男爵

男爵がわかる!その魅力とは

男爵の魅力とはなんでしょうか。
男爵の魅力は、煮崩れしにくく、食感がホクホクとしているため、様々な料理に使える事だと言われています。
まず、冬のジャガイモの種類の中でも、男爵は、かなり人気のある品種で、形はゴツゴツとしていますが、煮物料理やスープの具材にしても、煮崩れしにくいという特徴があります。
それだけでなく、男爵は、でんぷん質が多い分、身がホクホクとしていて、コロッケやマッシュポテトなど、ジャガイモをつぶすレシピでも、おいしさが引き立つと言われています。
また、人気が高い分、北海道産の商品でも、価格が安定しているのも、男爵の魅力だと言えるでしょう。

男爵の栄養と効能

男爵には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
男爵には、ビタミンC、カリウムなどが含まれています。
ビタミンCは、ご存知の通り、美肌を作るのに効果がありますし、疲労回復や風邪予防にも効果があると言えるでしょう。
そして、カリウムは、体に溜まったムダなナトリウムを体外に排出してくれるという効果があるため、血液の流れが良くなり、高血圧予防だけでなく、動脈硬化、心筋梗塞の予防効果が高いと言われています。
ちなみに、男爵の皮に含まれるクロロゲン酸には、抗酸化作用があるので、老化防止に有効ですし、がん予防の効果もあると言えるでしょう。

男爵のカロリー

男爵のカロリーはどのくらいなのでしょうか。
男爵には、100gあたり、75カロリーだと言われています。
冬のジャガイモは、野菜類の中でも、カロリーが高めなのですが、その分、腹持ちが良く、満腹感を得られるのが特徴です。
また、男爵などのジャガイモには、食物繊維も含まれている為、便秘解消にも効果的ですし、日常的に食べる事で、栄養バランスを保つ役割を担っていると言えるでしょう。
ちなみに、ダイエット中の方は、カロリーばかり気にする事が多いのですが、野菜の中には、カロリーが低くても、糖質が高く、ダイエットには向いていない野菜もあるので、総合的な栄養素で、ダイエットメニューの材料を決める事が大切です。

おいしい男爵の見分け方

男爵は、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
まず、男爵は、元々いびつな形をしている品種なので、形そのものよりも、全体の膨らみや、皮のなめらかさで、おいしさを見分ける事が大切です。
そして、男爵を手に持った時に、ずっしりと重みがある事も大切で、逆に持った時に、軽いものは、中が空洞になっていたり、水分量が足りないため、パサパサしている事が多いと言われています。
さらに、皮が緑色になっているのは、保存する時に日光を浴び過ぎて、皮の中で有害物質が出ている証拠です。
ただ、その部分だけ取り除けば、問題なく食べられるので、そこまで心配する必要は無いでしょう。

男爵の価格の目安

男爵の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
男爵の価格は、3キロあたり、900円~1200円ほどだと言われています。
男爵は、ジャガイモの中でも、かなりメジャーな品種なので、普通のスーパーでも、販売されていますし、メークイン、北あかり、インカのめざめなどに比べると、安価で購入出来ると言えるでしょう。
もちろん、一般のスーパーで販売されている北海道産の男爵は、他の品種よりも、少し高めに設定されていますが、それでも、男爵独特のホクホク感は魅力的だと言われています。
ちなみに、男爵は、でんぷん質が多く、他のじゃがいもよりも、身がホクホクとしているのが魅力です。

男爵の有名産地

男爵の産地では、どこが有名なのでしょうか。
男爵の産地と言えば、やはり北海道です。
北海道のジャガイモの生産量は、全国の83%をしめていると言われており、冬のジャガイモの代表格である男爵は、特に人気があるため、価格も安定しているのが魅力だと言えるでしょう。
もちろん、男爵は、一般のスーパーでも購入する事が出来ますが、300g入り、500g入りなどの小さいパックになると、価格も割高なので、北海道の農家さんから、ネットで直接男爵をまとめ買いする方も、最近では増えて来ているそうです。
ちなみに、海外からのジャガイモの輸入は、中国やインドから行っていますが、品種は異なり、価格は安くなると言われています。

