生姜

生姜がわかる!その魅力とは

生姜の魅力とはなんでしょうか。
生姜の魅力は、やはりあの香りです。
生姜は、昔から薬味のひとつとして使われてきた食材で、独特の香りがあり、これが料理の味を引き立ててくれると言われています。
そして、この生姜は、食欲増進や殺菌、整腸作用があると言われており、少し食べる分には、健康にも、十分な効果があるそうです。
また、生姜は、漬け物にしても良いですし、お刺身や冷や奴の薬味としてすりおろす、臭みを消す為に煮物にいれるなど、様々な使い道があるのも、大きな魅力だと言えるでしょう。
普段何気なく使っている生姜の世界は、かなり奥が深いと言われています。

生姜の栄養と効能

生姜には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
まず、生姜の辛み成分には、血行を良くする効果がある為、体をあたためたり、新陳代謝を活発にする役割があると言われています。
特に、この辛み成分の中には、強い殺菌力があると言われており、魚のお刺身など、調理をしない食材に使う時には、お腹を壊しにくくする効果もあると言えるでしょう。
また、生姜の香りは、食欲増進だけでなく、胃を保護したり、疲労回復、解毒作用もあると言われています。
ちなみに、生姜は、他にも、食物繊維を含んでいる野菜なので、お通じを良くするという効果もあり、便秘気味の方には、特にオススメだと言えるでしょう。

生姜のカロリー

生姜には、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
生姜には、100gあたり30カロリーがあると言われています。
このカロリー自体も、野菜の中では平均的な数字ですから、そこまで肥満には影響が無いのですが、生姜の場合には、薬味として料理に使われる事が多いため、一回の食事で100g以上食べる事はありません。
冷や奴や、薬味としての使用は1gほどになりますし、生姜は、体を温める効果も高いので、特に冬場には、沢山食べた方が良い野菜だと言えるでしょう。
また、生姜は、風邪予防にも効果的で、スライスした生姜にお湯を加えて、お湯を飲むだけでも、かなり殺菌効果を得られると言われています。

おいしい生姜の見分け方

生姜は、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
生姜は、5月~9月に出回る野菜で、夏から秋に販売されるのが新生姜という種類です。
新鮮な生姜は、川の表面にもハリがあり、色むらもありません。
特に、新生姜の場合には、白くなっている部分が乾燥しておらず、みずみずしい物を選ぶ事が重要で、普通の生姜の場合にも、全体の形がふっくらしている物を選ぶのが良いと言われています。
また、新鮮な生姜の方が、香りが強くあるため、購入前に香りを確かめる事も重要です。
ちなみに、生姜は、穴があいている場合もありますが、これはその部分だけを切り取れば、味には問題ないと言えるでしょう。

生姜の価格の目安

生姜の価格は、いくらぐらいが平均的なのでしょうか。
これは、産地や生姜のサイズ、販売元によって異なります。
例えば、国産の大きめの生姜は、一欠け130円ほどで販売されているそうです。
ひとかけらの大きさの平均は100gほどで、中国山の生姜は、80円~100円ほどで購入出来ると言えるでしょう。
ただ、生姜の漬け物など、加工してある場合には、さらに価格も異なりますし、生姜の漬け物で、200gほどのパックの場合には、価格も350円ほどになると言われています。
このように、同じ生姜でも、商品の種類、産地などによって、価格は少しずつ異なると言えるでしょう。

生姜の有名産地

生姜の産地では、どこが有名なのでしょうか。
生姜の国内産地として有名なのは、高知県です。
高知県の生姜の収穫量は、全国の34%をしめていて、そこに続いて、千葉県と熊本県が生姜の生産を盛んにしています。
しかし、生姜は、国内だけでなく、中国からの輸入品も非常に多く、その量も、高知県の生産量と、ほとんど変わらないと言えるでしょう。
また、海外では、日本の他にインドや中国でも、生姜が食べられていますが、他の地域では、あまり食用としないケースが多く、生姜よりも、にんにくやネギを薬味として使う国の方が多いと言われています。
ちなみに、中国からは生の生姜よりも、酢漬けなどの加工品が多いそうです。

