北あかり

北あかりがわかる!その魅力とは

北あかりの魅力とはなんでしょうか。
北あかりの魅力は、甘みが強く、食べた時に、他のじゃがいもよりホクホク感がある事だと言われています。
まず、北あかりは、男爵芋を改良したじゃがいもの品種で、特に、皮が白っぽい黄色をしているという特徴があります。
そして、北あかりは、甘みが強いジャガイモのひとつなので、コロッケなどに使うととても美味しいですし、ホクホクとしているため、冷たいポテトサラダにも向いていると言えるでしょう。
その分、北あかりは、煮崩れしやすいという傾向があるので、あまり肉じゃがなどの煮物料理には向いていないと言われています。

北あかりの栄養と効能

北あかりには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
北あかりは、ジャガイモの種類の中でも、特にビタミンCが多く含まれている品種です。
北あかりに含まれるビタミンCの量は、男爵芋の1.5倍と言われており、疲労回復、美白、美肌効果も高いと言えるでしょう。
また、北あかりを含むジャガイモ類には、カリウムも多く含まれており、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化の予防にも効果があると言われています。
ちなみに、北あかりの皮には、クロロゲン酸という栄養成分が含まれており、このクロロゲン酸には、がん予防の効果があるため、出来るだけ皮も一緒に食べるのが良いでしょう。

北あかりのカロリー

北あかりには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
北あかりには、100gあたり73カロリーほどが含まれています。
ジャガイモというと、高カロリー野菜として知られていますが、100g73カロリーと言うのは、ごはんのカロリーの半分以下ですから、そこまで食べ過ぎなければ、肥満の原因にはならないでしょう。
そして、北あかりには、リンゴの10倍とも言われるビタミンCが含まれており、美肌効果も高いと言われています。
特に、北あかりの場合には、でんぷんにビタミンCが守られているため、加熱しても、ビタミンCの栄養分が崩れにくいという特徴もあると言えるでしょう。

おいしい北あかりの見分け方

北あかりは、元々男爵芋を改良して作られた品種なので、見た目で判断するには、いくつかの事をポイントにすると良いでしょう。
例えば、男爵芋は、実が白く、いびつな形をしています。
逆に、北あかりは、形が整っている事が多く、くぼみが浅く、実も黄色みが強いという傾向があります。
そして、男爵芋に比べると、北あかりの方がホクホクとしていて、ビタミンCの量も多いのですが、男爵芋の方が、煮崩れしにくいので、煮物量にはオススメだと言えるでしょう。
ちなみに、北あかりは、北海道の農家からネット通販を通して、直接購入する事が出来ますが、一般のスーパーでは販売される事が少ないと言われています。

北あかりの価格の目安

北あかりの価格は、どのくらいなのでしょうか。
北あかりは、ネットなどでも幅広く販売されているジャガイモの一種で、箱で購入する場合には、3キロで1100円~1600円ほどだと言われています。
この北あかりは、北海道を特産にしているジャガイモですが、一般のスーパーでは、取り扱っていない事も多く、その分、インターネットで箱ごと買った方が、割安になると言えるでしょう。
もちろん、北あかりの地元北海道の赤井川では、北あかりが100gあたり、100円ほどで販売されており、鮮度が良い分、おいしいと言われています。
また、箱買いの場合でも、もう少し小さいパックで販売されているそうです。

北あかりの有名産地

北あかりの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
ジャガイモの産地と言えば、北海道ですが、北あかりの産地は、北海道の中でも、ニセコだと言われています。
ニセコでは、北あかりだけでなく、北あかりの元となった男爵芋の栽培も盛んで、どちらも甘みがあり、ほくほくした食感が特徴的な品種だと言えるでしょう。
また、同じニセコでも、農薬を出来るだけ使わないようにジャガイモを育てるなど、農家さんによって、農法も少しずつ異なり、一般のスーパーでは販売されていない北あかりでも、ネット通販で、現地から直接購入する事も出来るそうです。
鮮度が重要な北あかりですから、一度は現地から取り寄せてみるのも良いでしょう。