男爵の種類

ジャガイモには、沢山の種類がありますが、その中でも「男爵」とは、どんな種類なのでしょうか。
男爵は、数あるジャガイモの種類の中でも、代表格と言われる品種で、形はゴツゴツとしていますが、丸みがあります。
男爵の身は、でんぷんの量が多く、加熱する事で、男爵特有のホクホクとした食感が楽しめるのが、大きな魅力だと言えるでしょう。
また、男爵は、煮崩れをしにくい品種でもあるので、スープやおでん、肉じゃがなどの煮込み料理にも、使いやすいと言われています。
ちなみに、北あかりというジャガイモの品種は、男爵を改良して作られており、男爵の方が煮崩れしにくいのですが、北あかりの方が甘みが強いという特徴があるそうです。

男爵の保存方法

男爵を大量に購入してしまった場合には、どんな風に保存すれば良いのでしょうか。
ネット上では、「男爵3キロ」など、箱ごと販売しているお店も多いのですが、家族の数が少ない家庭では、すぐにジャガイモを全て使い切るのは難しいと言えるでしょう。
基本的に、涼しく風通しの良い場所であれば、常温で保存する事も可能ですが、夏場や梅雨など、暑く湿気の多い時期には、新聞紙などにくるんで、冷蔵庫で保存する事も大切です。
ただ、男爵を生のまま冷凍すると、解凍する時に中がスカスカになってしまうので、冷凍する場合には、まずは、堅めに茹でてそのまま冷凍するか、マッシュ状につぶしてから冷凍した方が良いでしょう。

男爵の食べ方

男爵は、どんな風に食べるのが良いのでしょうか。
男爵は、ジャガイモの品種の中でも、代表的な種類ですし、基本的にどんなレシピにも合うのですが、ホクホク感を活かすなら、コロッケ、肉じゃが、マッシュポテト、ポテトグラタン、シチューなどの具材として使うのがオススメです。
ジャガイモは、どんな料理にも応用出来る野菜なのですが、男爵の場合には、煮崩れしにくいという特徴もあるので、煮込み料理にも使えますし、茹でて塩をかけるだけでも、素材の味を楽しめると言えるでしょう。
ちなみに、男爵は厚みがある方が、ホクホク感があるので、細みのポテトフライや、ポテトチップスにすると、少しもったいない品種かもしれません。

男爵の簡単な定番レシピ

男爵は、どんな風に調理するのが定番なのでしょうか。
男爵は、じゃがいもの中でも、煮崩れしにくいと言うのが特徴のジャガイモなので、煮物料理にオススメです。
特に、デトックススープは、女性を中心に人気を集めており、男爵のホクホク感が活かせるレシピだと言えるでしょう。
用意する物は、男爵2つ、にんじん2分の1、たまねぎ2分の1、キャベツ8分の1、ソーセージ3本、塩こしょう少々、コンソメ、水400ccです。
野菜類は、皮をむいて、食べやすい大きさに切り、その間に鍋でお湯を温めておきます。
ジャガイモ、にんじん、キャベツ、たまねぎ、ソーセージの順番で鍋に入れて行き、それぞれ火が通ったら、コンソメを入れて、塩こしょうで味付けをしたら出来上がりです。

男爵の栽培

男爵は、どのように育てられているのでしょうか。
男爵は、特別な種があるわけでなく、前の年に収穫された男爵から出た芽を、そのまま土に埋めて育てます。
芽を埋める時には、芽が手でいた所を上向きにするのがポイントで、種芋を置いてから、優しく土かけをして仕上げます。
土をかけるのは、種芋を埋めた高さから10センチがベストで、10日くらいすれば芽が出てきて、1つの種芋から出てきている芽の中で、2本ほどを残して、間引きしてしまいましょう。
その後も、少しずつ土寄せをして、種芋の深さが15センチほどになるように土をかぶせて行きます。
男爵は、花が咲いてから3週間ほどすると、新じゃがを収穫出来るそうです。