生姜の種類

生姜には、どんな種類があるのでしょうか。
普段私達が食べる事が多いのは、ヒネ生姜という種類の生姜です。
ヒネ生姜は、春先に植え付け、10月ごろに収穫する生姜の事で、繊維が多く、辛味が強いため、薬味として使うのに優れています。
そして、夏頃に収穫される新生姜は、辛味がそこまで強くない為、漬け物などにしても食べやすい種類だと言えるでしょう。
また、8月の後半から収穫される葉生姜は、葉っぱを食べるわけでは無く、根が小さく、スティック状になっているのが、特徴的な種類だと言われています。
また、生姜は、漢方薬としても使われており、使う部位や加工方法によって呼び名が変わるそうです。

生姜の保存方法

生姜は、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
購入した生姜は、冷蔵庫の野菜室で保存しますが、生姜は乾燥に弱い野菜なので、すりおろしたり、一部を切って保存する場合には、切り口が空気に触れないように、ラップをかけておいた方が良いと言われています。
また、すぐに使いきれない場合には、冷凍してしまうのもひとつの方法で、新鮮なうちに冷凍した方が、鮮度が落ちにくいといえるでしょう。
解凍後は、すりおろして薬味として使うのも良いですし、お肉の臭みを取るために、煮物などにいれるのもオススメです。
特に、一人暮らしや家族が少ない場合には、1つの生姜を2等分、3等分にして、冷凍するのが良いでしょう。

生姜の食べ方

生姜は、どんな風に食べるのが良いのでしょうか。
生姜の食べ方は様々ですが、その中でも、一番体に良いと言われているのが、すりおろして食べる方法です。
生姜には、様々な栄養素が含まれていますが、水溶性のビタミンや、熱を加えると栄養分が多いため、食べる直前にすりおろして、食べるのが一番良いそうです。
特に、生姜は、体を温める効果があるので、薬味で生のまま食べても、徐々に体が温まると言えるでしょう。
また、風邪をひいた場合には、スライスした生姜にお湯を注いで飲むだけで、体がすぐに温まり、殺菌効果も高くなるので、風邪の治りが早くなると言われています。

生姜の簡単な定番レシピ

生姜の定番レシピといえば、生姜焼きです。
生姜の材料は、豚ロース300g、生の生姜少々、砂糖小さじ1、酒大さじ1、みりん大さじ2、醤油大さじ2で、2人前のレシピです。
まずは、豚肉以外の調味料を合わせて、豚肉をフライパンに入れて焼きます。
ある程度、豚肉にもしっかりと火が通ったら、先ほどの調味料を加えて、良くお肉と絡ませたら、出来上がりです。
生の生姜でなくても生姜チューブなどで、代用する事が出来ますが、生の生姜を使った方が、栄養価も高いですし、香りもナチュラルなので、オススメだと言えるでしょう。
数ある生姜料理の中でも、生姜焼きは特に簡単なので、始めてでもおいしく作れると言われています。

生姜の栽培

生姜は、どのように栽培出来るのでしょうか。
まず、生姜を植え付ける前には、苦土石灰を沢山まいて、肥料なども混ぜ込んでおきます。
種をまいたあとは、芽が出てから間引きをして、その後は、寒さから生姜を守るため、シートをかけた方が良いと言われています。
また、生姜は乾燥にも弱いので、敷きわらをしても良いですし、それが無い場合には、段ボールを敷いておくのが良いでしょう。
8月になると、葉生姜として上の部分だけ収穫する事が出来ますが、この場合には、下の生姜まで傷つけないように気をつけながら収穫する必要があります。
また、葉生姜は収穫しても、また生えてくるので、生姜本体を収穫する時には、スコップなどで根っこから収穫するのが良いでしょう。