スプラウトは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
まず、市販のスプラウトは、開封でも未開封でも、冷蔵庫で保存するのが良いと言われています。
ただ、市販のスプラウトの場合には、スプラウトの呼吸をコントロールする為の、機能性フィルムが貼られているので、このフィルムを剥がして開封すると、保存出来る期間が短くなると言えるでしょう。
そして、自宅でスプラウトを育てている場合には、常温でも、切らないでおいておく場合には、市販の物よりも日にちが持ちますが、あまり放置しすぎると、茎が腐ってきてしまうので、収穫時期も見計らった方が良いと言われています。

スプラウトの食べ方

スプラウトは、付け合わせに使われる事が多いのですが、実際に、どんな料理と相性がいいのでしょうか。
スプラウトには、いくつかの種類があるのですが、やはりどんなスプラウトにも相性がいいのが、サラダのトッピングです。
スプラウトは、和風、フレンチ、イタリアン、どんなドレッシングにもあいますから、使い勝手が良いと言えるでしょう。
また、スプラウトをネギやシソと一緒にみじん切りにして、冷やしたそばに入れたり、サンドイッチや、手巻き寿司に加えても、味にアクセントがついておいしいと言われています。
ちなみに、スプラウトは、生でも食べられますし、その方が食感が引き立つと言えるでしょう。

スプラウトの簡単な定番レシピ

スプラウトを使った簡単レシピには、何があるのでしょうか。
スプラウトは、クセがあまり無い食材なので、応用出来るレシピは多いと言われています。
例えば、鯛のスプラウト巻きの場合には、お刺身用の鯛(他の魚でも代用可)1さく、塩麹大さじ2、スプラウト適量を用意します。
鯛の両面に、塩麹を塗ったら、冷蔵庫で3時間ほど寝かせて、そのご、鯛を斜めに薄くスライスして、好きなスプラウトを鯛で巻き込みます。
実はこれだけです。
鯛には、すでに塩麹で味付けしてあるので、そのままおつまみにしてもおいしいですし、夕飯のおかずに一品加えてみるのも良いでしょう。

スプラウトの栽培

スプラウトは、どうやって栽培する物なのでしょうか。
スプラウトの栽培に必要なのは、スプラウトの種、コットンシート、フタ付きの栽培容器、霧吹きです。
まずは、栽培容器を軽く洗って、コットンシートを敷き、霧吹きで水をかけて、湿らせておきます。
ポイントとしては、コットンシートを指で押した時に、水がしみ出る程度まで水をかけると良いでしょう。
その後、コットンシートの上に、種が重ならないように種をまいて、容器を暗い所に置いて、1日1回スプレーで水をやります。
3日ほどすると発芽しますが、芽が5センチ以上伸びるまでは日光に当てず、その後は、1日3回ほど日光に当てて、種まきから14日後には、収穫出来るようになるそうです。