北あかりの種類

北あかりとは、どんな種類のジャガイモなのでしょうか。
ジャガイモには、本当にたくさんの種類がありますが、その中でも、北あかりは、男爵芋を改良して作られた品種です。
北あかりの特徴としては、身がホクホクしているだけでなく、甘みが強いため、コロッケや、ポテトサラダにすると、とても美味しいのですが、身が柔らかい分、煮崩れしやすいので、肉じゃがなどの煮物料理には、オススメ出来ません。
また、北あかりは、身の色合いも黄色っぽいので、そのまま茹でて、塩やバターをかけるだけでも、色合いが良いと言えるでしょう。
ちなみに、北あかりは、主に北海道のニセコで栽培されています。

北あかりの保存方法

北あかりは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
北あかりは、農家の方から直接段ボールごと買う事も出来るジャガイモの一種ですが、全てを使い切るまでの保存方法は、非常に大切だと言われています。
まず、北あかりを購入したら、新聞紙や紙袋に入れて、風通しの良い冷暗所で保存します。
じゃがいもは、冷蔵庫に入れなくても保存出来るのですが、日光に当たる時間が長くなると、皮が緑色に変色して、芽が出てきたりするので、出来るだけ火のあたらない場所で保存するのが良いでしょう。
ちなみに、夏場は冷蔵庫で保存するのも良いのですが、リンゴと一緒に冷蔵庫に入れると、じゃがいもの芽が出やすくなるので、注意しましょう。

北あかりの食べ方

北あかりは、どんな食べ方が合っているジャガイモなのでしょうか。
ジャガイモと言えば、カレーや肉じゃがに使われる事がありますが、北あかりの場合には、煮崩れしにくいので、むしろ、コロッケやポテトサラダ、ジャガバターなどのレシピの方が合っています。
肉じゃがに使うなら、むしろ男爵芋の方が、煮崩れしにくいため合っていると言えるでしょう。
また、北あかりは、ジャガイモの種類の中でも、ビタミンCが多い事で知られていますが、水溶性、熱を加えると壊れやすいビタミンCは、ジャガイモのでんぷんに守られている為、他の野菜に含まれるビタミンCよりも、壊れにくいのが特徴だと言われています。

北あかりの簡単な定番レシピ

北あかりの定番レシピと言えば、なんでしょうか。
簡単で、北あかりのおいしさを存分に活かすなら、ポテトサラダがオススメです。
用意する物は、北あかり中4個、にんじん2分の1、ハム2枚、きゅうり2分の1、塩こしょう少々、マヨネーズ少々で、北あかり、にんじんの皮をむいて、2センチくらいに切り、きゅうりも小口切りにして塩をふり、ハムも1センチ角に切っておきます。
北あかりは水から茹でて、途中でにんじんを加え、柔らかくなったらザルにあげて、ボールに移してからあら熱を取ります。
その後、ハム、きゅうり、塩こしょう、マヨネーズを加えたら、簡単で美味しい北あかりのポテトサラダの出来上がりです。

北あかりの栽培

北あかりは、自分で栽培する事も出来るのでしょうか。
北あかりは、北海道で栽培されているジャガイモの一種で、北海道なら、栽培も可能ですが、気候が暖かい地域になると、それも難しいと言われています。
北あかりは、植え付けから地上に芽が出るまで、約20日観が必要で、眼がでてから茎の長さが15センチを超えたら、10センチほどの土がかぶるようにします。
また、この土寄せが遅いと、茎が傷付いて弱ってしまうので注意が必要です。
そして、北あかりの葉っぱが枯れて、土が乾燥してきたら、北あかりの収穫シーズンですが、雨の日に収穫すると、保存中に腐ってしまう事もあるので、時期の見極めが重要です。